おすすめの「おすすめ 本」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「おすすめ 本」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「おすすめ 本」

1979年生まれのための本: かる〜い現実逃避にオススメ

〜本書まえがきより〜

本書は1979年生まれによる1979年生まれの方のための本です。

 とはいえ、もちろんその前後に生まれた方や、その年代の子どもがいる方でも楽しめます。

 独断と偏見による点も多いですが、なるべくたくさんの方が楽しめるような内容を選んであります。

 先に言っておきますが、1979年に起こった出来事などは一切ありません。

 1979年生まれの人が「懐かしい」と思えるような内容です。年齢で言えば、幼稚園や保育園~小学生までの「懐かしい」になっています。

ですので、

・Jリーグ開幕
・曙が外国人初の横綱昇進
・SLAM DUNK
・同情するならカネをくれ

のように、「中学生時代に流行ったものが無い!」というクレームは一切受け付けません。

 まだ心が清かった頃の思い出のみとなっております。

 是非懐かしいあの頃を思い出してみて下さい。

 本書が、日々の忙しさの中の、ちょっとした休憩になってもらえたら嬉しいです。

〜目次〜

まえがき
思い出のゲーム
思い出のおもちゃ
思い出のおまえけ付きお菓子
思い出のお菓子
思い出の漫画
思い出の人物
思い出のコレクション
あとがき

京都おすすめの観光スポットとコースの秘密攻略本~京都観光に必須のおすすめ本~

人気の京都観光に必須の攻略本です。並ばずに紅葉のライトアップを見る方法やおすすめの観光の仕方など、たくさんの攻略が掲載されており、京都観光に必須な情報が満載。さらに京都の魅力が一目でわかる写真をスポットやコースごとに、たくさん掲載していて、京都の魅力がわかるようになっています。これを見て、次の京都観光旅行先を考えよう。京都の美しい写真を見れば、京都に何度も行きたくなります。さあ京都に行こう。行くなら、後悔しないように、この攻略本を読むことがおすすめです。

日本ミステリーの100年~おすすめ本ガイド・ブック~ (光文社知恵の森文庫)

日本のミステリーは、20世紀にひとつの魅力的なジャンルとして確立され、数々の名作を残してきた。本書は、推理小説の100年間を振り返り、読めば必ず大満足のおすすめ本を紹介する。あなたの生まれ年の推理界は? あの作家はそのとき何を? 読んで面白い年譜付き。謎とサスペンスとスリルと冒険の世界への、最強のガイド・ブック。

本所おけら長屋【お試し読み版】

あの大人気シリーズの電子書籍化を記念して、「お試し読み版」を無料配信! 本所亀沢町にある「おけら長屋」は、大家の徳兵衛、米屋奉公人の万造、後家女のお染など、ひと癖もふた癖もある店子が入り乱れて毎日がお祭り騒ぎ。それもそのはず、お金はないけど人情に厚く、かっとくるけど涙もろい。自分より他人のことが気になって仕方がない。こうした面々が、12世帯も軒を並べているのだ。そんなある日、わけあり浪人・島田鉄斎がやってきて……。あの島田鉄斎がおけら長屋の住人となったいきさつが分かる第一巻『本所おけら長屋』収録の「かんおけ」、さらに著者畠山健二氏へのインタビューが一冊になった「お試し読み版」です。実際に本所で育ち、演芸の台本など複数の受賞歴を誇る手練の著者にしか書きえない、江戸落語さながらの笑いと涙、人情にあふれる新感覚時代小説。そのエッセンスと創作秘話、作品への熱い思いをお楽しみください。

原稿用紙一枚で好きな本を紹介していきます: 書評集

約10年前、2002年から2006年頃に書いた、300冊以上の自身の読書記録の中から、10年たった今でも人にお薦めしたい、80冊あまりを選り抜きました。

新しくはないけど、もう話題にも上らないけど、何度も読みたいいい本はたくさんあるのに、知られないままなのは残念です。

表紙の帯に書いたように、「本屋さんの目立つ場所になくても、話題作ではなく(なっ)ても、おもしろいものはおもしろい」、そう感じる本を選びました。

400字前後の感想ばかりなので、あらすじなどを足して分量を増やそうかとも思いましたが、あえて、短い文章から受けるフィーリングで「この本面白そうだから読んでみよう」と思ってもらえることを期待して、少ない字数のままで紹介しています。

紹介した中には、書店ではもう買うことのできなくなった作品もありますが、図書館に行けばまだ手にすることができます。古書店の棚で出会うことがあるかもしれません。

本書が、時間を超えた本と人との出合いのきっかけになることを願っています。

◇はじめに
◆小説・日本(その1)
◆小説・海外
◆小説・日本(ミステリー)
◆小説・日本(その2)
◆短編集
◇おわりに
◇付録