おすすめの「よ おん」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「よ おん」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「よ おん」

ミステリー・マスト・ゴー・オン 被害者側の証人

演劇集団テアトローの俳優・白埜(しらの)三四郎は、とある理由から舞台に立てなくなって以来、黒づくめの不思議な男・黒土(くろど)との付き合いがはじまった。

自らを「死の化身」だという黒土は、彼に特殊な能力を与える。死者が火葬されるまでの間、その「霊体」の姿を見て、話して、いっしょに行動することができる能力だった。

今回そんな彼に黒土が引き合わせた「霊体」は、かつては同じ劇団に所属していて、今はテレビ人気になった女優・瀧川マヤ──そう、彼女は殺されてしまったのだ。

ところが、当の彼女は事件の真相を話そうとしない。おまけに生前の彼女には、死亡推定時刻には殺されたはずがない“アリバイ”があった。

彼女に対する過去の想いを抱えながら、「被害者側の証人」として、事件の真相に迫ろうとする三四郎。果たして死者の“アリバイ”を崩すことができるのか?

たとえ死者の言葉が聞けても、謎は簡単には終わらない──“ミステリー・マスト・ゴー・オン”──。

君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

伊三次が小者をつとめる定廻り同心・不破友之進の息子、龍之介もついに元服。同心見習いの不破龍之進となった。近ごろ世間を騒がす「本所無頼派」を捕らえるべく、龍之進は見習い仲間と「八丁堀純情派」を結成する。「本所無頼派」の頭を追ううちに、偶然にも淡い恋心を寄せるあぐりに再会して……。「あぐりさんを乗せる舟になりたかった。(中略)馬鹿でしょう? そんなことを考えるなんて」──龍之進の初恋を描いた表題作を含む、大人気シリーズ第六弾!

Commentary on the Thirty Seven Practices of Bodhisattva (English Edition)

Ngulchu Gyalse Thogmed Zangpo’s The Thirty Seven Practices of a Bodhisattva is one of Tibetan Buddhism’s most popular texts, incorporated in the Mind Training text and also able to be explained according to the Lam Rim tradition. Its advice is timeless and its relevance is universal.
This commentary by His Holiness the XIV Dalai Lama, as expounded during Kalachakra teachings at Bodh Gaya, is characterised by its clarity, practicality and profundity. Each stanza of the root text is elucidated precisely and in accessible language.
In addition, His Holiness the Dalai Lama gives introductory talks at the start of each day of teaching in which he touches on every aspect of our daily lives. Studying this text leads us to feel that His Holiness is speaking directly to each one of us, and it is universal in its application.

遊ぶ奴ほどよくデキる!

遊びの達人が教える豊かな人生への誘惑

経営コンサルタント、大学教授、経営者として超多忙な日々を送りながら、一方でオフロードバイク、スノーモービル、スキューバ・ダイビング、さらにはクラリネット演奏、電動自転車での街探訪まで、多彩な趣味を楽しんでいる大前研一氏。そういう充実した「オフ」が、日々のエネルギーになり、老後への不安を一掃しているという。
では「時間が無い」「カネが無い」「(心の)余裕が無い」サラリーマンは、どうすれば有意義なオフを手に入れることができるのか? 大前氏が人生を二倍楽しむための「遊び術」を指南する。

ホープスター ON クロスカントリー・ビークル

この本の内容は専門誌CCVの68号の記事と重複している部分があります。CCV-68をお持ちの方には不要かと思います。
ホープスターONは軽自動車としては初めての四輪駆動車で、スズキ・ジムニーより前に開発されました。当時のジープと同じサイズのタイアで同等のオフロード性能を目指しました世界でも稀なマイクロ四駆でした。しかしメーカーの都合から100台くらいしか作られず、その製造権をスズキに譲りました。現存する車体は2台しかありません。文字数は約9100文字、主要諸元表も含まれます。写真は資料性のあるものを含めて26点です。

 CCV(クロスカントリービークル)関連の電子書籍は主にメカニズムがユニークなオフロード四駆について解説した資料性のある本と車全般についてのエッセイに類する本です。いずれもベースとなっているのは1990年から2008年にかけて出版された四輪駆動専門季刊誌CCV(クロスカントリービークル)です。四駆とその愛好家と言っても様々ですが私たちが興味があるのは機能を重視している反面装飾性の少ない四駆です。よって、あまり車の構造やオフロード走行に関心が無い方には偏った内容で面白くない内容かも知れません。もしよろしければamazon.co.jpで「石川雄一」を検索し著者ページをご覧になってください。あるいはWikipediaにも「CCV」という項目があります。(下記) CCVは1冊1800~2000円という価格でしたが自動車専門誌としては異例にも広告掲載料に依存しない内容でした。ですから内容は正確であり実際にオフロードで走らせての内容でしたので読者さんには支持されました。筆者はあまり分科系の人間ではなく機械好き・オフロード好きから間違って出版・執筆を始めてしまい、それを30年以上やって来ました。内容は正確だと自負していますが美文を書くのは極めて不得意です。また自分の考えを通すために商売としての出版は下手でしたのでアチコチに気を遣った内容にはなっていません。しかし本来は正しい事を伝えるべき出版が拝金主義やビジュアル優先で歪んでしまうのは根本的に間違いだと思っています。
 本の体裁もいろいろと試しましたが電子書籍では読者さんが読むのに使う機材がスマートフォンからタブレットPCと様々なので凝ったことをやっても無駄だと判断して文章と画像を並べただけのプレーンなものにしました。表紙も店頭で目立たせる必要も無いのでこれでいいと思います。
 バックナンバーは弊社で在庫して通信販売を行っています。しかしCCV15以前は絶版ですし残っていても号によっては少なくなっています。 弊社が在庫しているバックナンバーに対して内容のお問い合わせの多くは「xxxxxの記事が載っている号を」というもので特定の記事を求められる方です。専門誌1冊丸々が欲しいのではなく1件の記事だけの需要です。しかし、その記事だけをコピーして郵送することは版元であった大日本絵画さんの著作権の侵害になります。そこで記事を電子化しながら再編集してご提供させていただこうと思いました。過去の記事がベースのものは文章を現時点に合うように最小限の書き換えも行っています。写真もオリジナルがフィルムであったものをデジタル化したものもありますがCCVの記事ではモノクロだったものがカラーになっているものもあります。
ということで私たちのように狭小な分野の情報を頒布させていただくには電子化しか方法はありません。このことから価格は低めに設定しています。ご興味を持たれた方はどうぞお読みください。また紹介する四駆の中には古いもの、軍用などで一般的ではないものもあり日本ではあまり知られていないものもあります。そのような紙の出版では扱われる可能性の低い車両についての情報を廉価かつ継続的に提供するのは意義あることではないかと思っています。
 以下 ウィキペディアより抜粋しました。
クロスカントリー・ビークル(Cross Country Vehicle, 通称CCV)は、1990年10月に創刊され、2008年10月に終刊した四輪駆動車専門季刊誌。
概要
71冊の季刊誌と単行本そしてビデオが発売された。制作したのは埼玉県入間市の株式会社アイティーエフで代表兼主筆は石川雄一。出版元は東京神田の老舗出版社である株式会社大日本絵画。流通上は大日本絵画の模型雑誌モデルグラフィックスの別冊という扱いであった。2012年3月「クロスカントリービークル、CCV、Cross Country Vehicle」の商標は大日本絵画よりアイティーエフに譲渡された。創刊時より年間購読予約による販売もされていた。純粋に機械として四輪駆動車と関連商品を評価しその良否をはっきりと書いた。1~4号まではA4判でカラーページも相応にあったが5号以降はB5判となりカラーページは巻頭の16ページのみとなった。総ページは多くが208ページであったが40号は全てモノクロの256ページ、最終号は224ページだった。価格は1,800円から2,000円であった。記事の中心は試乗記事であったがエンジンやシャーシーについても写真を多用して細かい説明を行った。対象は新車だけではなく古い車、希少車も多かった。また軍用車や産業車両などについても毎号のように掲載した。