おすすめの「カメラ no」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「カメラ no」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「カメラ no」

カメラのある景色: No Camera,No Life!

今まで写真集しか出したことのない「フリーライター兼アマチュア写真家」遠藤真輝、初めての文字以外書いてない作品

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.2[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

写真が好き、カメラが好き、そんな人たちへの情報発信マガジン
『CAMERA magazine』の第2号は、中古金属カメラの特集からはじまります。
最近ではデジタルカメラの普及から、ずいぶん手に入れやすくなりました。
そこで、初心者でも使いやすく、よく写る人気モデルのほか、
中古カメラの楽しみ方、相場や修理の状況なども紹介します。
登場するカメラはMF小型一眼レフ、高級コンパクトカメラ、M型ライカ、八セルブラッドなど。
そして、「ライカMP」復刻のニュースも見逃せません。
元祖MPを彷彿させる限定モデル「MP3」を原寸大で徹底解剖。
元祖MPとMP3の各部パーツの比較もしてみます。
また、今までプロカメラマンのものだと思われていた「プロフェッショナルラボ」の活用法から
手焼きプリントの方法など、現像の楽しみ方までも伝授。
そのほか、「街撮りのススメ」や「カメラと上手に付き合う人たち」、など、
カメラビギナーでも楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

カメラとレンズのある景色 No Camera No Life: part2 No Camera,No Life!

カメラが大好きな「フリーライター兼アマチュア写真家」遠藤真輝が、そのカメラ愛を勝手気ままに綴る超個人的作品の第二弾!

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.1[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

デジタルカメラ全盛となっても、カメラ好き、写真好きが使う撮影ツールが
すべてデジタルカメラに変わっているわけではありません。
フィルムで撮ることの楽しさ、クオリティ、緊張感。
そしてずっと使い続けることのできる金属カメラの価値、
ダイヤルを操作して写すことの充実感などは、
デジタルカメラが発達、進化しても求められ続けるでしょう。
逆に、デジタル世代ともいえる10代、20代の若者が自己表現できる趣味の道具として
マニュアルな金属カメラを選択するという現象も見られます。
このような状況をふまえ、デジタルとの共存もふまえつつ、カメラが好き、
そして写真が好きな趣味人のためのカメラ誌「カメラマガジン」を発刊いたします。

CAMERA magazine(カメラマガジン) no.17[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

『カメラマガジン No.17』のテーマは「フィルムカメラに夢中」。
ライカ特集では、不変のMシリーズはもちろん、バルナックやレンズ、
ブラックボディやアクセサリーか ら、一生を共にできるライカの魅力をお届けします。
ライカ愛用者たちの作品もたっぷり掲載。
また“ベタ焼き”の真髄を、ロバートキャパのノルマンディー上 陸、
ハービー山口さんの尾崎豊を切り取ったコンタクトシートなどからお伝えします。
ほかにも、手間がかかるからこそ、純粋に「写真を撮る」ことを楽しめる 大判カメラや、
フィルム入門者におすすめの最新現行&中古王道モデルを紹介。
フィルムカメラで撮ることの魅力を余すところなくお伝えします。