おすすめの「ミステリー小説 クイーン」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 クイーン」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 クイーン」

ガラスのクイーン

 ブラックジャック、ポーカー、バカラ、将棋、囲碁、麻雀、チェス――。この世のありとあらゆるゲームに、偏執狂的に熱中してきた三人の高校生。
 彼らが次に選んだのは、不条理な小説を題材にとった、『侵食』というゲームだった。

 ゲームの進行とともに、『侵食』は彼らの世界をも蝕み始める。肥大化した狂気が、彼らの日常を塞いでいく――。

Xの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という新手の凶器が使われたのだ。この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、着々とあざやかに進められる。“読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?”と有名な挑戦をする、本格中の本格。

Zの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

悪名高い上院議員が殺された。遺品の中からは、いわくありげな小箱と、ある囚人からの復讐をにおわす脅迫状が発見された。しかもその男は、最近出所したばかりだったのだ……現代的な女探偵の先駆ペイシェンス・サムと老探偵ドルリイ・レーンの見事なコンビぶりを描く型破りの本格探偵小説。新訳決定版!

孤島パズル 江神シリーズ (創元推理文庫)

英都大学推理小説研究会に新風を吹き込んだ彼女(マリア)が「伯父の別荘へ行かない?」と誘った孤島の夏。メインテーマは宝捜し(パズル)。みごと解ければ推理研の面目躍如、波涛を越えて時価数億円のダイヤが眠る嘉敷島へやってきた江神二郎とアリスは、楽しむ間もなく起こった事件に巻き込まれてしまう。毎年同じころ島に会する人々に密やかな翳りが根ざしているのか、南国の陽光と青い海、降るような星空を背景に幕間のない悲劇が進行していく。――ここにパズルがある。どうかあなたの手でこの小宇宙に秩序をもたらしていただきたい――〈読者への挑戦〉が興を添え、青き春を謳うロマンティシズムが錦上に花を敷く、極上の本格ミステリ。

亡者のゲーム (ハーパーBOOKS)

イタリアのコモ湖で英国人実業家が惨殺された。被害者は美術品密売の噂がささやかれる元スパイ。死の直前、幻の名画を手に入れていたらしい。国家治安警察の将軍から極秘裏に捜査協力を頼まれたガブリエルは、ヨーロッパを股にかけた謀略のゲームの裏に、ある独裁者の不穏な陰を嗅ぎ取るが――世界一流の美術修復師にしてイスラエル最強のエージェント、〈ガブリエル・アロン・シリーズ〉!