おすすめの「ミステリー小説 ネット」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 ネット」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 ネット」

女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険 (集英社文庫)

高校生の鈴木沙穂梨は、個人情報を盗んだ疑いで逮捕された友人の父の無実を証明するため、彼氏の拓人とともに調査を開始する。そのころ世間では『サイコ・エンジェルズ』というスマホゲームが大ブームを巻き起こし、高額課金やアイテムの売買などが社会問題化しつつあった。女子高生の日常と世界的陰謀がサイバー空間で交錯し、思わぬ真相が明らかに。「いま」を描くサイバーミステリ!

哀しみアプリ

システムエンジニアの健一は突然刑事から電話をもらう。妻千尋が渋谷で車に轢かれた連絡だった。子育て中の千尋はなぜ渋谷にいたのか? どうして轢き逃げに遭ったのか? 残された娘と暮らしながら妻と事故の謎を探る。ネットの力を使って犯人を見つけようとする健一の前に意外な事実が。家庭と仕事を両立する普通の男が織りなすミステリー。

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒 (集英社文庫)

ネット上でのなりすましとカードの不正利用の被害に遭った肇。犯人探しの末に辿り着いたのは隣人の美女・安部響子だった。彼女に誘われ、ハッカー集団ラスクの一員として活動を始める肇。トラブルを放置する悪質企業を攻撃して謝罪と賠償を行わせる、世直しともいえる活動は世間の支持を集めるが、警察の捜査の手も迫り……。引きこもり美女と変わり者の青年が大金を狙う、スリリングな快作!

ブラックスローン インディゴの夜 (集英社文庫)

個性的なホストたちが人気を集める渋谷のホストクラブ「club indigo」。常連客の真千子が殺され、指名されていたホスト・DJ本気が疑われる。オーナーの晶とホストたちが事件を追ううち、ネット上に「もう一つのindigo」が存在し、真千子がそこを運営していたことが分かる。ネットとリアルの両方から犯人探しを進める晶たちだが……。人気シリーズ、初の長編!