おすすめの「ミステリー小説 人気」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 人気」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 人気」

真夏の監視官

あなたに、おすすめの小説があります!!!

小説読んで、びっくりしたいあなたへ。

ある、真夏の暑い日の物語。

この、大どんでん返しは、びっくりするかも?♡♡♡

しかも、99円!!!

私は、この小説には、コーヒー1杯99円の値打ちがあると思います。

何が起こるかは、お楽しみ♡♡♡

実は、この短編はたったの6ページしかありません。

なぜ、6ページしかないかというと、

私は、短編も、文字数の多い長編も『同じ価値』のものだと思っているからです。

つまり、『小説の価値』は、

長いからいいのではなく、

短いからダメなわけでも、

ないと思っているのです。

なぜなら、短編も、長編も、その

アイデア、ひらめき、

は、作者は、同じだけのエネルギーを使っているからなのです。

なぜ、いままで、短編は、短編『集』として、扱われてきたか?

なぜ、複数の短編が揃っていないと、出版できなかったのか?

Kindleなら、な、なんと、短編1本で、出版できます。

短編1本の小説の世界へどうぞ。

まずは無料サンプルから。

=今すぐ、ダウンロードをお勧めします=

*******************************************************************

著者紹介

板倉吉三郎

第10回伊豆文学賞を『ぼくらの自由』で最優秀賞受賞。

審査委員の先生方のコメントを、

【最優秀賞受賞作品(ぼくらの自由)について】

・今的な風俗を駆使したような形でいながら、その中に純愛のテーマを盛り込んで、書き始めから終わりの中で主人公がある種の変化を生じている点をうまく描いていて、良質な現代的作品である。

・作品の素材となっている出会い系、デイトレーダー、コンパニオンなど、これら「いまどき」の風俗に反発する者をも引き付け、読む側を説得し、まるで魔法を見せつけられたような気がして小説の圧倒的な力を感じた。

と頂いております。

なお、当時、読売新聞(静岡版)と静岡新聞(静岡新聞には両面一面全文掲載)、伊豆新聞に『ぼくらの自由』は、全文掲載されました。

また、賞金として100万円と、副賞として、伊豆半島滞在券を獲得しております。

写真集も出版しており、その代表に『ノラやんず』があります。

『真夏の監視官』を読まれて、ミステリー作家と思われた方は、
次の作品は『花泥棒』を読まれることをオススメします。
あとの、作品は『純文学』です。ミステリーではありません。
もともと、『純文学志向』だったので、、、。

相棒 ―劇場版II―

人気ドラマ「相棒」劇場版の第二弾をノベライズ!

前代未聞の籠城事件が発生。犯行現場は警視庁十一階会議室。定例会議に出席していた警視庁幹部総勢十二名が人質となった。密室の会議室から犯人の要求はまったく伝えられないまま、現場は機動隊とSITが完全包囲。そしてまさに強行突入しようとした瞬間、室内で一発の銃声が轟く――。この強行突入にいち早く懸念を示していた警視庁特命係の杉下右京は神戸尊とともに、事件の真相を追う。だが人質となった十二名の幹部による証言はどれも曖昧で、本当はいったい誰が引き金を引いたのかわからないまま、犯人射殺は正当防衛として片づけられようとしている。籠城犯の犯行動機を探る右京と尊は、やがて犯人の意外な過去を突き止める。警視庁始まって以来の籠城事件の背後には、7年前に真相が揉み消された事件が横たわっていた。警視庁内の人間模様や隣接する警察庁までも巻き込んだ衝撃の真実に迫る右京と尊だったが――。水谷豊、及川光博出演のドラマ「相棒」の劇場版!

2010年12月23日より全国ロードショー公開された映画「相棒-劇場版2-」を、小説化!
 スクリーンとは異なる驚愕の結末に映画を観る前でも、観た後でも楽しめる究極のノベライズ。

相棒シリーズ X DAY

大人気シリーズ映画最新作を完全ノベライズ!

燃え残った数十枚の一万円札とともに殺されたのは、大手都市銀行システム部に籍を置く銀行員。彼はネットに不正アクセスし、機密情報を流していた疑いで、サイバー犯罪対策課からもマークされていた。殺人事件として真相を追う警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一、一方で不正アクセス疑惑から捜査を進める専門技官・岩月彬、立場の違いから、互いにいがみ合いながらも捜査にあたる二人だったが、やがて目に見えない大きな圧力に行く手を阻まれる。
 そして、殺人の真犯人追及とともに、浮かび上がってくるネット上にバラ撒かれた謎のデータの正体。杉下右京たちも、そのデータに触れ、否応なく政官財の巨大な権力構造に巻き込まれていく。次第に明らかになる日本政府のために仕掛けられた金融封鎖計画。その「X DAY」に向かって、刑事たちの闘いは続く。
 いまや国民的ドラマとも呼ばれる人気シリーズの映画最新作を完全ノベライズ。

花泥棒

花を盗まれた事が、ありますか?

花って本当に大事に育てますから、盗まれると頭にカーッときちゃうんですよね。

この物語の主人公も、自分の家の花が盗まれたと思って、

カーッときちゃうんです。

でもね、この話には小さな「どんでん返し」があるのです、、、、。

読んだあと、『ゾゾゾ』とくるかもしれません。

物語は、主人公の女の子の一人称で始まります。

正直、異性の一人称には、チャレンジャー精神で行いました。

レビューに書いてあるように、「作者は実は女?」とか書いていただきまして、

ヤッターと思いましたよ。

まず、異性の一人称には、その異性になり切らなければ、書けないと思います。

これが、なかなか難しいんですよね。特に異性の場合、どんな作家も身構えると

思います。

果たして、こんなおっさんに、そんなエミュレーションができるのか、そんな

疑問もありましたが、評価して頂いて、ホッとしています。

ページ数は、短いです。およそ25ページとなっております。

なので、すぐ読めちゃうと思います。

僕の小説には、「中毒性」があると、おっしゃられる読者の方もいらっしゃるので、

読み切るには、そんなに大変ではないと思います。

表紙の写真は、自分で撮影しました。じっくり見ると、なかなかキレイでしょ?

キレイな表紙の割に中身は、キレイな話じゃないんですが、

そのギャップがいいと思います。

まずは、無料サンプルから、お試しください。

著者紹介

板倉吉三郎

第10回伊豆文学賞を『ぼくらの自由』で最優秀賞受賞。

審査委員の先生方のコメントを、

【最優秀賞受賞作品(ぼくらの自由)について】

・今的な風俗を駆使したような形でいながら、その中に純愛のテーマを盛り込んで、書き始めから終わりの中で主人公がある種の変化を生じている点をうまく描いていて、良質な現代的作品である。

・作品の素材となっている出会い系、デイトレーダー、コンパニオンなど、これら「いまどき」の風俗に反発する者をも引き付け、読む側を説得し、まるで魔法を見せつけられたような気がして小説の圧倒的な力を感じた。

と頂いております。

なお、当時、読売新聞(静岡版)と静岡新聞、伊豆新聞に『ぼくらの自由』は、全文掲載されました。

また、賞金として100万円と、副賞として、伊豆半島滞在券を獲得しております。

伊豆文学賞最優秀賞受賞者が、現代社会に問いかけるミステリー。

まずは、無料サンプルからどうぞ。

ツイッター、フェイスブックもやっています。

写真集も出版しており、その代表に『ノラやんず』があります。

『花泥棒』を読まれて、この作家は、ミステリー作家と

思われた方は、ぜひ、次は、『真夏の監視官』をお読みくださることを

お勧めいたします。

他の作品は、ミステリーではなくて、『純文学』です。

元々、『純文学志向』だったので、、、、、。

帰ってきた腕貫探偵

神出鬼没な謎の公務員探偵――。過去、現在、霊界!? 今度の推理は時空を超える! そのとき死んだのは、“わたし”? それとも――。街のいたるところに突如現れ、市民の悩みを解きほぐす「櫃洗市一般苦情係」の職員、通称・腕貫探偵。その日、彼のもとにやって来たのは一週間ほど前に亡くなったという女性の霊だった。彼女はベストセラー作家・越沼霞巳と名乗るが、その作家は五十年前に亡くなっているはずだ。五十年前に死んだのは誰だったのか? なぜ女性の魂は今なお現世を漂っているのか――。シリーズ史上、最も不可思議な謎を腕貫探偵が鮮やかに解く!! 大人気・腕貫探偵シリーズ!