おすすめの「ミステリー小説 女性」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 女性」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 女性」

ゴーストフォビア (創元推理文庫)

鳥肌モノ、揃ってます!
“ガール・ミーツ・ゴースト”ミステリ

いつもの憂鬱な朝、急に「サイキック探偵になる」と言い出した姉・芙二子に振り回される三紅。行方不明の女性の調査をすることになった二人は、事故物件を扱う不動産屋の神凪怜と出会う。三紅の心酔する霊能者に似たクールな印象の男性だが、どこか胡散臭い。しかし、偶然に三紅が神凪に触れた瞬間、聴力を失ったはずの右耳から、不思議な声が聞こえてくる。その一方、神凪も見えないはずのモノが見えているらしい――。デビュー作『強欲な羊』で度肝を抜いた新鋭が、様々な恐怖症をテーマにした四つの不可思議な事件で、貴方の心をえぐります。

ずっと見ている

★内容紹介★
主人公、黒部椎名(くろべ しいな)は妻と新しいマンションに引っ越す。
隣人は美しい盲目の青年・百瀬斗望(ももせ とも)とその妻・百瀬早苗(ももせ さなえ)。
デザイナーだという早苗に、ファッションが好きな妻・真美は興味を持ち、親しくなっていく。
椎名は美しい斗望の方が気にかかり、人のいい隣人として夫妻に接していくのだが。

・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
ツィッターは「milkypinkkk」です。新作やキャンペーンなどについてつぶやいています。
おもにボーイズラブ18禁作品を書いています。
過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボーイズラブ小説につき、性的な表現のシーンがあります。

★★★本文一部抜粋★★★

 彼の声が、だんだんと頼りのないものになっていく。そんな場所を他人に触れられるのは初めてなのだろう。その慣れていない様。畏怖に涙のにじんでいる目。
 ペニスを舌で舐めた。汗の臭い。それを感じると、私の身体の中でも大きく崩れていく感覚があった。
「あぁ……あ」
 私は目の前の、たまらなく魅力的なペニス。それを一気に喉奥まで口に含んでいた。
「あ……あぁ」
 彼の腰がびくんと震える。舌で執拗に舐めていく。グルグルと先端のくぼみから、根本まで。強く吸い続ける。そうしていると、口の中でソレがはっきりと勃起してきた。
「あぁ……いや……いや」
 彼の声も塗れた色を帯び始める。頭の中で、ずっと想像していた以上にその声は魅惑的だった。
「あっ」
 そのまま、後孔の入り口を指でつつき、そのきつくしまっているすぼまりの中に、じわじわと指を差し入れていく。

追いかけて!追いかけて!

★内容紹介★
主人公、岡崎清光(おかざききよみつ)は同じ施設で育った田原秀(たはら しゅう)と、十八歳になったのをきっかけに小さな町を出て東京に行く。
永遠に、秀との幸せな日々が続くと思っていたけれど、現実は思いも寄らない方向へところがっていく。
転がるボールのように動いていく運命を止める事が出来ず、清光はそれに流されていくが……。

・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
ツィッターは「milkypinkkk」です。新作やキャンペーンなどについてつぶやいています。
おもにボーイズラブ18禁作品を書いています。
過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボーイズラブ小説につき、性的な表現のシーンがあります。

★★★本文一部抜粋★★★

身体は欲望でたぎっていて、とても「そうしなければ」落ち着くことが出来なかった。
「秀……秀……」
「ひ……ひぃ」
 秀の後孔はきつく閉じていて、なかなかペニスを挿入することができない。ただ、その抵抗が強ければ強い程。私は「何が何でも」という気持ちになっていた。
 唾液で濡らした指を、無理矢理後孔の中に差し入れる。
「ひ……ひぃ」
 秀はビクンと震えて悲鳴を上げた。でも、私は無理矢理にその後孔を押し広げてペニスをじわじわと挿入していった。
「ひ……ひ……」

弟: otouto

★内容紹介★
主人公、剣伸は父の再婚のにより、義母と義弟・澄羽と義妹・莉々ができる。
剣伸ははじめて出来た自分の「父以外の家族」というのにどうせっしたらいいのか分からなくて戸惑う。しかし、そうしているうちに段々と澄羽への興味が高まっていく。
彼の行動・所作から目がはなせなくなっていき……。

・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
ツィッターは「milkypinkkk」です。新作やキャンペーンなどについてつぶやいています。
おもにボーイズラブ18禁作品を書いています。
過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボーイズラブ小説につき、性的な表現のシーンがあります。

★★★本文一部抜粋★★★
 笑い声や、話し声がしばらく響いたけれど、フッとソレが静かになった。
 そうして、しばらく無音な状態が続く。友達が帰っていったのだろうか? 私の気が付かないうちに、彼等は立ち去ったのか。
『あぁ……あぁ……』
 不意打ちに、突然甲高い声が響いた。
『あぁ、いいな……はは……お前もスキモノだよなぁ』
『あぁ……いいよ……いい……』
『うわ、すげぇ……。いい……あぁ、いい』
 私の身体は、自然と固まった。それは、とても淫猥な声だった。AVをテレビで見ているときのような。
 これは、夢なのか? 私は、淫猥な夢を見ている。熱で重たいからだを引きずり、壁に耳を当てた。
 声は、より大きく聞こえる。
『はぁ……いい……あぁ……イク……』
『あぁ……いいよ……いい』
『すげぇ……気持ちいい……あぁ』
 複数人の声と、グチュグチュという音。何をしているのか……。

愛しても愛しても…: ユークリッド空間の中で

★内容紹介★
十五歳・田舎の中学生の主人公・阿古瀬史の家に、突然「叔父」と名乗る男性が現れる。どことなく不思議で、都会的な雰囲気の彼「一葉」に主人公は興味を持ち、こっそりと近づいていく。史は、謎めいた彼に魅せられていくが……

・・・・・・・筆者紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬原あや
fuyuhara★par.odn.ne.jp(★の部分を@に変えて送信してください)
ツィッターは「milkypinkkk」です。新作やキャンペーンなどについてつぶやいています。

おもにオリジナルJUNE(ボーイズラブ)18禁作品を書いています。

ボーイズラブですが、純文学でミステリ的な雰囲気のものを書いています。

過去にはアダルトゲームのシナリオライターもしていました。
キンドルでもこの他にもBL禁小説を何作かあげているので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボーイズラブ小説につき、性的な表現のシーンがあります。

★★★本文一部抜粋★★★

 最初に感じたのは違和感。しかし、そのあとにじわじわと股間から熱が広がっていく。最初は股間周辺だけだったそれが、下半身・そうして胸・しまいには頭にまで広がり、私の身体はまるでひどい風邪で発熱したときのように熱く。
たぎっている噴火口に近づいたときのような「熱波」に煽られているような気がしてきていた。
 『恥ずかしい』と思っていた気持ちが、だんだんと遠ざかり、ただとてつもない「快楽」が押しよせてくる。今まで、何度も自慰をしたことはあったけれど、こんな感覚は初めてだった。自分の中で制御出来ないなにかが暴れて、私の全身を支配していた。
「あ……あ……」
 頭が朦朧とし、ただ熱に浮かされているような状態で、甲高い私の声が響いた。
 それと同時に、身体の中で何かが弾けていくような感覚。膨らんだ風船が、一気に破裂する。
「あ……あぁ……あ……」
 パリンと薄氷が割れたような感覚が頭の中であった。はぁはぁ、という私の荒い息だけが室内に響いていた。
 今までに体験したことのないような「激しい快楽」。