おすすめの「ミステリー小説 好き」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 好き」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 好き」

少年探偵ブルーノ 猫は殺人事件がお好き (ハーパーBOOKS)

猫をこよなく愛す、ブルーノ少年11歳。こう見えて、探偵です。

11歳の少年ブルーノは、いつの日か父のような名探偵になるのが夢。
お手製の名刺を配り、事件はないかと日々ご近所に目を光らせているが、
最近変わったことと言えば、愛猫ミルドレッドの様子がどこかおかしいことくらい。
そんな時、事件は起きた――向かいに住む友達の母親が何者かに殺されたのだ!
しかも時同じくして愛猫も姿を消し、死体のそばには猫の血染めの足跡が…!? キュートな探偵、登場。

幽霊はテニスがお好き (中公文庫)

テニス同好会の合宿中、妻子ある顧問と火遊びの後、何者かに殺された“彼女”が、後輩たちの前に現れて「私を殺した犯人を捜して」と(幽霊はテニスがお好き)。再会の約束を信じ、毎年11月25日に公園のベンチに足を運ぶ布子。そして十年、ついにかつての恋人が現れるが……(待ちわびる女)。――謎と秘密、恋と絆をちりばめた、赤川ワールドを堪能する6つの物語。

こなもん屋うま子 大阪グルメ総選挙 (実業之日本社文庫)

たこ焼きvs串カツ B級グルメ大阪の陣! 「この世のものならざる」大阪のおばはん・蘇我家馬子が大阪の町の片隅で営む「こなもん」料理専門店「馬子屋」。この店にやってくるのは、人生のさまざまな問題を抱えた客ばかり。しかし、抜群に「うまい!」こなもん料理を食べ、馬子の愛の一喝とアドバイスのおかげで解決していく。大阪再生のため奮闘する若き市長・櫛田勝男も「馬子屋」で舌鼓を打ちながら市が抱える問題を次々解決していくが、そんな友好的関係から一転、市長選挙で意見対立、大阪を二分する事態に。いったい何が!? ゆるキャラ・コナモンも登場。思わず「うまい!」と唸る爆笑B級グルメエンターテインメント。

徳川家康は二人だった 八切意外史

松平元康(徳川家康)は、実は死んでいた? 徳川家では、三河出身者は1万石以下の旗本として冷遇され、他国者だけ大名に立身した謎に、独自の視点で迫る。隆慶一郎『影武者徳川家康』に先駆けた衝撃の問題作。
【著者】
八切/止夫
1914~87。小説家。名古屋市生まれ。日本大学、明治大学で講師を務めた後、64年、「寸法武者」により第三回小説現代新人賞受賞。67年、『信長殺し、光秀ではない』『寸法武者』を刊行。以後、「八切史観」とよばれる独自の史観に基づく歴史小説や評論など膨大な著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

廃墟に乞う (文春文庫)

仙道孝司は北海道警・捜査一課の敏腕刑事だったが、任務がもとで罹ったPTSDのため、休職を命じられている。ようやく回復してきた頃、かつて札幌で起きた殺人事件と同じ手口で、千葉でデリヘル嬢が殺された。これは13年前のあいつの犯行か? その矢先に犯人から接触された仙道は、旧炭鉱町へ向かう(表題作)。リゾート村、札幌の倉庫、競走馬生産牧場…を舞台に、警察手帳も銃も持たない休職刑事が事件に新たな光と闇を見出す、連作警察小説。直木賞受賞作。