おすすめの「ミステリー小説 学生」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 学生」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 学生」

孤島パズル 江神シリーズ (創元推理文庫)

英都大学推理小説研究会に新風を吹き込んだ彼女(マリア)が「伯父の別荘へ行かない?」と誘った孤島の夏。メインテーマは宝捜し(パズル)。みごと解ければ推理研の面目躍如、波涛を越えて時価数億円のダイヤが眠る嘉敷島へやってきた江神二郎とアリスは、楽しむ間もなく起こった事件に巻き込まれてしまう。毎年同じころ島に会する人々に密やかな翳りが根ざしているのか、南国の陽光と青い海、降るような星空を背景に幕間のない悲劇が進行していく。――ここにパズルがある。どうかあなたの手でこの小宇宙に秩序をもたらしていただきたい――〈読者への挑戦〉が興を添え、青き春を謳うロマンティシズムが錦上に花を敷く、極上の本格ミステリ。

双頭の悪魔 江神シリーズ (創元推理文庫)

娘を連れ戻してほしいのです――山間の過疎地で孤立する芸術家のコミュニティ、木更村に入ったまま戻らないマリアを案じる有馬氏。要請に応えて英都大学推理小説研究会の面々は四国へ渡る。かたくなに干渉を拒む木更村住民の態度に業を煮やし、大雨を衝いて潜入を決行。接触に成功して目的を半ば達成したかに思えた矢先、架橋が落ちて木更村は陸の孤島と化す。芸術家たちと共に進退きわまった江神・マリア、夏森村に足止めされたアリスたち――双方が殺人事件に巻き込まれ、川の両側で真相究明が始まる。読者への挑戦が三度添えられた、犯人当て(フーダニット)の限界に挑む大作。妙なる本格ミステリの香気、有栖川有栖の真髄ここにあり。

第四の壁 アナザーフェイス3

刑事総務課の大友鉄は、かつて所属していた劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。背中を向けて、小道具のナイフを胸に突き刺す迫真の演技と思われたそれは、仕組まれた衆人環視の中での惨事だった。すぐに第二の犠牲者が出る。一連の事件が上演作品のシナリオそのままとすると、次は看板女優が狙われる番……。犯人の狙いは何か? 昔の演劇仲間が容疑者という特殊な事件に、大友が立ち向かう! ドラマ化原作。大人気シリーズ第3弾。

イビルアイ~ムゲン:学生編~: 女ストーカーのストーキングに警察と超能力者が加担したら被害者は?

「お前のせいで日本で核戦争が起きる」というお告げを受け取った主人公。法科大学院に通う主人公は理由もわからぬまま、不特定多数にストーキングされているのではないかと感じるようになる。
その実態は、主人公にヒトメボレをした女子大生が取り巻きを引き連れてキャンパスや通学電車など、ところ構わずストーキングをするものの、主人公に告白どころか話しかけもしないというものだった。
ストーキングは加速し、時の権力者である総理大臣が公安警察や超能力者を動員して、主人公を執拗に追い詰める。四面楚歌の状況で、主人公にある種の超能力、イビルアイが備わる。
イビルアイで、果たして、主人公は己の身を守り、日本を核戦争の危機から救うことができるのか?
果たして愛の結末は? 悲しくもいびつな愛の物語。

2000年ごろに執筆し、文学賞に応募したものの出版に至らなかった作品です。アマゾンの電子書籍で出版するに当たり、舞台設定だけは、今風に法科大学院の設定に変えました。

イビルアイシリーズの1巻であるイビルアイ~ムゲン編~は主人公が法科大学院に通う学生の設定です。それに対して、2巻であるイビルアイ~ムソウ編~は社会人の設定です。
便宜上1巻・2巻としていますが、話が独立していますので、どちらから読み進めていただいても構いません。1巻を読まずに2巻を読むこともできます。

※当初、横書きでしたが縦書きに変更しました。

うつしゆめ (らぶドロップス)

楢坂高校を卒業して3年半。柏木陸は関西随一の国立大生という肩書きと、人から羨望されるほどの美しい外見を利用して、刹那的な生活を送っていた。ただ、彼は常にどこか冷めていて、他人とは一線を引いた付き合いをしている。四回生となったある夏の日、陸は一人雨の中、愛車を走らせていたが、道に迷った上に、カーナビが故障。仕方なく山中で見つけた洋館を訪れると、そこには陸と同年代の美しい女性がいた。常に他者との関係で主導権を握ってきた陸だったが、彼女の不思議な魅力に翻弄され、苛立ちつつもやがて…。陸の心を見透かし惑わす彼女はいったい何者なのか? 夏の陽炎のように美しくも儚い一夜の出会いを描いた、幻惑のラブストーリー。