おすすめの「ミステリー小説 映画」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 映画」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 映画」

別冊文藝春秋 電子版9号 (文春e-book)

別冊文藝春秋(通巻325号/2016年9月号)

 今号は新連載が五作。朝井リョウさんの「風と共にゆとりぬ」。「ゆとり世代」だからこその切なさとおかしみが炸裂するエッセイ。伊吹有喜さんの「ホームスパン」。職人一家三代の生き方を通して、心が離れかけた家族の再生を描く壮大な物語。大山誠一郎さんの「赤い博物館2 夕暮れの屋上で」。キャリアながら《警視庁付属犯罪資料館》館長に甘んじる謎の美女と捜査一課から左遷された巡査部長が、迷宮入りの難事件に次々と挑む本格警察小説。木下昌輝さんの「宇喜多の楽土」。宇喜多秀家の流転の日々を描く本格歴史小説。深緑野分さんの「スタッフロール」。映画の世界に夢を託した二人の女性の愛と冒険の物語。
 巻頭対談は、クリープハイプのボーカルとして活躍する尾崎世界観さんと気鋭の作家、千早茜さんです。

【今号の目次】
◆初小説『祐介』刊行記念対談◆
尾崎世界観×千早茜
◆新連載◆
木下昌輝「宇喜多の楽土」
伊吹有喜「ホームスパン」
深緑野分「スタッフロール」
大山誠一郎「赤い博物館2 夕暮れの屋上で」
◆短篇◆
彩瀬まる「愛のスカート」
藤野恵美「婚活バーベキュー」
◆エッセイ◆
朝井リョウ「風と共にゆとりぬ」
◆連載小説◆
島本理生「ファーストラヴ」
東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」
飴屋法水「彼の娘」
深沢潮「海を抱いて月に眠る」
早坂吝「ドローン探偵」
朝比奈あすか「人間タワー」
櫛木理宇「AX」
近藤史恵「インフルエンス」
福田和代「空に咲く恋 当世花火師青春始末」
七月隆文「天使は奇跡を希う」
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
中村航「赤坂ひかるの愛と拳闘」
楡周平「ぷろぼの」
貴志祐介「赤い雨」
酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみ」
橘玲「フィリピーノ」
沢村浩輔「週末探偵 夏の蝉」
青柳碧人「国語、数学、理科、漂流」
◆漫画◆
久世番子「よちよち文藝部」

別冊文藝春秋 電子版10号 (文春e-book)

別冊文藝春秋(通巻326号/2016年11月号)

 今号は新連載が三作。高殿円さんの「主君 井伊の赤鬼・直政伝」。徳川四天王として武勲を誇った井伊直政に挑む本格歴史エンターテイメント。畑野智美さんの「神さまを待っている」。派遣先から契約を打ち切られた二十六歳の女性の視点から、現代の貧困女子の実情をリアルに描く意欲作。山下澄人さんの「ほしのこ」。父親に連れられて遠くの星からやってきた少女の大いなる冒険を描く〈日本版・星の王子さま〉。
 『十二人の死にたい子どもたち』を上梓した冲方丁さんのロングインタビュー、警察小説の第一人者・堂場瞬一さんと、初の現代小説『横浜1963』を上梓した歴史作家・伊東潤さんの対談も掲載されています。

【今号の目次】
◆『十二人の死にたい子どもたち』刊行記念ロングインタビュー◆
冲方丁
◆対談◆
堂場瞬一×伊東潤
◆新連載◆
高殿円「主君 井伊の赤鬼・直政伝」
畑野智美「神さまを待っている」
山下澄人「ほしのこ」
◆短篇◆
篠原勝之「蓮葬り」
◆連載小説◆
木下昌輝「宇喜多の楽土」
伊吹有喜「ホームスパン」
深緑野分「スタッフロール」
島本理生「ファーストラヴ」
深沢潮「海を抱いて月に眠る」
早坂吝「ドローン探偵」
東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」
朝比奈あすか「人間タワー」
櫛木理宇「AX」
飴屋法水「彼の娘」
近藤史恵「インフルエンス」
福田和代「空に咲く恋 当世花火師青春始末」
中村航「赤坂ひかるの愛と拳闘」
楡周平「ぷろぼの」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」
七月隆文「天使は奇跡を希う」
◆エッセイ◆
朝井リョウ「風と共にゆとりぬ」

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

1958年の夏。当時、12歳のわたし(デイヴィッド)は、隣の家に引っ越してきた美しい少女メグと出会い、一瞬にして、心を奪われる。隣家の少女に心躍らせるわたしはある日、姉妹がせっかんされている場面に出合いショックを受けるが、ただ傍観しているだけだった。ルースの虐待は日に日にひどくなり、やがてメグは地下室に監禁されさらに残酷な暴行を―――。キングが絶賛する伝説の名作!

震度0

阪神大震災が起きたその朝、700キロ離れたN県警で幹部の一人、警務課長の不破義仁が失踪した。人望も厚い筆頭課長がなぜ? 組織を大きく揺るがしかねない事態に、本部長以下幹部らはそれぞれに手がかりとなりそうな情報を調べるが、保身や対抗意識から駆け引きや情報戦の応酬に陥ってしまう。不破の安否はおろか、蒸発か事件かも判らぬまま時間が過ぎ――。組織と個人の本質を鋭くえぐる本格警察サスペンス。

映画 謎解きはディナーのあとで

2011年本屋大賞受賞、大人気ミステリの映画版ノベライズ。
豪華客船で起きた殺人事件に、影山ピンチ!

 久々のバカンスに出発した令嬢刑事の麗子と執事の影山。しかし、シンガポールに向かう豪華客船の中で、謎の殺人事件が発生。船から海に投げ込まれた死体に、船内は騒然となる。
 「お嬢様、今回の事件の真相、皆目見当もつきません」
いつも鮮やかな推理を披露する影山も、まさかのギブアップ――!? さらに、偶然、同じ船に乗っていた風祭警部も加わり、事件はますます迷宮入りしていく。
そしてついに、麗子も犯人のターゲットになって……。
容疑者は、乗員乗客3000人。麗子お嬢様を助けるため、影山が奮闘する!!