おすすめの「ミステリー小説 時代物」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 時代物」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 時代物」

老いの入舞い 麹町常楽庵 月並の記 (文春文庫)

新米同心vs大奥出身の尼僧。江戸の新本格!

若き定町廻り同心の仁八郎は、上役の命で訪れた先で元大奥勤め・年齢不詳の庵主と出会う。その周囲で次々と不審な事件が起こるが…。

縁は異なもの 麹町常楽庵 月並の記 (文春e-book)

尼僧と若同心のコンビが事件を読み解く!

暇と退屈ゆえのいじめ、わが身可愛さ故の陰惨な事件。若い同心とともにもと大奥の尼僧が事件の奥を読む! 痛快捕り物帖第二弾。

大江戸妖鬼絵巻 (時代小説)

とある偶然から写楽として絵を描くことになった不思議な力を持つ絵師・藤吉と陰陽師の女剣士・宵守朔夜が殺人事件の謎を解くお江戸ファンタジー&ミステリー。
鳴かず飛ばずな絵師・藤吉は偶然知り合った斎藤十郎兵衛に頼まれ、写楽として絵を描くことになった。その後、藤吉が描いた歌舞伎役者・中村此蔵が溺死体で発見される。そして立て続けに控櫓の座元である桐長桐、河原崎権之助が謎の死を遂げた。危険を感じた十郎兵衛は藤吉に用心棒を付ける。それが、最近長屋の隣に越してきた浪人・宵守朔夜だった。二人は連続殺人の謎を解くために動き出す。その一方で、宵守朔夜は謎の眠りに就いた徳川の姫君の眠りを覚ますため江戸に来た。姫が目覚めないと江戸の結界は段々と弱まり、人に害をなす妖鬼が溢れてしまう。それを阻止するのが朔夜の役目であった。殺人事件と朔夜の任務。関係のない筈の二つの事件は実は繋がっていた。二人は殺人事件の謎を解き、姫の眠りを覚ますことができるのか。

銭形平次捕物控(一)平次屠蘇機嫌

自宅でくつろぐ平次のもとに駆け込んできたガラッ八。ガラッ八が連れてきたのは十八九の美しい娘で、足袋のままで駆け込んできた娘の着物には血糊が飛び散っていた。(買った遺書)他、計10編と、著者が本連載小説を書き始めるに至った経緯を明かす「随筆銭形平次(一)」を収録。

付録 ぼくの少年時代 夏休みの事件簿シリーズ

夏休みの事件簿シリーズの付録。「ボク」ならぬ「ぼく」の少年時代の自己紹介