おすすめの「ミステリー小説 謎解き」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ミステリー小説 謎解き」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ミステリー小説 謎解き」

木もれ日を縫う (集英社文芸単行本)

ファッション業界で働く小峰紬の前に、行方不明だった母親の文子が姿を現した。面影にどこか違和感がある母に困惑する紬は、年の離れた姉の麻弥と絹代に相談する。二十代の紬、三十代の麻弥、四十代の絹代。仕事や恋、家族について、それぞれに悩みをいだく三姉妹は、母との再会で変化が――。三姉妹と母との絆をめぐる、切なく温かいミステリー。

5分間ミステリー (扶桑社BOOKSミステリー)

オーソドックスな謎解き推理から幾何学的なパズルまで、1話5分で読めるミステリー・クイズであなたに挑戦。難問、奇問、珍問等の選りすぐりのミステリー・クイズの数々、一体あなたはいくつ解答を導き出せるのか?その答えを解く探偵は、あなた自身です。

新5分間ミステリー (扶桑社BOOKSミステリー)

事故死か他殺か、一瞬にして警官ロンが他殺と断定した理由は?無線のない車からスパイはいかにしてモールス信号を使ったか?

元町クリーニング屋 横浜サンドリヨン ~洗濯ときどき謎解き~ (マイナビ出版ファン文庫)

洗濯日和は謎解きを!横浜でクリーニング屋を営む天才クリーニング師・更紗のシミから始まるミステリー。

服もココロも謎も、全部きれいに致します!
 横浜・元町でレトロな老舗クリーニング屋『横浜サンドリヨン』を営む天才クリーニング師・白石更紗は、どんなシミも落とし、あらゆる修繕をこなす服のお医者さん。
 普段はおっとり天然な更紗だが、ひとたび衣類のことになると「服が泣いています」と人が変わったように服に感情移入してしまう。
 ある日、そこに探偵・不破がコートを持ち込むと、更紗は服に付いたシミなどから彼の行動や性格、暮らしぶりを見抜き……?
 脱いだ服には、必ず着ていた人の痕跡がある――。縫い目やほつれ、かつてのクリーニング師が使ったという糸文字などから事件を読み解く、更紗&不破の名コンビの爽やか洗濯ミステリー!!完全犯罪は、シミにご注意を。

遠い迷宮 阿刀田高傑作短編集 ミステリー (集英社文庫)

良家の若妻・真樹子は、そろそろ1歳の娘と朝の時間を優雅に過ごしていた。そこへ、出産の時に病院で世話をしてくれた初江が、突然訪ねてくる。表面は人のいいおばさん風だが、何か薄気味悪い感じのする女。彼女が帰った午後、刑事がやって来て……「来訪者」より。人生、男女、心など、人間が生み出す数々の謎をモチーフに描く、鮮やかで洗練された珠玉のミステリー10編。