おすすめの「メッシ」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「メッシ」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「メッシ」

ひとりごはん ポカポカお鍋 (ぐる漫)

人気の「思い出食堂」の編集スタッフが贈る、女性向けのグルメ・人情・友情・愛情コミック作品のアンソロジー。今回は、おひとりでも食べられる美味しいお鍋料理などをメインテーマに据えてます。

思い出食堂 東北・うに丼編 (ぐる漫)

隔月発売のレギュラー「思い出食堂」の通巻27号目。今回のメインテーマの食材は「東北・ウニ丼」。 東日本大震災から5年、東北各地の復興を願い、美味しい海の幸を満載にした一冊です!

日本のメッシの育て方

「世界で活躍する日本人選手を育てるためにJリーグは何をしているのか?」

「サッカーには答えがない」だからこそ、重要視しているのは「自ら考える子ども」を育てること。
そのために、「なぜ?そうしたのか」と問いかけて自らの行動を意識させていくことからはじめます。

どんなにハードな練習をしても、目的や楽しく取り組まなければ上達はしません。
優れたサッカー選手を育てることは、人間性を育むこと。
人を育てるうえで大切なことがここにはあります。

メッシと滅私 「個」か「組織」か? (集英社新書)

もはや“国民的行事”となった感のある、サッカーW杯。ヨーロッパでプレイする「海外組」が主体となった日本代表は、以前とは違い、技術や戦術では「世界」と遜色ないレベルに達したようにも思える。しかし、大一番で勝負を分けるのはメンタリティだ。そのメンタリティを形成する文化的背景とは何なのか?  ドイツでのプレイ体験もある著者が、深刻なカルチャーギャップを体感した選手たちへの取材をもとに、大胆な“サッカー比較文化論”を書き下ろした。本田圭佑、岡崎慎司、長友佑都、松井大輔、槙野智章、宮本恒靖、宇佐美貴史、奥寺康彦、パク・チソンなど、現役選手や関係者の貴重な証言が満載! 【目次】はじめに/第一章 自己主張/第二章 上下関係/第三章 自己責任/第四章 専門性/第五章 「文明の衝突」エピソードあれこれ/第六章 日本代表での「文明の衝突」/おわりに

キャプテンメッシの挑戦

「他の職業を探したほうがいい」母国の熱狂的なサポーターからの容赦ないブーイング――。バルセロナで世界一のサッカー選手になったメッシに課せられた、アルゼンチン代表新キャプテンとしての過酷な使命と感動の成長ストーリー!