おすすめの「メンバー」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「メンバー」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「メンバー」

メンバーを変えずにチームで変革を進める法 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

変革を任されるリーダーの多くは、ゼロから新たにチームをつくるのではなく、前任者のチームを引き継いで業務に当たる。チームを引き継ぐに当たり、リーダーはまず、現状をはっきり理解するために、自分が受け継いだ人材の価値とチーム力学を見極めなくてはならない。次の仕事は、必要に応じてチームを再編するために、メンバー構成、目的意識や方向性、業務手法、行動特性などを新鮮な目で見つめることである。最後に、早期に成果を上げるチャンスを探り当て、それを確実にものにするためのプランを練れば、短期間でチーム構築と成果向上を成し遂げられる。本稿では、これらのプロセスについて論じていく。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年12月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ReMember(1) (モーニングコミックス)

1945年9月9日。終戦直後の焼け跡に突如現れた、記憶喪失の男。「ザジ」という呼び名を与えられた彼の周囲にはやがて、一癖も二癖もある個性的な男たちが集まり始める。瓦礫に始まる抗争、飛び散る血と汗、そして友情──。自らの居場所と正体を探し求めるザジが、焼け跡で見つける「真実」とは何か。

多様なメンバーの「違い」に気づく技術 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

チームで仕事をする場合、時に意見が対立するのは必然である。ただしメンバーのさまざまな違いを、仕事始めの前に明らかにしておけば、破滅的な対立を回避できる。筆者たちは25年間の研究や調査に基づいて、このための具体的な方法を開発した。人物の見方、行動の仕方、話し方、考え方、感じ方の5つの領域に重点を置いた会話法である。リーダーが会話の進行役を務めながら、メンバーに対して、嗜好や期待を表明して摩擦が起きやすい領域を特定し、異なる期待を持った人々がうまくやっていくための提言を考えるよう促すのだ。これによりチームは信頼の基礎を築き、協力のための基本ルールを定めることができる。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年12月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀

カリスマ的リーダーもエース社員も不要! のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、今いるメンバーの化学変化で史上最高の成果を生み出す「成長法則」。

キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~ (電撃文庫)

ある朝、学校の理科準備室で桜井夏希が殺された。密室殺人だった。当日学校を休んでいた遠藤彼方は、友人の山崎快斗から事件の話を聞き、不謹慎ながら興味を惹かれる。刑事である山本観月と柴田旭は捜査に乗り出し、被害者の父である桜井秋園もまた独自に犯人特定を急いでいた。事件が起きても日常は進む。彼方と快斗は、休日近藤此方と遊んだり、また彼方は翌週の放課後、恋人である久保詩織と談笑しながら下校する。しかし、そこで観月に声を掛けられたことから事態は急転する。次々と不審死を遂げる学校関係者。連続殺人犯と連続誘拐犯。六年前に起きた凄惨な事件とその被害者。全てに関与する一人の人間。夏希の死をきっかけに、あらゆる歪みが露呈する。これは、謎を解き、犯人を暴く物語――ではない。