おすすめの「ヨハネ 福音書」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「ヨハネ 福音書」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「ヨハネ 福音書」

クレイ聖書解説コレクション「ヨハネの福音書」

■聖書研究にも、ガイドブックとしても!「聖書が分かる」喜びを、もっと多くの方へ。

聖書を読んでいるけれど「実は意味がよく分からない」という事、ありませんか?

現代に生きる私たちがその内容を理解するためには、当時の時代的な背景、書かれた土地の文化、そして聖書全体における文脈を知ることが重要です。

このツボを押さえれば、ますます聖書を読むのが楽しくなります。

■本書の内容

ヨハネは、メシアであるイエスと3年半にわたって寝食を共にした、自身の体験に基づいてこの福音書を書きました。言うなれば「メシア目撃者の情報」です。
ユダヤ人の漁師であったヨハネは、紀元1世紀のユダヤ人の世界観に基づいてこの福音書を書いています。そのため読者である私たちは自分の経験や世界観に基づいて聖書を解釈するのではなく、紀元1世紀のユダヤ的背景を前提とした「ヘブル的視点」で読まなければなりません。

そんなヨハネの福音書の解説を、24年続いたテレビ番組「ハーベスト・タイム」でおなじみの中川健一牧師が、初めて聖書に触れる方でも分かりやすい文章でお届けします。

(本書は、月刊デボーションガイドClay【クレイ】2000年12月号〜2013年5月号に掲載された「ヨハネの福音書」解説記事を書籍化したものです。)

■本書の読み方

本書には聖書本文は含まれていません(引用文を除く)。本書をご利用の際は、聖書を傍らに置いてまず該当箇所を読み、その後に解説文を読まれることをおすすめします。
なお、特に断りのない限り、本書の聖書引用は新日本聖書刊行会の新改訳聖書(第3版)を使用しています。

■著者紹介

中川健一(ナカガワ ケンイチ)
1947年大阪府に生まれる。一橋大学を卒業後6年間のサラリーマン生活を送り、米国トリニティ神学校へ留学。テレビ番組「ハーベスト・タイム」を通して24年もの間、聖書の福音をお茶の間に届ける。現在もイスラエルを頻繁に訪問し、聖書が書かれた当時の風習や文化をふまえた聖書解説に定評がある。著書は『日本人に贈る聖書ものがたり』シリーズ(文芸社、文庫版全8巻)など、多数。

辞書なしで英語がスラスラ読める ヨハネの福音書(初級~中級用)

【日本語→英語の順、細かい区切りで進んでいく英語教材】
●日本語→英語] 英語→日本語の順の従来型学習は、日本語が頭に残るだけで、英語が頭に残りませんでした。本教材は日本語→英語の順なので、英語がよく頭に残ります。また日本語が先に来るので、辞書なしでもすいすい進んで行けます。
●[細かい区切り] 少しずつ区切りながら進んでいきますから、スラスラ頭に入ります。
●[英語の語順のまま] 英語の語順のまま頭に入ってきますから、英語感覚がすぐ身につきます。関係代名詞も、後ろから訳したりしません。文頭から訳していく同時通訳方式です。
●[単語調べもワンタッチ] 辞書なしでも大体の意味はわかるようになっていますが、英単語の正確な意味や発音を知りたい場合は、Kindleの場合ですと、単語上を長タッチすると表示されます。

【内容】
Bibleがわかって初めて英文学の深みがわかる。わかりやすいTodays English Versionで学ぶNew Testament(新約聖書) 。「はじめに言葉があった」「真理はあなたを自由にする」等の句で有名な「ヨハネの福音書」を題材に、イエス・キリストの生涯と教えに親しみます。文章も英語も意外に読みやすいです。
小分割/和英順テキストのみを収録(日本語→英語の交互文のみ)。

【サンプル】
 それから人々はみな家に帰った Then everyone went home, しかしイエスはオリーブ山へ行かれた but Jesus went to the Mount of Olives.
 次の朝早く Early the next morning イエスは神殿に戻られた he went back to the Temple. 人々はみなイエスのもとへ集まってきた All the people gathered around him, イエスはすわって and he sat down 彼らに教え始められた and began to teach them.
 律法の教師たちと The teachers of the Law パリサイ派の人々が and the Pharisees ひとりの女を連れてきた brought in a woman 姦淫をしているところを捕らえられた女である who had been caught committing adultery, 彼らは彼女を皆の前に立たせた and they made her stand before them all.
 「先生 Teacher, 」彼らはイエスに言った they said to Jesus, 「この女は this woman 姦淫の現場で捕らえられたのです was caught in the very act of committing adultery. 律法の中で (預言者)モーセは命じました In our Law Moses commanded そのような女は石打ちの死刑にされなければならないと that such a woman must be stoned to death. さあ Now, あなたは何と言いますか what do you say?」

古今の資料が証すイエス・キリストの謎と正体 ミニ百科: << 謎に包まれたイエスの実像を古代~現代の通説・異説・奇説・最新学説・肖像画を交えて徹底追求 / 新約聖書福音書を含む2000年に渡る関連諸説&情報を網羅的に紹介 >>

2000年に渡って厚いベールに覆われた真実の姿を追い求めて、150余の定説・諸説、210余点の画像を集め、百科書たるべく余す所無く皆様に紹介します

【執筆姿勢】
 紹介者の立場に止まり、古代以来のさまざまな人士の唱えた諸説、描いたキリスト像をありのままに。

【概要】
①.まずは、一個の人間イエスがどのような経過を辿って、救世主、神の子、神ヤハウェそのもの、果てには宇宙の支配者へと上り詰めるまでに、唱えられたさまざまな諸説から始まって…
②.教会全盛の世にさまざまな異説が唱えられましたが、正統教義も含め、主要な物すべてを拾って紹介。イエスを難じる諸説は誰もが初耳で、刮目することでしょう。あるいは歴史の片隅に秘された驚くべき古代から伝えられた伝承に至るまで。
③.文字情報だけがすべてではありません。画像による情報は近世以前ではむしろそれ以上のもの。イエスを描いたモザイク画、フレスコ画、イコン、油絵、現代絵画に至るまで紹介。
 ◇ 美麗な口絵で、イエスの活動歴の標準的イメージを一覧表示
 ◇ イエスの顔画像60選(磔刑時の顔は除く)を巻末資料として掲載
④.近代化の中で存在を否定されたイエス。そしてロマン主義の高まりで再びその存在が認められましたが、その“復活した”経過を拾うように諸説を拾い集めました。啓蒙主義者から社会主義者、心理学者、虚無主義者、文豪に至るまで。
⑤.歴史的存在として現代科学、医学の粋を集めて復元された主要なイエス像も漏らさず。
⑥.総合表現手段たる映画で、どう描かれているかについても紹介。
⑦.本書のデータ量は7MB弱。

◇ 3世紀のコプト語写本「ユダの福音書」から、その墓まで発見されたことから信者の方々を悩ます「イエスの実父はローマ兵士パンテラ」説まで、話題説は漏れなく

--------------------------

【章タイトルと小見出し項目リスト】
[※ 諸説は、各章から抜粋してサンプル表示します。
 各章の小見出し付き項目は、1つだけ例示します]

プロローグ イエスについての予備知識
(№1) 標準的な欧米人の抱くイエス像

口絵:巨匠たちの描くイエスの宣教と受難シーン16選、及び奇蹟シーン12選

第1章 古代・キリスト教の揺籃期
■共観福音書の描くイエス像 <ほか全11項目>
(№5) 実在していたイエスでなく、伝説の〝キリストの死〟にのみ関心を持つパウロのイエス
(№6) 神権政治を行なって国を治めた大祭司イエス
(№13) 悲劇的最後を遂げるメシア(「ダニエル書」)
(№15) 雲に乗ってやってくる「人の子」はイエスの原形?(「ダニエル書」)
(№17) 円を描く行者ホニはイエスの原形?
(№18) 治癒行者ハニナ・ベン・ドーサはイエスの原形?

第2章 キリスト教の発展期
■ローマ人の歴史家が記したイエス <ほか全8項目>
(№22) 帝国の治安を乱す輩クレストゥス
(№23) 破壊的な迷信の創始者キリスト
(№25) ギリシャ的な賢者(哲学者)イエス
(№27) 支配しなかった王イエス
(№31) 〝イエスは幻影にすぎない〟とする過激なイエス観
(№32) ブッダに似た〝知る〟境地に至った教師イエス
(№35) 「幼時福音書」の伝える神童イエス
(№37) 〝王権に近かった〟イエス
(№38) 不倫の子イエス
(№39) 魔術師イエス
コラム(№41) イエスは超文明宇宙人からの使者だった?

第3章 中世・キリスト教全盛期
■後の壮絶な神学論争を招いた「使徒信条」のあいまいさ <ほか全9項目>
(№42) 『使徒信条』による教義上のイエス像
(№44) 「神の母マリア」信仰を擁護するため神学上、曖昧にされたイエス像
(№46) マニ教による光の子たちの解放者イエス
(№49) ソクラテスはイエスの予型
(№50) プラトンはイエス以前のキリスト教徒で、イエスの十字架刑を予言
(№51) ローマの詩人ウェルギリウスは神の子イエスの誕生を予言していた
(№53) 教会により宇宙の帝王、創造主にまで高められたイエス
(№54) ホームレス的放浪生活者にまで低められた修道士イエス
■絵画の中のイエス
(№55) 短髪で、髭を生やさないギリシャ・ローマ人風のイエス
(№57) 甲冑をまとい戦うイエス像
(№58) 全宇宙の支配者イエス」
(№60) 苦しみに引き裂かれる十字架上のイエス
(№61) 神を抱くマリア信仰の表徴、聖母子像

第4章 近世~近代・揺れるキリスト教の時代
■ロマン派の詩的・芸術的感性によって息を吹き返したイエス <ほか全6項目>
(№62) ルターが説いた姦淫のセックスもした人間イエス
(№64) ヴォルテールの説く虫ずの走る卑小なイエス
(№67a) 超常的神話をすべて除去され、徹底的に裸にされたイエス
(№67b) その存在まで抹殺されたイエス
(№68) 良識の教師イエス
(№69) 愛と奉仕の教師イエス
(№70) 信仰の先達イエス
(№71) 霊の詩人イエス
(№72) 宗教的天才イエス
(№73) 哲学者ニーチェの「自由な精神の持ち主」イエス
(№74) 文豪ドストエフスキーのイエス像=大審問官とイエスの対決
(№75) 文豪トルストイの無暴力主義的解放者イエス

第5章 20世紀・キリスト教衰退の時代
■「イエスの正体究明はきわめて困難だ」とする様式史学の浮上 <ほか全15項目>
(№78) 神に降臨を強要するため故意に自己を犠牲にしたイエス
(№81) アイスラーの説いた群衆の要請にこたえて蹶起した革命家イエス
(№83) 社会主義哲学者ブロッホの唱えた無神論者イエス
(№86) ヒトラーの持論「イエスは金髪碧眼の白人で反ユダヤ闘士のリーダー」
(№87) 小説家カミュの「悩んだ末に憂愁の無神論者となったイエス」
(№88) ヤスパースの「磔刑に至るイエスの公生活は古代最大の実存主義劇だった」
(№90) リビドーの浄化を教えた最大の精神科医イエス
(№91) エッセネ派の奇蹟行者・治癒行者イエス
(№92) 迫害され処刑された義の教師イエス
(№93) 代表的な武力革命者説:独立&革命闘争のリーダー・イエス
(№95) ブッダ伝説をベースに作られたイエス伝承
(№96) 田川健三の唱えた「ニヒルな逆説的反抗者イエス
(№97) 遠藤周作の「無力な永遠の同伴者イエス」
■絵画の中のイエス
(№98) シャガールの『白い十字架のイエス』
(№99) ダリの『巨人イエス』
(№101) ゴーギャン『黄色いイエス』

第6章 現代・キリスト教の存在意義が問われる時代
■ヒッピー文化の中のイエス <ほか全10項目>
(№102) イエスは地下解放運動の凶悪なるリーダー
(№103) ヒッピー文化の精神的父H・ミラーのイエス像
(№104) G・ヘルブルガーのポップ文化の救世主イエス
(№105) ユダヤ教徒による同胞イエスの発見
(№111)イエスは物乞いのようにさまよっていた犬儒派哲学者だった
(№112) 聖骸布から血液型AB、身長181㎝の磔刑に処された男はイエス?
(№113) 聖骸布のネガ像を基にイエスの肖像画が生まれた!?
(№114) 考古学的発見により判明したT字架に手首と踵に釘打たれ、全裸で吊されたイエス
(№115) 医学者によるイエスの死因は急性滲出性肋膜炎説
(№116) 出土骨分析からイエスは広い顔、薄茶色の瞳、短い巻き毛、髭、浅黒い顔だった!?
(№117) イエスは黒人系だった!?

第7章 イエスと彼を巡る親族・弟子・女たちの謎
■イエスは十字架上で絶命しなかったのか? <ほか全9項目>
(№121) 十字架を代わりに担いだクレネ人シモンが身代わりで処刑された
(№123) イエス復活説を巡るさまざまな奇伝(a~g)
(№129) イエスはユダヤ人ではなかった
(№132) 西アジアの共通語アラム語を話していたイエス
(№133) イエスは陽気で大酒飲み、食い意地の張った男だった?
(№134) マグダラのマリアが妻だった
(№137) 不貞の子イエスを生んだのか、母マリアを巡る異伝群
(№138) タルピオット出土の骨箱銘文が証す「イエスには妻マリアと息子ユダがいた!?」
(№140) マグダラのマリアはイエス信仰の創始者だった
(№143) イスカリオテのユダはメシアの業を行なわせるために裏切った
(№146) 新発見のコプト語写本「ユダの福音書」はイエスに選ばれた真の使徒だとする
(№147) ユダは先行するキリスト教団の創始者だった
コラム(№148) イエスは日本に来て死んでいた?

エピローグ 映画の中のイエス
(№150) 『パッション』
(№151) 『キリスト 最後の誘惑』
(№153) 『ジーザス・クライスト・スーパースター』

巻末資料:古今イエスの顔画像60選

※ 本作は、(2017年6月3日発売予定の)『イエス・キリストの正体100の謎』の項目&画像フル装備姉妹版です

【著者略歴】1957年、埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学卒。
著書は『封印されたマリアのキリスト教』『解読された聖書とイエスの謎』ほか多数

イエス・キリストの正体 100の謎: << イエスの正体を、100の謎・疑問に整理して切り口とし、古代~現代の通説・異説・最新学説を交えて徹底究明 / 新約聖書福音書を含む2000年に渡る関連諸説&情報を網羅的に紹介 >>

2000年に渡り厚いベールに覆われたイエスの真実の姿・正体を追い求めて、100の謎・疑問に整理して切り口とし、古代~現代の通説・異説・最新学説を交えて多角的に分析し、徹底究明。

【概要】
①.一個の人間イエスが、どのような経過を辿って、救世主、神の子、神ヤハウェそのもの、果てには宇宙の支配者へと上り詰めるまでに、唱えられたさまざまな諸説から始まって…
②.教会全盛の世にさまざまな異説が唱えられましたが、正統教義も含め、主要な物すべてを拾って紹介。イエスを難じる諸説は誰もが初耳で、刮目することことでしょう。あるいは歴史の片隅に秘された驚くべき古代から伝えられた伝承に至るまで。
③.避けて通れないのが、妻ではと囁かれるマグダラのマリアと裏切り者ユダの問題。近年発見された3世紀のコプト語写本「ユダの福音書」も含め、それぞれページを割いて究明します。
④.データ量は1MBほど。

————————————
【章タイトルと小見出し項目リスト】(一部抜粋)

プロローグ
 №1 現代の標準的な欧米人の抱くイエス像とは?

第1章 古代・キリスト教揺籃期におけるイエスの謎
 №2.どのように3つの共観福音書はイエスを描いているのか?
 №3.どのように第4の福音書「ヨハネ福音書」はイエスを描いているのか?
 №4.聖パウロは、どのようにイエスを思い描いていたのか?
 №5.どのように『新約聖書』の中でも特異な「ヘブル人への手紙」は、イエスを描いているのか?
 №7.なぜ、預言者イザヤはイエスとおぼしき「第2のモーセ」の出現を予言したのか?
 №8.イエスの受難は罪を贖うため民に捨てられる定めの悲劇だったとは、なんなのか?
 №9.なぜ、預言者たちは「第2のダビデ」たるキリストの出現を説いたのか?
 №10.本当に、預言者ダニエルが予言した雲に乗ってやってくる「人の子」はイエスなのか?
 №12.なぜ、福音書のプロットは預言者エレミア伝承と酷似しているのか?
 №13.本当に、治癒や奇蹟を行なう当時の行者伝承はイエスの奇蹟伝承の原形なのか?
 №14.どのように、イエスの像は布教のため取り込まれたエジプト神話で補強されたのか?

第2章 キリスト教の発展期におけるイエスの謎
 №15.ローマ人が史書に記した帝国の治安を乱す輩クレストゥスとは、どんな人物像なのか?
 №16.なぜ、イエスはソクラテス、ピタゴラスに並ぶ3大賢人の一人と見なされたのか?
 №18.アラム語版『ユダヤ戦記』の描く〝支配しなかった王イエス〟とは、なんなのか?
 №19.なぜ、古代最大の異端グノーシス派は超観念的なイエス像を説いたのか?
 №22.外典「トマス福音書」が列記する100余の教えの文言は、本物なのか?
 №24.ユダヤ教徒が伝えるイエスは魔術師だったとは、なんなのか?

第3章 中世・キリスト教全盛期におけるイエスの謎
 №26.そもそも正統教会は、どのようにイエスを定義づけていたのか?
  ■後に壮絶な神学論争を招いた「使徒信条」の曖昧さ
 №27.正統教義が確立するまでに、どのようなイエス像が説かれ、論争されたのか?
  ■イエスは神なのか、人間なのか?
  ■信仰と理知との妥協的融和の産物が現行のイエス像
  ■どうあっても唯一神教を冒すイエス像
 №28.なぜ、「神の母マリア」信仰を擁護するためイエスのイメージは曖昧にされたのか?
 №30.3世紀に勃興したマニ教の説く〝光の子の解放者イエス〟とは、なんなのか?
 №31.教父たちが説いた〝ダビデ王はイエス出現の予型だった〟とは、なんなのか?
 №33.プラトンはイエス以前のキリスト教徒で、十字架刑を予言したとは、なんなのか?
 №34.本当に、ローマの詩人ウェルギリウスはイエス誕生を予言していたのか?
 №35.なぜ、正統教会によってイエスは宇宙の帝王、創造主にまで高められたのか?
 №36.なぜ、イエスはホームレス的放浪生活を送る修道士だったと低められたのか?
 №37.中世ユダヤ教によるトレドス・イェシュ伝承のイエス私生児説とは、なんなのか?
 №38.絵画に登場するイエス
  d.「宇宙の支配者イエス」
 №39.古代末期に登場した新たなイエスのイメージ
  f.苦しみに引き裂かれる十字架上のイエス
  g.神を抱くマリア信仰の表徴、聖母子像

第4章 近世~近代・揺れるキリスト教の時代におけるイエスの謎
 №40.なぜ、宗教改革家ルターはイエスを姦淫を犯した並みの男と説いたのか?
 №41.なぜ、ルネサンスの巨匠たちは宗教的感情にかけるイエスを描いたのか?
 №42.なぜ、啓蒙思想家ヴォルテールは、神聖を剥奪した卑小なイエスを説いたのか?
 №43.奇蹟や復活は錯覚か幻だったとする近代理性主義者の合理的解釈とは、なんなのか?
 №44.なぜ、近代理性主義はイエスから奇蹟神話を除去し、存在まで抹殺したのか?
 №45.どうイエスを理解・認識するがゆえに、フリーメイソンはカトリック教会に忌み嫌われたのか?
 №46.なぜ、ロマン派の詩的・芸術的感性はイエスの息を吹き返させ得たのか?
 №49.なぜ、哲学者ニーチェはイエスは〝自由な精神の持ち主だった〟と唱えたのか?
 №50.文豪ドストエフスキーが作中で描いた大審問官とイエスの対決とは、なんなのか?
 №51.なぜ、文豪トルストイはイエスを〝無暴力主義的解放者だった〟と唱えたのか?

第5章 20世紀・キリスト教衰退の時代におけるイエスの謎
 №53.シュバイツァーが説いた神に降臨を強いるために自らを犠牲にしたとは、なんなのか?
 №54.なぜ、その一方で「イエスの正体究明はきわめて困難だ」とする様式史学が生まれたのか?
 №56.いかなる根拠で、R・アイスラーは「イエスは武力革命家だった」と唱えたのか?
 №59.なぜ、小説家カミュはイエスは「憂愁の無神論者」だったと説いたのか?
 №60.なぜ、哲学者ヤスパースはイエスの公生活は古代最大の実存主義劇だったと説いたのか?
 №62.イエスはリビドーの浄化を教えた最大の精神科医だったとは、どういう意味なのか?
 №63.本当に、エッセネ派や「死海写本」の研究者が説く〝義の教師〟だったのか?
 №65.代表的な武力革命家説が説くように、イエスは独立革命闘争のリーダーだったのか?
 №67.日本の武力革命家説が説くように、担ぎあげられ乗ってしまったメシアだったのか?
 №68.本当に、福音書の伝承は仏典のブッダ伝承を基に作られたイミテーションだったのか?
 №69.なぜ、小説家遠藤周作は「何もできない無力な永遠の同伴者」だったと唱えたのか?
 №70.20世紀絵画の中で表現されるイエス

第6章 現代・キリスト教の存在意義が問われる時代におけるイエスの謎
 №71.なぜ、ヒッピー文化の論者は地下解放運動の凶悪なるリーダーだったと唱えたのか?
 №74.なぜ、イエスは物乞いにしてさまよう犬儒派哲学者であらねばならなかったのか?
 №75.復元された犬儒派の賢者イエスの教えとは、どのような内容なのか?
 №76.本当に、トリノの「聖骸布」に残る血液型AB、身長181㎝の磔刑者はイエスなのか?
 №77.なぜ、「聖骸布」のネガ像を基に長髪で髭を生やすイエスの肖像画が生まれたのか?
 №79.なぜ、現代の医学者が推測するように急性滲出性肋膜炎が直接の死因となったのか?
 №80.本当に、広い顔、薄茶色の瞳、短い巻き毛、髭、浅黒い顔を持つ黒人系だったのか?
コラム №82.本当に、イエスは紀元1世紀にタイムスリップした未来人だったのか?

第7章 イエスの復活と彼を巡る親族・弟子・女たちの謎
 №84.復活の奇蹟を巡るさまざまな奇伝は、何を意味するのか?
 №85.本当に、弟子たちがイエスの幻を見たことから復活神話は生まれ得たのか?
 №87.本当に、イエスはナザレ村生まれの農業者兼大工だったのか?
 №90.本当は、陽気で大酒飲み、食い意地の張った男だったのか?
 №91.イエスは独身だったのか? それとも妻帯者だったのか?
 №92.マグダラのマリアはイエスの妻だったのか?
 №93.なぜ、イエスに兄弟姉妹がいたことが伏せられてきたのか?
 №94.本当に、母マリアは夫ヨセフと一度も交わらなかった永遠の処女だったのか?
 №95.実在のローマ軍兵士アブデス・パンテラは不貞の相手で、イエスの実父なのか?
 №96.本当に、タルピオット出土の骨箱銘文が言うように妻マリアと息子ユダがいたのか?
 №97.なぜ、マグダラのマリアはイエス信仰の創始者だったと言えるのか?
 №98.なぜ、イスカリオテのユダは師イエスを裏切ったのか?
 №99.古写本「ユダの福音書」が示すユダはイエスに選ばれた真の使徒であるとする記述は、信頼できるのか?
コラム №100.イエスは日本に来て死んでいた?

※ 本作は『古今の資料が証すイエス・キリストの謎と正体 諸説 ミニ百科』の項目・画像を厳選したベーシック版です

【著者略歴】1957年、埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学卒。フリージャーナリスト。
著書は『封印されたマリアのキリスト教』『解読された聖書とイエスの謎』ほか多数

【音声付】聞き流すだけで英語をマスター ヨハネの福音書 初級~中級用

【ラジオショッピングでのヒット商品を電子書籍化】
【音声付(録音時間約4時間半)、日本語→英語の順、細かい区切りで進んでいく英語教材】
CD版(全巻CD4枚、紙の本付)だと8300円(+税)の商品を電子書籍なら半額以下で提供。

●音声付 手軽にインターネットを通じて音声を聴くことができます。また音声ファイル(mp3)をパソコン、タブレット、スマホ、ミュージックプレーヤー等に一括保存し、インターネットを介さずに聴くことも可能です。英語部分はアメリカ人が、日本語部分は日本人が発音しています。
●日本語→英語] 英語→日本語の順の従来型学習は、日本語が頭に残るだけで、英語が頭に残りませんでした。本教材は日本語→英語の順なので、英語がよく頭に残ります。また日本語が先に来るので、辞書なしでもすいすい進んで行けます。
●[細かい区切り] 少しずつ区切りながら進んでいきますから、スラスラ頭に入ります。
●[英語の語順のまま] 英語の語順のまま頭に入ってきますから、英語感覚がすぐ身につきます。関係代名詞も、後ろから訳したりしません。文頭から訳していく同時通訳方式です。
●[単語調べもワンタッチ] 辞書なしでも大体の意味はわかるようになっていますが、英単語の正確な意味や発音を知りたい場合は、Kindleの場合ですと、単語上を長タッチすると表示されます。

【内容】
Bibleがわかって初めて英文学の深みがわかる。わかりやすいTodays English Versionで学ぶNew Testament(新約聖書) 。「はじめに言葉があった」「真理はあなたを自由にする」等の句で有名な「ヨハネの福音書」を題材に、イエス・キリストの生涯と教えに親しみます。文章も英語も意外に読みやすいです。小分割/和英順テキストのみを収録(日本語→英語の交互文のみ)。

【サンプル】
 それから人々はみな家に帰った Then everyone went home, しかしイエスはオリーブ山へ行かれた but Jesus went to the Mount of Olives.
 次の朝早く Early the next morning イエスは神殿に戻られた he went back to the Temple. 人々はみなイエスのもとへ集まってきた All the people gathered around him, イエスはすわって and he sat down 彼らに教え始められた and began to teach them.
 律法の教師たちと The teachers of the Law パリサイ派の人々が and the Pharisees ひとりの女を連れてきた brought in a woman 姦淫をしているところを捕らえられた女である who had been caught committing adultery, 彼らは彼女を皆の前に立たせた and they made her stand before them all.
 「先生 Teacher, 」彼らはイエスに言った they said to Jesus, 「この女は this woman 姦淫の現場で捕らえられたのです was caught in the very act of committing adultery. 律法の中で (預言者)モーセは命じました In our Law Moses commanded そのような女は石打ちの死刑にされなければならないと that such a woman must be stoned to death. さあ Now, あなたは何と言いますか what do you say?」