おすすめの「三島 和夫」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「三島 和夫」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「三島 和夫」

やってはいけない眠り方

「8時間が理想」「成長ホルモンのために22時には寝たい」「体内時計は25時間で1日」「睡眠不足は休日の寝だめでリセット」「眠れなくても横になれば疲れがとれる」「寝つけなければヒツジを数える」…なんと、どれも間違いだと医学的に分かってきました。最適な長さや、朝型・夜型にも個人差・年齢差が大きいのが睡眠。自分に合ったスタイルと、よりよく眠れるポイントを、テレビでも人気の第一人者がわかりやすく一冊に。睡眠障害や不眠の人だけでなく、眠りの質を上げて仕事や生活のパフォーマンスを上げたい人も必読の決定版です。

朝型勤務がダメな理由

2015年夏から国が主導して一部の公務員に導入された「朝型勤務」は医学的にはまるでダメ、睡眠グッズやバイラルメディアには適当な記事が多い、短時間睡眠法も科学的にはNO・・・・歯に衣着せぬ「戦う睡眠学者」が睡眠に関する古い常識や嘘を赤裸々にあばきつつ、質の高い眠りを得るためのさらなる真実を解き明かします。
『8時間睡眠のウソ。』を深化させた、著者の決定版です。

不眠の悩みは解消できる! (1) 眠りたいのに眠れないあなたへ (impress QuickBooks)

満足のいく眠りのための正しい方法

日本人の3人に1人は、睡眠に関する問題を抱えているという調査結果があります。
しかし、不眠で悩む人の中には、不眠症ではないケースも多くあるのです。
また、眠るための誤った習慣が不眠を引き起こしているというケースも。

本書は、睡眠研究の権威である著者が、不眠で悩む方に、
眠りの仕組みとその正しい方法、そして不眠症の治療法を
科学的データ、エビデンスに基づいてわかりやすく解説します。

第1巻は「不眠の代表的な症状と基礎知識」について。

▼目次

1 眠りたいのに眠れない

 ・三人に一人が睡眠に問題
 ・眠らなくなった日本人
 ・睡眠は年齢とともに変化する
 ・自分の睡眠をよく知る
 ・不眠には原因がある

2 こんな症状ありませんか?

 ・ケース1「夜中に目が覚めるようになった」
 ・ケース2「不安がきっかけで寝つきが悪くなった」
 ・ケース3「どうしても〈夜型〉が治らない」
 ・ケース4「暇で昼寝。夜眠れない」
 ・ケース5「異動で慣れない仕事。倦怠感と不眠」
 ・ケース6「酒量は増えたが眠れない」
 ・コラム 8時間睡眠が健康によい?

不眠の悩みを解消する本

日本人の3人にひとりは睡眠に関する問題を抱えているという調査があります。睡眠は健康そして生活の質(QOL)に大きな関わりがあります。しかし、不眠で悩む人の中には、不眠症ではないケースも多くあります。また、眠るための誤った習慣が不眠を引き起こしているというケースもあるのです。
本書は、睡眠研究の権威である著者が、不眠で悩む方に、眠りのしくみと、その正しい方法、不眠症の治療法を科学的データ、エビデンスに基づいてわかりやすく解説する本です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

8時間睡眠のウソ。

本書では、睡眠の悩みを抱える作家が最前線で活躍中の第一人者に直撃。睡眠に関わる多くの疑問に焦点を当て、睡眠科学の確かなエビデンスに基づく「正解」を詳しく紹介しています。日本人の5人に1人が睡眠の問題を抱える悩ましい現実とともに、驚きに満ちた睡眠の本質が明らかに。不眠症の「眠らない治療法」をはじめ、パフォーマンスの向上だけでなく、生活の質の向上をもたらす理想の睡眠への理解が深まります。睡眠に悩む方々のための必読書、ぜひお読みください。