おすすめの「久保田 競」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「久保田 競」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「久保田 競」

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング (角川SSC新書)

「ゆっくり走る」注目の最新走法、スロージョギングと脳の関係を、最新脳科学の見地から分かりやすく解説。ウルトラマラソンから短距離まで、トップアスリートにも認められるフォアフット走法を取り入れたスロージョギング。具体的な走法のコツとメリットも分かりやすく解説。 ●第一章 仕事の効率が上がる具体例 ~人生が変わる、仕事が変わるスロージョギング15の効果~ ●第二章 まずは毎日15分自分のペースで走る ●第三章 走ることが脳に効く最新脳科学的エビデンス ●第四章 スロージョギングの体への効能 ●第五章 さらに仕事ができるようになる! スロージョギングにプラスしたい脳に効くエクササイズ

バカはなおせる 脳を鍛える習慣、悪くする習慣 (アスキー書籍)

脳トレで有名な川島隆太先生の師である、脳機能の日本最高権威がついに語る!!! 世の中の脳の情報、脳の本のほとんどは信用できない! 『バカの壁』の養老孟司氏、TVなどで話題のゲーム脳/ネット脳、脳トレの川島隆太氏、『進化しすぎた脳』等の著者である池谷裕二氏など多彩な話題について、脳の働きの分野の最高権威がついにその真相を語る! そして真に脳の働きが良くなる毎日の過ごし方とは? 人生の各年代において脳を最高に発達させる習慣とは? 思考、スポーツ、芸術の力を高め、健康・長生きになる最新ノウハウを、日本のトップを走る脳科学者がやさしく語る、まさに目からウロコの決定版! 人生を変える驚きの最新テクニック満載!! 仕事、勉強ができないのは、このせいだったのか!!

あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす

「短時間睡眠本」や「朝活本」にだまされるな!
「6時間半睡眠」で、人生が変わる!

競博士と「脳科学おばあちゃん」の脳科学的に正しい超「朝活」法を初公開!
「朝活歴」50年超!46歳からのジョギングで人生を劇的に変えた「走る大脳生理学者」が語る、体内時計を120%活かした超「朝活」法

いまからでも遅くない!
朝時間は自分でコントロールできる!

最新の脳科学で判明!
脳科学の最高権威がはじめて明かす驚くべき事実
◎6時間半未満の睡眠では、「心筋梗塞」「狭心症」「脳卒中」リスクが増大!
◎4時間以下の睡眠では、肥満リスクが劇的に高まる!
◎「6時間半以上7時間半未満の睡眠」が最も死亡率が低い
◎「起床後20分」が最もストレスに強い黄金の時間帯
◎早朝から頭の回転がよくなる!6種の食事
◎「快感報酬システム」で、ドーパミンを分泌する「朝活」法
◎2週間以上ストレスを受け続けると、脳の損傷が始まる!

「1日6.5時間未満の睡眠では、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病など、早死リスクが急増する!

著者は、本書で下記のとおり主張しています。
私も書店でベストセラーになっている「短時間睡眠本」や「朝活本」、そして「脳とストレス本」を読んでみましたが、あまりにも根拠が弱く、実証されていなかったり、著者が曲解している記述が多々ありました。
この本を書こうと思った動機の1つに、これらの本に対するアンチテーゼがあります。

本書では、脳科学的な見地から、みなさんにお伝えしたいことがあります。
朝スッキリとさわやかに目覚めるために、どうしても実行していただきたい大切な習慣です。

それは、朝だけでなく、前日の夜から朝にかけてのすごし方にも目を向けていただきたい、ということです。
前日の疲れを朝まで持ち越さない心地よい睡眠と、眠りへと誘う健やかな夜のすごし方こそ、「朝活」を超えた、超「朝活」のカギとなるのです。
本書では、超「朝活」のために、日々の生活のなかで取り入れていただきたい習慣や脳科学的に正しい睡眠について
、最新脳科学の研究成果を踏まえながらご紹介していきます。
特に、
■ 「7時間睡眠」を確保しないといけない理由
■ ぐっすり眠るための日々の運動習慣
■寝る前にストレスから解放される方法
■早起きすることでいいことが起こってくる快感報酬システム
について、わかりやすくお伝えしていきます。
本書を最後まで読んでいただき、脳科学的に正しい夜~「朝活」をご理解いただければ、
三日坊主のあなたでも必ず続けられる超「朝活」習慣が会得できるはずです。

【目次】※一部抜粋
◆プロローグ

「脳科学の最高権威」が初公開! 体内時計のリズムを120%活かした超「朝活」法
▼ベストセラーの〝短時間睡眠本〟や〝朝活本〟は、脳科学的に正しいのか?
 ▼最新の脳科学で判明! 7時間寝ないと、健康で長く生きられない?
 ▼「朝活」だけに目を向けない、脳科学的に正しい超「朝活」法とは?
 ▼脳は「前頭前野」で9割決まる
◆第1章
「脳科学的に正しい睡眠」に変えれば、けだるい朝が一気に変わってくる!
▼睡眠時間4時間以下の人は、肥満率が劇的に高まる
 ▼いつ走ればいいのか、朝か夜か? 食前か食後か?
★「脳科学おばあちゃん」の「朝活」カヨコラム1
◆第2章
50年以上、「朝活」を実践中!
早朝からでも脳がイキイキ活性化するクボタ式「朝活」法
 ▼「快感報酬システム」で朝を快適にする法
 ▼朝から頭の回転がよくなる! 6種の「ブレインフーズ」
 ▼驚愕の事実「起床後20分が最もストレスに強い」
★〝脳科学おばあちゃん〟の「朝活」カヨコラム2
◆第3章
「朝活」だけしてもダメ!
「朝~夜の時間」を支配すれば、46歳からでも生活習慣は変えられる!
 ▼2009年に発見されたストレスに関する驚くべき事実
 ▼脳科学的に正しい、ストレスに勝つ3種の神器

頭のいい子を育てる久保田メソッド実践指導書

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

脳科学の権威 久保田競博士の育脳理論を、
自身の子育てで実践し、見事に子どもたちを東大へ合格させ、
その育児法で多くの「ほんとうに頭のいい子」を社会に送りつづける久保田カヨ子先生。
「脳科学おばちゃん」としても世に知られるカヨ子先生と競博士夫妻が、
30年以上かけて研鑽した「久保田メソッド」の実践方法をまとめました。

頭のいい子にするために、日々の子育ての中で、
親をはじめ周囲の大人たちは何をすべきか?
赤ちゃんから幼児の感覚や知覚をきたえて、
脳をバランスよく育てるために、子どもの成長のどの時期に、
どのような働きかけをすべきか? 
頭のいい子に育つための育児法が懇切ていねいに解説されています。

もっとバカはなおせる 最新脳科学で頭が良くなる、才能が目覚める、長生き健康になる! (アスキー書籍)

「非常に読みやすく、脳を良くするノウハウ、脳を悪くする生活習慣について、よくわかった」「他の類書と違い、科学的根拠が明確に書かれていたので、納得がいったし、自分でも“きっとこれは脳に良いだろう”という応用がきいて、助かった」「世の中の脳の本、脳の番組のほとんどが信用できないと知って、驚いた!」などのご好評を多数いただいた『バカはなおせる』の第二弾。前作発売からの四年間に得られた「脳科学の最新テクニック」を、日本の脳機能の最高権威である久保田氏が惜しみなく伝授します。その内容は驚きの連続!! ドキドキしながら、やさしく読めて、人生が明るく変わります!