おすすめの「公団」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「公団」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「公団」

高速道路会社 改革と逆走と 公団民営化から5年 (朝日新聞デジタルSELECT)

旧道路関係4公団の分割民営化から5年。公団時代の高速道路建設で40兆円に膨らんだ借金を確実に返しながら、サービスを良くし、無駄な道路は造らない――。そんな理念に沿って一定の成果も見えはするが、政治に翻弄される姿は変わらない。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:4275文字/単行本換算で8ページ】

放課後リトリップ (SOUKAI SHUFU COMICS)

26歳なんちゃって女子高生の放課後限定JKライフ4コマ!

メタルカラーの時代1 (小学館文庫)

明石大橋、通信衛星からログハウスの秘密まで── 人類未踏のモノ作りに挑む技術者集団の“次世代産業革命”。

ホワイトカラーでもなくブルーカラーでもない「金属の輝く襟を持つ人々」メタルカラー。彼らこそ先端工業国日本を作り上げた主役であると、その技術開発物語を聞くシリーズ第1作。ガスの供給、橋の建設、衛星中継の仕掛け……当たり前のように行われている営みの裏に、「文明」を支え進化させるべく努力を重ねてきた人達がいた。対談の場に現れた無名の技術者一人一人の仕事のなかには、想像をはるかに越える物語が隠されていた。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

改革の虚像―裏切りの道路公団民営化―(新潮文庫)

改革潰しの張本人は小泉首相と猪瀬委員だ!小泉政権が掲げた「構造改革」の目玉、道路公団改革。3年間にわたって迷走し続けた民営化委員会の審議過程を丹念にたどり、空疎なスローガンだけの小泉首相の姿と“改革の旗手”猪瀬直樹委員の変節ぶりを浮き彫りにしながら、失敗に終った改革の内容を徹底検証する。国民を裏切った小泉改革の実態を糾明する渾身のレポート。

悪戦苦闘の果てに ─ある若い公団職員の奮闘と挫折─

省庁の出向者である高級官僚に支配される外郭団体の公団。無気力な職場環境にうんざりしつつも持ち前の情熱と探究心を発揮して孤軍奮闘する男の物語。/国境の島/メーテル様/金の探査/初めてのフイリピン/反政府共産ゲリラ/運命の女/初めてのペルー/アンデス越え/アクロバット飛行/ドクター・カリエンテ/食中毒/本物のエリート/アマゾンのダニ。