おすすめの「出版 企業」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「出版 企業」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「出版 企業」

決め手は在庫力!生き残りを賭けた経営学 ごきげんビジネス出版

「在庫力」とは何でしょうか?
ここで在庫力とは、単に在庫が豊富にある。という意味ではありません。「うちはサービス業だから、在庫なんてないから関係ないし!」と言うアナタ!
ちょっと待ってください。在庫は業種を問わず、すべての会社にあるのです。そんなバカな!?とおっしゃる方は是非第1章をご覧ください。ここでは、お金を生む経営資源のすべてを在庫と定義して、たくさんの業種・業態のわかりやすい事例を通して、すべての企業にある「在庫」に稼がせるノウハウについて、近年注目されているレベニューマネジメントの考え方までをご紹介しています。

【目次】
第1章 アナタの会社にもきっと在庫がある!?
第1節 在庫とは何でしょう。
第2節 在庫のない商売はない!?
第3節 ナイトクラブでも「在庫力」?

第2章 「風が吹けば桶屋がもうかる。は本当か?」
第1節 在庫が多いのは悪である!は本当か?-在庫が多いチャンスとリスク
第2節 在庫が多くても回転すれば良い-お金を生むスピード
第3節 在庫が増えると利益も増えるがお金がなくなる!―在庫・利益・キャッシュの関係
第4節 在庫は資産であり費用である-棚卸しの重要性
第5節 黒字倒産・勘定合って銭足らず-受注が増えても経営破たん!?

第3章 在庫には多すぎるムダと足りなすぎるムダがある。
第1節 お金が出る損失とお金が入らない損失-実際損失と機会損失
第2節 在庫と時間軸の関係-お金にならない在庫

第4章 在庫にお金を生ませるための考え方=「在庫力」
第1節 良い在庫とは早くお金になる在庫のこと-在庫回転率
第2節 売れる組み合わせを模索する-交叉率
第3節 知らずにやっている「二ビン法」って何?-発注方式と在庫管理
第4節 どちらが効率的-見込み生産と受注生産
第5節 前受金ビジネスはお得?-損益とキャッシュフロー
第6節 二着目半額!を科学する-在庫とキャッシュフロー
第7節 空気を泊めても一円にもならない-在庫力とは稼働率
第8節 在庫力とレベニューマネジメント
第9節 在庫の気持ちになって考えるーラインバランスとボトルネック
第10節 基準日程(リードタイム)を短縮すると在庫が減るーサプライチェーンマネジメント

【著者プロフィール】
著者:企業ドクター・ホリコン

株式会社グリップス代表取締役、堀内経営労務事務所代表。
(財)日本生産性本部認定経営コンサルタント、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(情報セキュリティ)、OH&S(労働安全衛生)各マネジメントシステム審査員資格取得、東京都行政書士会会員、東京都社会保険労務士会会員、日刊工業新聞社実務セミナー登録講師。埼玉県所沢市出身、日本大学理工学部土木工学科を卒業後、上場企業において技師として勤務した後独立。
企業ドクターとして、中小企業を中心に製造業のみならず、小売業、飲食業、サービス業などあらゆる業種の現場改善指導を行っている。

中国メディア戦争 ネット・中産階級・巨大企業 (NHK出版新書)

激変する中国社会の熾烈な情報バトルを庶民目線で描く

市場経済とIT化が急速に進む中国では、三億人といわれる中産階級たちがスマホで世界中の情報と商品を手に入れ、スクープやスキャンダルに夢中になり、アリババなどの巨大IT企業を支えている。SARSから天津爆発事故まで社会を揺るがした大事件を織り込みつつ、「中国の報道はプロパガンダ一色」という色眼鏡越しでは見えてこない現代中国のダイナミズムを伝える。

儲かる仕組みは、まだまだある!10%のムダを宝に変える発想力!!! ごきげんビジネス出版

アナタの会社にはムダはありますか?
無いよ!と思う方も、たくさんある!と答えた方も本書を読む価値があります。
実はどのような会社にも売上高の10%にも上るムダがあることをご存知でしたか?
このムダには、お金が出て行く実際損失とお金が入らない機会損失があって、そのムダの合計が売上高の10%にもなってしまうのです。
年商5億なら、5千万円がムダになっている計算になります。
本書ではこの皆さんが意識していない?機会損失の考え方を解説し、「宝探しゲーム」感覚で、たったの8週間で儲かる会社になれる方法を解説しています。
すぐ実践できるような具体的な例を紹介しています。

【目次】
第1章 「企業内宝探しゲームで儲かる会社になれる!」
第1節 キャッシュをどぶに捨て続けながら儲からないと嘆く会社
第2節 会社が不振だからリストラ!?安易なリストラが会社の危機を招く
第3節 決算書では見えない“儲けの要素”
第4節 「機会損失」という名のムダを定義する
第5節 会社の活動に含まれる「儲けの要素」を考えてみよう。
第6節 “タイムイズマネー”時間の本当の価値を把握できていますか?
第7節 だからアナタの仕事は“タダ働き”になる!-仕事を“付加価値”で見る。
第8節 1億円稼ぐのにどれだけかかったのか?生産性を検証する!
第9節 どのくらい忙しいの?稼働率とバラツキを測定する!

第2章 「企業内宝探しゲーム」実施ステップ
第1節 問題意識の高い「チームの編成」をする。
第2節 経営上の問題を発見・網羅していく。
第3節 「問題を改善提案」に展開する。
第4節 「全体の目標設定」をする。
第5節 「部門への目標展開」をする。
第6節 「勉強会・教育訓練」の実施をする。
第7節 「実施結果の測定と改善」をする。
第8節 そして改革は続く。

【著者プロフィール】
著者:企業ドクター・ホリコン

株式会社グリップス代表取締役、堀内経営労務事務所代表。
(財)日本生産性本部認定経営コンサルタント、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(情報セキュリティ)、OH&S(労働安全衛生)各マネジメントシステム審査員資格取得、東京都行政書士会会員、東京都社会保険労務士会会員、日刊工業新聞社実務セミナー登録講師。埼玉県所沢市出身、日本大学理工学部土木工学科を卒業後、上場企業において技師として勤務した後独立。
企業ドクターとして、中小企業を中心に製造業のみならず、小売業、飲食業、サービス業などあらゆる業種の現場改善指導を行っている。

企業の成長戦略が10時間でわかる本―――MBA式起業からIPO(株式上場)まで

★起業・MBA・IPOを10時間で学べる
★20社上場3,000社の指導実績

私は政府系の金融機関である日本政策投資銀行の銀行員として15年
政策銀行系のベンチャーキャピタルの常務執行役員などを10年
独立してベンチャー投資家、上場支援アドバイザーとして7年
その間3,000社以上の中小企業・ベンチャー企業に対して
資金調達、成長戦略、IPOの指導をしてきました。

●失敗から学んだ成長の成功法則

●最重要な成長戦略をたった1冊、10時間で学べる

●起業からIPOとMBAのエッセンスを同時に学べる

●売上が伸び悩んでいる企業の方々にも

■目次

●1時間目 起業のススメ
 【MBA Entrepreneurship】
・1 ベンチャー企業を起こそう
   起業しようとするビジネスは成長性があり、スケーラブルか
・2 起業は早すぎることはない
   学生でもビジネスマンでも、思い立ったら気軽に起業してみよう
・3 社畜からの解放、カーブアウト
   アフター5・週末起業で人生のラットレースから抜け出す
・4 ロボット、AIに奪われる職場の未来
   AIに仕事を奪われるより、AIを利用して起業しよう
・5 映画に見る「起業ストーリー」
   起業のダイナミズムを体感! ぜひ見ておきたい映画3選

●2時間目 ビジネスチャンス、スモールスタート
 【MBA Business Creation】
・1 アイデア出しとビジネスチャンス
・2 SWOT分析による起業
・3 スモールスタート
・4 損益分岐点を試算して利益予測を立てる
・5 業務委託、レンタルオフィス、税理士を活用する

●3時間目 ビジネスモデル・マーケティング戦略
 【M&A Business Models & Marketing】
・1 バリュープロポジション
・2 AIDMAの法則とSTP分析
・3 マーケティング・ミックス
・4 フリー戦略

●4時間目 これだけはマスターしたい経営戦略と成長戦略

●5時間目 これだけは知っておきたい会計知識と活用法

●6時間目 ベンチャー企業のお金の集め方

●7時間目 資金調達を可能にする事業計画と資本政策

●8時間目 組織行動と事業管理

●9時間目 内部統制の構築とIPOのスケジュール

●10時間目 IPO前後の資金調達とM&Aによるエグジット

■著者 木嶋豊

採用担当のココロを掴む!就活アピール術 Q10&アンサー ごきげんビジネス出版

就活に対する固定観念を捨てて、自分らしく就活するアピール術を伝えてます。
冒険にみえるノウハウかもしれませんが、採用担当者は均一の金太郎飴を望んではいないことと、まず知ってください。すぐに実行できそうなアピール術を会得することで、就活のためだけではなく、入社後も自分を表現するノウハウのヒント満載です。表現は会話法で、私が実際に講演や授業を行っている雰囲気を出していますので、とっつきやすい内容だと思います。
マナーの講師とは思えないようなカジュアルな表現を使っていますが、これが私の本音です。

【目次】
Q1.就活のズレ
Q2.企業研究のアピール術
Q3.エントリーシートの書き方アピール術
Q4.写真にプラス1枚のアピール術
Q5.エントリーシートの文字アピール術
Q6.身だしなみのアピール術(女子編)
Q7.身だしなみのアピール術(男子編)
Q8.ポートフォリオの活用
Q9.応対会話例
Q10.就活にエール

【著者プロフィール】
著者:自覚 真由美

ブライダルやイベント司会を経て、IT関連会社で新卒採用担当や社員研修を経験のあと2004年道株式会社設立。
登録商標のアピールコンサルタント(R)は私の発案。業務は社員研修や講演会の講師を全国33都道府県で実施済み。
また専門学校でのキャリア授業、高校での進路講演を行っていて、企業や教育機関を合わせて受講者数10万人。
さかなクントークショー司会、松居一代トークショー、アグネス・チャン講演会司会。
2011年11月には、フジTVめざましTVでのアピール術を伝授しビフォーアフターで成果が出て好評。
著書「苦手なあの人を味方につける方法」(フォレスト出版)、「好感度200%のマナー術」(中経出版)ほか