おすすめの「出版 社 名」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「出版 社 名」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「出版 社 名」

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯 (中公文庫)

明治末から大正にかけて『中央公論』主幹を務めた滝田樗陰。低迷する雑誌に文芸欄を設け文壇の登竜門にまで押し上げ、吉野作造を起用して大正デモクラシーの時代を招来した、名編集者とその時代を描く。巻末に吉野ほか谷崎潤一郎、芥川龍之介、菊池寛、山本実彦による追憶記を収録。

尾崎紅葉美辞名句集

尾崎紅葉(1868-1903)の美辞名句集!

「自然」「人生」「風姿」などに分類されて配列されています。
後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の夏目漱石につづく第二集です。売れ行きがよかったのか、国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。

国会図書館所蔵本を画像のまま電子書籍として復刻
========
表紙
はしがき 編者
目次
小傳
著作年表
自然
人生
風姿
戀愛
煩悶
執着
奥付
裏表紙

徳富蘇峰 美辞名句集

徳富蘇峰(1863-1957)の美辞名句集『徳富蘇峰美辞名句集』!

「國家」「社會」「政治」「人生」などに分類されて配列されています。
後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の第五集です。売れ行きがよかったのか、国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。
大正6年(1917)刊の国会図書館所蔵本を画像のまま復刻
=====================================
 はしがき
 德富蘇峰は操觚者として當代第一人者である。一たび『將來の日本』を出だし、一代の青年を傾倒せしめ、天下の耳目を新たにしてより、正さに三十年。此間幾多の波瀾曲折はあつたが、その緃横無碍の文章は、年を逐ふて益々精錬せられ、意を盡し情を盡し、一切の言はんとする所を盡して、而かも一字一句悉く朗々として誦するに足るものがある。而して其識見の該博なる、政治に經濟に宗教に文學に美術に、適くとし可ならざるなきにいたっては、恐らく敵も味方も、嘆稱を吝しまぬところであらう。本書は其等身の著書中より十數種を選み、連珠鏤玉の妙味あるものを集めたのである。世に文を愛し文を學ばんとするものには、之れによりて一條の光りを見るであらう
=====================================

はしがき
目次
國家
社會
政治
人生
處世
家庭
人物
天然
奥付

三宅雪嶺 美辞名句集

三宅雪嶺(1860-1945)の美辞名句集『三宅雪嶺美辞名句集』!

「自然」「宗教及哲學」「政治及社會」「修養」などに分類されて配列されています。
後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の第四集です。売れ行きがよかったのか、国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。
大正6年(1917)刊の国会図書館所蔵本を画像のまま復刻
=====================================
冒頭「小傳」より
 三宅雪嶺は實に宇宙の如き人である。そこには實に種々なる思想、樣々なる智識が網羅されて居る。單に一部分を取つて見れば、丸で反對の奉公に向けられたやうな諸説は平氣で是認提唱せられてゐる。之を以て或時は不得要領の謗りを受け、或時は又淺學俗才の評を蒙る。然しながら其れは雪嶺の一部を見て、全部を見ざるものゝ淺見である。大宇宙が有らゆる美醜善惡を包容し、有らゆる矛盾撞着を總合して、而かも其間に一貫不磨の理法を藏するが如く、雪嶺の思想も亦、大體から見れば洵に善く整頓した大組織である。
 氏は善の裏に必らず惡を見、短の反面に必らず長を見る。そこで氏の結論は、動もすれば『あゝでも無い、かうでも無い』に了つて、一見非常なる不得要領に見えるが、其不得要領こそ實は非常なる得要領なのである。
=====================================
元の表紙
はしがき
目次
小傳
自然
宗教及哲學
政治及社會
人物
修養
奥付
裏表紙

森鴎外美辞名句集

森鴎外(1862-1922)の美辞名句集!

「人」「生」「心」「世」などに分類されて配列されています。
後に社会党左派の理論家となり、「非武装中立」論を説いた山川均(1880-1916)が堺利彦の売文社の編輯局の代表だったときに作りだされた「内外文豪美辞名句叢書」の第6集です。売れ行きがよかったのか国会図書館の蔵書では第18集まで出ているのが確認できます。まさに売文!発行日は大正6年(1917)3月30日、ロシア革命の年でした。

国会図書館所蔵本を画像のまま電子書籍として復刻
========
はしがき 編者
目次
小傳
著作年表
人生
女性
宗教
學問
藝術
人間
新人
戀愛と性欲
東洋と西洋

奥付