おすすめの「分野」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「分野」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「分野」

《分野別》英単語の300問 【食べ物】

「to add a dash of soy sauce 醤油を (少量 / 多めに) 加える」、「食材の説明: shellfish valve muscles どこの部位のこと?」など、食べ物に絡めた英単語問題を300問収めたフラッシュカード型の本です。食材、調理、食べ物を使った慣用句に関する問題などを含みます。

TOEFL 分野別英単語(文系)  人類学、芸術、ビジネス、経済、歴史、文学、社会学

TOEFL受験に必須の単語を分野別に500語掲載!
本書は、人類学、芸術、ビジネス、経済、歴史、文学、社会学の必修単語について、
【単語 , 意味】の最低限の情報記載形式で作成していることから、非常にシンプルで疲れることなく学習を進めることができます。

英文校正会社が教える 英語論文のミス分野別強化編

実際に論文を書き、学会発表も行う精鋭校正者たちが贈る第2弾!

以下の英文にはミスがあります。どこが間違っているでしょうか?

(1) General anesthesia was administered to 22 patients.
(2) The objective of our study was to determine whether drug A inhibits protein deterioration in lysosomes.
(3) The term has now taken on an extensive meaning.
(4) Earthquake survivors exhibited negative affects.
(5) We report the X-band behavior of a seven-section parallel-coupled microstrip passband filter.

本書では、前作『英文校正会社が教える 英語論文のミス100』では取り上げられなかったより専門的なミスを分野別に紹介。さらに学会ポスターや研究プロポーザルといった論文以外の学術原稿のポイントについても指南します。上の英文ミスがわからなかった方はもちろん、論文以外の学術原稿を書く必要のある研究者の方にもおすすめです。

■さまざまな分野のミスを解説
「生命科学・生物医学」「人文科学・社会科学」「物理学・化学・工学」の英語論文で見られる専門用語の使い方やコロケーションなどのミスを取り上げて解説しています。

■知識定着に役立つ「校正にトライ」
分野別ミスの誤文だけを集めて掲載したコーナーを設けました。クイズ感覚で英文の間違いを探してみましょう。解説を読む前の力試しや復習にお使いください。

■論文以外の学術原稿もカバー
英文校正会社に寄せられるのは英語論文の悩みだけではありません。本書では、学会ポスター、助成金獲得のための研究プロポーザル、海外の大学や研究機関に留学する際に必要な志望動機書(SOP)などのミスも取り上げ、ブラッシュアップするためのポイントを示します。

■査読コメントのポイントも紹介
論文の著者としてだけでなく、論文の査読者として活躍している研究者の方々に向け、査読の際の留意点や査読コメントにふさわしい文体などを解説しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

《分野別》英単語の300問 【人体】

「comaとは「昏睡状態の」という形容詞 (c ) を短くしたもの」や「幼児語でtummyとはどこのこと?」など、人のからだに関する英文で見かけそうな単語について一問一答形式で300問たずねた英単語のボキャビル本です。
体の器官や動作、医療や健康、また体の部位を使った慣用句なども含まれます。

バリュー投資アイデアマニュアル ──得意分野を見極めるための戦略の宝庫

「あなたの性格に合ったバリュー投資法」を探せ!
プチバフェットになるための金鉱を掘り当てる!

著者が編集長を務めるニュースレターの「ザ・マニュアル・オブ・アイデア」は、世界の一流投資会社やマネーマネジャーにとって最先端のリサーチとアイデアを得るために欠かせない情報源であり、購読者のリストはさながら金融業界の紳士録である。このニュースレターは、トップマネーマネジャーのアイデアを凝縮した「アイデアのじょうご」であり、一流バリュー投資家が大きな利益につながるアイデアを生み出すときの頭の中をのぞかせてくれる。

本書は、この素晴らしいニュースレターをすべての投資家が体験できる機会であり、バリュー投資の最高のアイデアを探し、分析し、導入するための実績ある枠組みを提供している。100人以上のトップファンドマネジャーのインタビューに基づいた本書は、知恵の宝庫であり、ウォーレン・バフェット、グレン・グリーンバーグ、ジョエル・グリーンブラットといったスーパーバリュー投資家の思考の過程も垣間見ることができる。

本書の内容とは……
1.最低条件を満たす20以上の投資アイデアを検証し、独自のランク付けによって3~5つの最も魅力的なアイデアに絞り込むための方法
2.バリュー投資の魔術師が安くて良い株を探すためのさまざまな方法――例えば、ベンジャミン・グレアムの「しけモク」戦略やジョエル・グリーンブラットの「魔法の公式」など
3.そのほかのテクニック――隠れた資産を持つ会社への投資、小型株や超小型株投資、イベントドリブン投資、スタブ株投資、外国でのバリュー投資など
4.そのほかのたくさんのアイデア

本書のテーマである素晴らしいアイデアは、投資の活力の元である。これを読んで、利益につながる新しい独自のバリュー投資のアイデアを生み出す方法を学んでほしい。