おすすめの「医学 の 友 社」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「医学 の 友 社」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「医学 の 友 社」

主婦之友 第一巻 第一號

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
電子出版物には、現代では使用されなくなった表現や、差別的表現と受け取られかねない表現が使用されている場合もありますが、
これらは作品の時代背景や当時の事情を考慮し、かつ作品性・資料性を尊重するため、初出をもとに収録しております。
作品には差別的意図がないことをご理解いただけますようお願い申し上げます。

2017年主婦の友社は100周年を迎えます。
それを記念して大正6(1917)年2月に刊行された『主婦之友』の創刊号を電子化しました。
『主婦之友』は全国各地で大正デモクラシーが叫ばれる時代、東京家政研究会の創立者・石川武美によって大衆層の生活に根ざした生活技術啓蒙誌として創刊。
創刊号は、新渡戸稲造の『夫の意気地なしを歎く妻へ』をはじめ、
『お金を上手に遣う五つの秘訣』『共稼で月収三十三圓の新家庭』
『手軽な経済料理法』など現代においても興味を惹かれる記事が満載されています。
当時の人々の生活が瑞々しく感じられる貴重な史料ともなっています。
いつの時代も、読み手に寄り添う存在でありたいと、本を作ってきた主婦の友社の原点がここにあります。

すぐわかる肝臓病と肝臓強化法 (主婦の友実用No.1シリーズ)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

落ち込んだ肝機能をしっかり立て直し、
肝臓を自力で強化する、食事・動作など方策がぎっしり。
C型肝炎など肝臓病の最新治療の解説も充実している。
《本書の内容》
★PART1・肝臓病はなぜ起こる、どう治療する/
★PART2・弱った肝臓を癒し立て直す食事メニュー/
★PART3・肝臓をしっかり守るお酒の飲み方と生活のコツ
(おすすめつまみと避けたいつまみ・食後のごろ寝・半身浴、など)/
★PART4・肝臓を強化する特効食材
(枝豆・納豆・緑茶・まいたけ・にんにく・ごま・カキ・シジミ・レバー・
ウコン・血合いの多い魚・オルニチン、など)/
★PART5・飲んで食べて弱った肝臓を元気にするコツ
(みそにんにく・冷凍シジミ・梅酢ドリンク・干ししいたけ酒・赤汁・しそジュース、など)/
★PART6・肝機能を高める簡単動作とマッサージ
(腕振り体操・足首トントン・骨盤背骨ねじり・耳まわし・おなかのツボ刺激、など)

読むだけで睡眠の質がよくなる100のコツ 決定版

なんとか眠りたいという人のために、
睡眠のメカニズム、体のバイオリズムに基づいた早寝早起きの実践法、
快眠獲得のための運動や呼吸法、体の内側から眠りのリズムを作る飲み物や食べ物、
安眠のツボを刺激するマッサージ、
心身をリラックスさせる就寝前の入浴法、
安眠を約束する知識をきめ細かく網羅しています。
できるだけ自然に眠りたいといっても、時には睡眠薬をうまく利用することも必要なので、
薬に関する正しい知識にも触れており、
また、眠りすぎるナルコレプシーや過眠症、睡眠時無呼吸症候群も深刻な問題ですが、
今は薬や器具で治療ができることも紹介してあって、不眠とともに幅広い睡眠障害を解消する虎の巻として役立ちます。

花が咲かない、うまく育たないのはなぜ?という疑問が一気に解消する本

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

植物を育てていると、
「なんでうちのパンジーは元気に育たないんだろう」とか
「バラが病気ばかりするんだろう」
「よその家と比べてなんで花がたくさん咲かないんだろう」などなど…悩むことがしばしば。
基本的な植え方、水やりの仕方、肥料のやり方、
日当たりや土など生育場所の問題、
花木類の剪定方法など、原因はさまざま。
この本は、実際の相談者から寄せられた悩みをもとにしているので、
より具体的な回答が得られるというのが特徴。
草花、花木、果樹、観葉植物といったそれこそ身近な植物の悩みについて
Q&A形式で質問に答えています。
これ1冊あれば、庭やコンテナんで育てている植物の悩みは一気に解消します。

血圧にぐぐっと効く生活習慣

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

高血圧は命にかかわる病気を引き起こす危険を秘めているのに、表面では物静かで自覚症状に乏しいところが特徴です。
そんな血圧を下げる決め手は、生活や食事の自己管理!
自分で自分の健康状態を管理するという意識を持つことが大切です。
血圧が下がる「食べ物・食べ方のコツ」をはじめ、「生活上の注意点」「手軽にできるツボ療法・体操」、
「漢方薬・民間薬の用い方」「降圧薬の正しい飲み方」など、血圧を上手にコントロールする日常生活のコツをわかりやすく紹介します。
●序章>血圧の基本について 
●第1章>毎日口にする食べ物で血圧を下げるコツ 
●第2章>血圧が確実に下がる食べ方の知恵と減塩のコツ 
●第3章>毎日の暮らしの中で無理なく血圧を下げるコツ 
●第4章>ツボ刺激、体操などで長年の高血圧を解消するコツ 
●第5章>高血圧を下げるおいしい食事など