おすすめの「医療 情報」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「医療 情報」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「医療 情報」

2015年度版 医療情報技師 短期合格法: 初学者が仕事をしながらでも1カ月で合格できる!

医療情報技師試験の合格を目指す方は、学習前に必読!
直前に、5つの合格テクニックを読むだけでも得点アップに効果!

徹底的な過去問傾向分析から、医療情報技師試験に短期合格するめの学習方法やノウハウを紹介。
問題文だけでは正解は導けない問題も出題される!解くための「前提」を紹介。
IPA高度情報処理技術者も苦戦する情報処理技術系の問題の矛盾と解き方を紹介。
その他、合格するための情報が満載。

<目次>
1.医療情報技師とは
2.資格の社会的価値
  ⇒現場・現実の価値を説明。
3.試験要項
4.試験の統計情報
  ⇒公開されている統計情報の考察の他、受験に役立つ
  統計情報を掲載。
5.出題傾向
  ⇒科目毎の出題傾向分析を掲載。出題頻度(件数)は、
  医療サブノートの目次体系に沿っているため、重要な
  箇所のみ学習可能。
6.短期間で合格できる学習方法
  ⇒必要な教材と理由を説明。合格に必要な範囲に絞って
  効率的に学習が可能。また、初学者と経験者別に、
  具体的な学習計画を事例とともに説明。
7.差が付く合格テクニック
  ⇒他の受験生と差が付く、5つの合格テクニックを説明。
  出題例をもとに難問・奇問の攻略方法を説明。

<本書の特徴>
 ・現場を通じて知り得た医療情報技師の社会的価値を説明
 ・初学者でも仕事をしながら1カ月で合格する学習方法を説明
 ・他の受験者と差が付く、得点を伸ばすノウハウを説明

<読んで頂きたい方>
 ・医療情報技師が就職や転職に役立つのか知りたい方
 ・医療情報技師の学習方法がわからない方
 ・合格するために、どの教材(だけ)を購入すればよいかわからない方
 ・初学者であっても短期間(1カ月)で合格したい方

<筆者>
 技術経営学修士(MOT)取得。医療情報技師認定試験合格。
 プロジェクトマネージャ(高度情報処理試験)取得。

アメリカ大学院留学 A to Z ~医療従事者編~: 直結!ナマ情報満載!!

留学準備から現地生活まで、アメリカ大学院留学の為の全ての「壁」を取っ払う具体的かつ最新情報満載!情報価値150万円以上!!筆者がこれまで実際に多大な費用と労力を費やして得てきた、他では得られない、ナマの情報を提供します。

日本のプロスポーツ選手や著名人が日本ではなくアメリカで医療を受けるこの事実の背景には、自他ともに認めるアメリカ専門職の人には最先端の知識と科学的根拠に基づいた確固たる技術があるからです。なぜそうなのか?それは日米教育の大きな差に他なりません。
近年、アメリカで学ぶことに憧れる医療従事者が増えています。しかし言語・文化・様々なシステムの違いなどから「アメリカで学びたいけど、どうしたらよいのかわからない」と後退りしてしまう人が多いのも現実。さらに具体的な情報が未だにインターネット上でもほとんど無いということも留学への大きな弊害に他なりません。

筆者は平凡な家庭育ちの日本人で、渡米を決意した20代後半の頃は全く英語なんて喋れませんでした(今も大したことありませんが)。当時、医療従事者向けの「具体的な」アメリカ大学院留学情報は皆無でしたので、いろいろと体当たりしながら(余計な費用・労力を使いながら)自分で情報を「作り」ながら準備を進めていきました。結果、2013年に留学を果たし、現在はカンザス大学メディカルセンターにてPh.D (Doctor of Philosophy) in Physical Therapy and Rehabilitation Scienceに 在籍しています。

世界を牽引するアメリカの高度専門教育。実際体験しないとわからないその質の高さ。毎日がそれまで日本では経験できなかったことの連続。アメリカ大学院留学、もし少しでも興味があるなら、挑戦すべきです。その世界にはあなたが求めていたモノ以上のものがあります。

2015年度 医療情報技師 予想問題集(医学・医療系)

2015年度向け医療情報技師試験の予想問題集。
過去問から出題傾向を分析して作成された問題集。

<本書の特徴>
・本番の試験と同じ出題形式。
・過去7年間の試験問題より、出題傾向を分析して作成。 
・解説を充実させ、問題文が変わって出題されても解ける力を身につけられる。

<筆者>
技術経営学修士(MOT)取得。医療情報技師認定試験合格。
プロジェクトマネージャ(高度情報処理試験)取得。

医療基礎能力検定試験3級対策講座:パソコン編

医療の基礎能力に関する第2弾!3級に対応した内容でありながら、パソコンの勉強をしている方なら誰でも必要となるテキストです。
特に、医療に携わるのなら、パソコンのスキルは必須です。ただ単にワードが出来る、エクセルが出来るのではなく、現場で仕事が出来るかということです。このテキストには、独学の方ではなかなか習得できないような、現場主体のスキルが満載しています。色々な方々から質問されたり、指南したりしたノウハウを、ここに集結しております。
この後も、3級に対する対策用テキストを、どんどん作成しアップします。ご期待ください!

もしも、がんが再発したら ― 本人と家族に伝えたいこと

「不安が小さくなりました」
がんの専門家と体験者がともにつくった本

もしも、がんが再発したら――患者や家族・支援者はどのように再発を受け止めるのでしょうか。また、どのような治療法や支援サービスが用意されているのでしょうか。

患者の方々に寄り添い、支えることの助けとなることを目指して、実際に再発がんを体験された方々とともに「信頼できる情報で、わかりやすく、役に立つもの」をまとめました。
心構えのこと、病気や治療の知識から、費用・支援制度・療養に役立つヒントまで、がん患者さんとご家族にとって必要な情報がまとまっています。

● 自分の気持ちと上手に付き合うためのヒント
● 体験者や家族の病気との向き合い方
● 治療の知識や支援の仕組みをわかりやすく解説