おすすめの「句集」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「句集」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「句集」

尾崎放哉選句集

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

覚えておきたい極めつけの名句1000 (角川ソフィア文庫)

子規から現代までの名句を、自然・動物・植物・人間・生活・様相・技法などのテーマ別に分類。他に「切れ・切字」「俳句と口語」「新興俳句」「季重なり」「句会の方法」など、実作者必携の知識満載の名句集。

青芝 日野草城第2句集

原本出版年:1947 原本出版者:宝書房
本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適化し制作したものです。
Kindle本を制作するにあたり、原本からの修正を最小限の処理にとどめております。そのため、古書特有のページのきず、汚れ、ページの欠落などもそのまま残っている場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。
Kindle本の内容は、無料サンプルをダウンロードしてご確認いただけます。

飯田蛇笏全句集 (角川ソフィア文庫)

〈春めきてものの果てなる空の色〉
〈くろがねの秋の風鈴鳴りにけり〉
〈誰彼もあらず一天自尊の秋〉

郷里甲斐の地に定住し、雄勁で詩趣に富んだ俳句を詠み続けた飯田蛇笏。格調高く、気魄に満ちたその作品群は、現代俳句の到達した一典型として俳句史に足跡をとどめて他の追随を許さない。第一句集『山廬集』から遺句集『椿花集』まで、既刊9冊の句集を完全収録する初の文庫版全句集。略年譜、季題索引付き。 
解説・井上康明

(目次)
山廬集
霊芝   
山響集
白嶽
心像
春蘭
雪峡
家郷の霧
椿花集
解説 井上康明    
略年譜
季題索引

川柳句集 千羽鶴

大空に解き放たれた、川柳という名の千羽の鶴たち。遠い恋の思い出、愛する家族のこと、妻として母としての自分、日々の暮らしで生まれる心の葛藤を詠んだ「第一章 約束はまだ」。70歳まで現役で看護師として務めていた著者が医療現場で経験したこと、感じたことを、川柳というフィルターに通して、時に臨場感あふれる十七音として綴られた「第二章 靴の音」。平成8年開催の国民文化祭とやまの文部大臣奨励賞受賞作《立ち直るチャンスを呉れた平手打ち》が収録された「第三章 夢の途中」。

妻だからいつも味方と限らない
ひとつでは無力だと知る千羽鶴
立ち直るチャンスを呉れた平手打ち
それなりの秘話もあります皺の数
羽根ひとつ眠らせてあるノラの家
胸中のほたる温存して暮れる
天の川君を探してくたびれる
雪の白宥めることも知っている
人間を少しぼかして撮るさくら
家計簿がピタリゆっくり眠れそう