おすすめの「回想」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「回想」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「回想」

回想 開高健 (ピーエイチピーブンコ)

敗戦の傷痕が残る昭和25年、冬の大阪。「タニザワさんですかっ、ぼくカイコウですっ」。著者と開高健の交遊は初対面としては少々奇妙なこの一言から始まり、平成元年12月、開高が亡くなるその日まで続いた。開高が読みたいといえば、その本を自腹を切って購入し貸し与え、開高の小説「パニック」が昭和33年1月の芥川賞候補になれば、居ても立ってもいられず店じまいまで酒を飲み、早朝、受賞を知るや「放心」してしまう著者。言うことは何でも聞き、することは何でも許す、わずか1歳年長である著者の開高に対する母性のような友情……。それを支えたものは、身近に才能を見ることへの喜び以外の何物でもなかった。そんな友情を結べる友をもつことは、まさに人生の至福だったろう。「開高健が、逝った。以後の、私は、余生、である」。本書の最後はこう結ばれている。生涯の友が「傑出した個性」との40年の交遊を綴った、感動の回想録である。

侍従長の回想 (講談社学術文庫)

2014年における史学界最大の話題は『昭和天皇実録』の完成でした。天皇裕仁の一生と「昭和」という時代をいかに描き、評価するか……。この点において『実録』編纂者の苦心は並々ならぬものがあったと思われます。同時にこれを読む側も眼光紙背に徹する必要があります。そのためにもマッカーサーとの会見など『実録』の資料ともなった本書『侍従長の回想』はきわめて重要なものです。多くの読者の目に触れることを願います。(講談社学術文庫)

昭和時代回想 (集英社文庫)

かつて、この国には「昭和」という時代があった。そして「戦後」や「高度成長」という風景も。敗戦後の発展途上国から自意識に悩む中進国、そして虚栄に踊る先進国へとつき進んだ数十年間。いま日本に生きるわれわれの大多数が生まれ育ってきた、あの長い昭和時代とは果たして何だったのか。希代の名文家が、過ぎ去った忘れ得ぬものたちへのほろ苦い思いを込めて描き出す珠玉のエッセイ集。

旅人 ある物理学者の回想 (角川ソフィア文庫)

日本初のノーベル賞受賞者である湯川博士が、幼少時から青年期までの人生を回想。物理学の道を歩き始めるまでを描く。後年、平和論・教育論など多彩な活躍をした著者の半生から、学問の道と人生の意義を知る。

高橋是清 遺訓と回想: 私の生い立ちとチャンスのつかみ方

 昭和恐慌から日本経済を立ち直らせた名財政家であり、波乱万丈の人生を送ったことでも知られる高橋是清。二・二六事件で悲劇的な最期を遂げた彼の遺稿から、現代に通じる教訓と若き日の回想を収録した。豊富な人生経験から導かれた、仕事、金銭、機会についての若い人々への教え。また、生誕から、幕末の英学修行、渡米して奴隷となった話、森有礼の暗殺などの思い出を語った『私の生い立ち』(未完)など、主に若い人々に向けて語られたものである。