おすすめの「大学 物理」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「大学 物理」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「大学 物理」

頭を柔らかくする受験物理

クイズ問題を通して、高校物理を学習できる書籍です。複雑な計算は必要ないけれど、「あれ?」と悩んでしまうような問題を集めました。これらは、大学入試センター試験でよく出題される“盲点を突いた問題”です。
力学26問、熱力学20問、波動31問、電磁気学22問の合計99問とその解説を収録しました。面倒な計算は必要ないので、電車やバスの中でも学習できる、電子書籍に適した内容です。
物理が得意な人でも失点しやすい問題ですので、センター試験で高得点(満点)を目指すトレーニングとして活用していただけます。逆に、物理が苦手な人にとっては複雑な問題ではないので取り組みやすく、まずはこの本に収めた問題をマスターするだけでも得点力が確実にアップします。

大学入試対策物理「力学」(改良版)

本書は、「電子書籍の形で参考書を利用したい」という、大学入試を目指す受験生から寄せられた要望をもとに作成したものです。
集中しやすい環境を求めて、学校や予備校の自習室、図書館などを利用して勉強する受験生は大勢います。その場合、大量の(そして重たい)参考書を持ち運ぶのは大変です。そんなとき、タブレット端末やスマートフォンで利用できる「電子書籍型の参考書」があれば便利です。
また、毎日の電車やバスでの移動時間が長い受験生も多く、積算すればバカになりません。この時間を無駄に過ごしてしまうのは、受験生にとってあまりに勿体ないことです。電車やバスの中で本を開いてじっくり勉強するのは難しいかもしれませんが、電子書籍型なら使いやすいと思います。本書を利用して、スキマ時間を有効活用してください。
電子書籍には、あまり細かい内容を記載することは適しません。そこで、本書は大学入試物理の「解法集」というコンセプトっで作成しました。つまり、物理の「公式」を羅列したものではなく、また「公式が導き出される過程」を説明したものでもありません。
本書の主眼は、物理の「原理」や「法則」をどのように使えば入試問題が解けるのかを示すことです。それが「解法集」という意味です。
付け加えると、ただ解法を理解するだけでなく、「自分で解答を作成する力」を身につけていただくことが本書の最大の目的です。問題集の解答解説を読んで納得しただけでは、十分な受験勉強とは言えません。必要なのは、それを自分1人の力で再現できるようになることです。それができなければ、大学入試で得点することはできないからです。本書は、そこに重点を置きました。つまり、解法自体を記すだけでなく、どう考えればその解法にたどり着けるのかを説明しているのです。
本書を利用して、大学入試物理の「解答力」を身につけていただければと思います。
(著者ホームページ:「大学入試攻略の部屋」http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/)

大学入試対策物理スーパーテクニック編(熱力学・波動分野)

本書では、「どのような方法を用いれば物理の大学入試問題を解くことができるか」というテクニックを豊富に紹介します。よって、物理の「原理」や「法則」を丁寧に説明している一般の参考書とは趣旨が異なりますので、ご注意ください。
物理の教科書に書かれている「原理」や「法則」を知っていても、それを使いこなせなければ入試問題を解くことはできません。しかし、コツを知らずに問題演習を繰り返しても、使いこなせるようにはなりません。「テクニック」とはまさにその「コツ」のことです。
物理の入試問題は難しいですが、過去の入試問題を分析してみると、入試問題には決まったパターンがあることが明らかです。それらの問題を解答の糸口を知らずに解こうとすると難しいですが、逆にあらかじめ解法を理解していれば意外と簡単に解けてしまうものなのです。
そもそも、大学入試の出題者は、高校で学ぶ範囲からしか出題してはならないという制約のもとで問題を作っています。だから、出題者の頭の中にはまず解法があり、次にその解法を使って解くことができる問題を考えているのです。その結果、入試問題に決まったパターンが発生するのは当然のことなのです。
それならば、受験生側もまず解法を学び、次にその解法を使って問題を解く練習をするのが効率的な学習法となります。解法をしっかり身につければ、「学習した解法を使えば必ず解けるはずだ」という信念を持って問題に取り組むことができるようになります。
ただし、受験生本人が多くの過去問を分析して解法を整理するのは、現実的には困難だと思います。そこで、物理・化学の大学受験指導を生業としている私が、膨大な数の過去問を研究し、また多くの他の受験参考書も研究させていただいた集大成として、物理の入試問題を解く「テクニック」を整理して説明しているのが本書です。
問題を解くための方法はもちろんですが、「より速く」「より簡単に」解くためのテクニックも紹介しています。これらが身につくと、受験勉強に楽しんで取り組めるようになるはずです。
物理学は、過去の偉人たちが築き上げてきた(そして現在も発展しつづけている)素晴らしい学問です。そんな物理学を、いやいやではなく楽しんで学んでほしいという願いを込めて、本書を出版します。
なお、テクニック編には「力学」「熱力学・波動」「電磁気学」の3巻があります。本書は「熱力学・波動」編です。
(著者ホームページ:「大学入試攻略の部屋」http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/)

大学入試対策物理スーパーテクニック編(電磁気学分野)

本書では、「どのような方法を用いれば物理の大学入試問題を解くことができるか」というテクニックを豊富に紹介します。よって、物理の「原理」や「法則」を丁寧に説明している一般の参考書とは趣旨が異なりますので、ご注意ください。
物理の教科書に書かれている「原理」や「法則」を知っていても、それを使いこなせなければ入試問題を解くことはできません。しかし、コツを知らずに問題演習を繰り返しても、使いこなせるようにはなりません。「テクニック」とはまさにその「コツ」のことです。
物理の入試問題は難しいですが、過去の入試問題を分析してみると、入試問題には決まったパターンがあることが明らかです。それらの問題を解答の糸口を知らずに解こうとすると難しいですが、逆にあらかじめ解法を理解していれば意外と簡単に解けてしまうものなのです。
そもそも、大学入試の出題者は、高校で学ぶ範囲からしか出題してはならないという制約のもとで問題を作っています。だから、出題者の頭の中にはまず解法があり、次にその解法を使って解くことができる問題を考えているのです。その結果、入試問題に決まったパターンが発生するのは当然のことなのです。
それならば、受験生側もまず解法を学び、次にその解法を使って問題を解く練習をするのが効率的な学習法となります。解法をしっかり身につければ、「学習した解法を使えば必ず解けるはずだ」という信念を持って問題に取り組むことができるようになります。
ただし、受験生本人が多くの過去問を分析して解法を整理するのは、現実的には困難だと思います。そこで、物理・化学の大学受験指導を生業としている私が、膨大な数の過去問を研究し、また多くの他の受験参考書も研究させていただいた集大成として、物理の入試問題を解く「テクニック」を整理して説明しているのが本書です。
問題を解くための方法はもちろんですが、「より速く」「より簡単に」解くためのテクニックも紹介しています。これらが身につくと、受験勉強に楽しんで取り組めるようになるはずです。
物理学は、過去の偉人たちが築き上げてきた(そして現在も発展しつづけている)素晴らしい学問です。そんな物理学を、いやいやではなく楽しんで学んでほしいという願いを込めて、本書を出版します。
なお、テクニック編には「力学」「熱力学・波動」「電磁気学」の3巻があります。本書は「電磁気学」編です。
(著者ホームページ:「大学入試攻略の部屋」http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/)

大学入試対策物理「熱力学・波動」(改良版)

本書は、「電子書籍の形で参考書を利用したい」という、大学入試を目指す受験生から寄せられた要望をもとに作成したものです。
集中しやすい環境を求めて、学校や予備校の自習室、図書館などを利用して勉強する受験生は大勢います。その場合、大量の(そして重たい)参考書を持ち運ぶのは大変です。そんなとき、タブレット端末やスマートフォンで利用できる「電子書籍型の参考書」があれば便利です。
また、毎日の電車やバスでの移動時間が長い受験生も多く、積算すればバカになりません。この時間を無駄に過ごしてしまうのは、受験生にとってあまりに勿体ないことです。電車やバスの中で本を開いてじっくり勉強するのは難しいかもしれませんが、電子書籍型なら使いやすいと思います。本書を利用して、スキマ時間を有効活用してください。
電子書籍には、あまり細かい内容を記載することは適しません。そこで、本書は大学入試物理の「解法集」というコンセプトで作成しました。つまり、物理の「公式」を羅列したものではなく、また「公式が導き出される過程」を説明したものでもありません。
本書の主眼は、物理の「原理」や「法則」をどのように使えば入試問題が解けるのかを示すことです。それが「解法集」という意味です。
付け加えると、ただ解法を理解するだけでなく、「自分で解答を作成する力」を身につけていただくことが本書の最大の目的です。問題集の解答解説を読んで納得しただけでは、十分な受験勉強とは言えません。必要なのは、それを自分1人の力で再現できるようになることです。それができなければ、大学入試で得点することはできないからです。本書は、そこに重点を置きました。つまり、解法自体を記すだけでなく、どう考えればその解法にたどり着けるのかを説明しているのです。
本書を利用して、大学入試物理の「解答力」を身につけていただければと思います。
(著者ホームページ:「大学入試攻略の部屋」http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/)