おすすめの「学科 試験 問題 集」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「学科 試験 問題 集」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「学科 試験 問題 集」

普通免許 卒業検定(本免許技能試験)のための超具体的ノウハウ・アドバイス集: << 安心が買える卒検対策、路上実技教習のバイブル / 自動車学校・教習所の受験者が冒すミスを症状別に35通りに分類し、原因と対策をアドバイス / 実際の検定コース図を使って17地点のケーススタディし、超具体的に解説 >>

【特徴】
①.指導員だった執筆者らが、卒業検定(技能試験)に臨む心構え、合格のためのノウハウを余す所なくアドバイス。
②.受験者がおかすミスを整理し、35の症状に分類して、症状ごとに原因と対策を懇切丁寧、かつ超具体的に解説
③.ことに、左右の方向変換と縦列駐車で受験者がおかすミスを整理し、15の症状に分類して、症状ごとに原因と対策を詳細に解説!
④.サンプルの検定コース図を使って、徹底ケーススタディ。11の場面、コース内17地点における走行、操作のコツを解説
⑤.MT車、AT車双方に対応。府県試験場一発試験にも通用する内容
⑥.採点基準の詳細を受験者に解放。採点表(減点表)も掲載

◆ 本書は、安直な方法と承知の上で教習生・受験者の便宜のため、具体的な数値や目印(目安)をあげて操作説明を行っています。

 たとえば、
・方向変換スペース内の安全確認を済ませたら、断続クラッチによる最徐行で前進し、見かけ上、車のセンターピラー(中柱)とスペースの、向かって左側の縁石が一致したところ(ポイント)で停止します。
 この時、ハンドル回しはじめのポイントを見る体の姿勢に注意してください。~~
 ポイントで停止できたなら、再発進して、車体の角度づけのためハンドルを左へ回します~~

 といったように、
 安直なポイントをあげ、イラストも交えて超具体的な操作手順を示しています。
 指導員(教官)は建前上、教えることができないものばかりです。
 これほどの著書やウェブサイトは他に見当たりません。

◇イラスト・画像込みで、データ量は1.4MB弱と軽量。

------------------------

【章タイトルと小見出し項目リスト】

はじめに 本書を参考にするに当たっての注意点
 道路状況にまず慣れること
  ・仮免許証は学校に拘束されること
  ・それでも練習はできる

第1章 卒業検定のポイント
1).卒業検定に臨む上での注意点
 卒業検定合格のポイント
 卒業検定を前にして留意すべきこと
 ①.卒業検定のはじまる時間の~
 ②.試験官(検定員)には、しっかり名乗りと~
 ③.検定走行中にミスをしても~
 ④.検定コースは暗記した方が~
 ⑤.あなたがあがり性で~
 ⑥.運転はとにかく余裕めに~
 ⑦.なるたけ路上検定直前に~
 ⑧.不幸にも不合格になり~
2).発車までの手順を整理
 ①.前の受験者の運転を見ることから~
 ②.前の受験者が検定走行を終えて~
 ③.試験官が指示を出さなくても~
 ④.雨が降っていれば~
 ⑤.路上検定でも“慣らし走行”をする行程が~
 ⑥.「発車してください」と指示が出たら~
 ⑦.後方に走ってくる車がなければ~
 ⑧.もう一度ミラーと目視で~
3).検定走行中の注意点を整理
 ①.試験官の口にする指示がよく聞こえなかったら~
 ②.指示を聞き間違えて違う方向に曲がって~
 ③.まれにいちいち走りにケチをつける試験官が~
 ④.操作を誤ってもあわてない~
 ⑤.2回指示について。2つ先の指示まで含んだ指示が~
 ⑥.進路変更について。合図の前後に3点確認を~
 ⑦.(MT車)直線路でローギアで10m以上走ると~
4). 路上検定走行終了・停車までの手順
 ①.停止のための縁石30cm弱寄り~
 ②.ブレーキが先でクラッチを踏むのが先にならないように~
 ③.停車したら、まずサイドブレーキを~
 ④.適時、走行中に「路端への停車と発進」の課題を~

第2章 検定走行中にミスしやすい復習すべき実例集
【 路 上 編 】
症状1 発進がスムーズにいかない
症状2 複数車線道路での発進が、駐停車などの障害物でうまくいかない
症状3 左折のための縁石接近距離が、状況に応じて適切にとれない
症状4 左折・右折時、横断歩道の通過が安定しない
症状5 (片側2車線道路で)発進してすぐ200m以内先の交差点で右折する場合の発進の時~~
症状6 障害物通過が安定してできない
症状7 センターラインのない道路で大型車や障害物、歩行者、自転車をよけながらの走行が続くと~~
症状8 右折時、黄色信号になってからの処置が、あわててしまい、安定しない
症状9 右折のために交差点内で停止している時、向かいに大型車が止まっていて見通しがきかず、直進車が~~
症状10 交差点を左折・右折してすぐ(10~20m)に障害物がある場合、うまく処置できない
症状11 複数車線の道路で、右折のための最右レーンへのレーンチェンジが安定しない
症状12 右レーンあるいは中央レーンから、左レーンにレーンチェンジするのが、安定しない
症状13 緊急自動車の処置がいざとなると泡をくってうまくできない
症状14 センターラインが白実線だったり、白に黄色のサンドイッチラインだったりすると、どう人や自転車をさけて~~
症状15 信号の変わり目などに神経質になってしまう
症状16 横断歩道の手前に止まっている車の側方通過の時、止まった方がいいのか徐行で十分なのか判断がつかず~~
症状17 交差点手前に障害物があり、左折しようとするのだが、その場に行きあわせると~~
症状18こんだ道での歩行者・自転車の側方通過の処置が安定しない
症状19 かなり小さな交差点、あるいは鋭角的な左折のために、減速の時、どうしてもクラッチを長く踏み続け~~
症状20 大通りで指定速度にすばやくあげられず、車の流れに乗れない
症状21 かなり小さな鋭角的な曲がりの交差点での、左折ハンドル操作が安定しない
【 所 内 編 】
< 右方向変換 >
症状22 右方向変換で、縁石への接近が安定しない
症状23 角度づけのハンドル回しのポイントが一定しない
症状24 角度づけとハンドル戻しが的確にできず、左前輪が縁石を踏んでしまう
症状25 スペースに浅く入ってしまい、後輪を縁石にひっかけたりで出るのに苦労する
<左方向変換>
症状26 左方向変換の縁石接近がうまくできず、次の角度づけに響いて、スペースに浅く入ってしまう
症状27 左方向変換の角度づけがいつも不正確で、スペースにうまく入れない
<左右方向変換共通>
症状28 スペースに、いつもまっすぐに入らない
症状29 幅寄せが安定しない
症状30 後退の停止が安定しないため、縁石を踏んだりポールを倒してしまう
症状31 幅寄せの必要がない時のスペースからの脱出が安定せず、縁石を後輪が踏んでしまう
<縦列駐車>
症状32 角度づけのためのバックする時の、左へのハンドルのまわしはじめポイントが一定にならない
症状33 ポイントを行きすぎてしまって角度が深くなり、スペースの縁石に後輪をひっかけて~~
症状34 車の前半部分をスペースに入れるための、右へのハンドルの回しはじめポイントでちゃんと切っているつもりだが~~
症状35 縦列駐車スペースを出る時に、右に大きく車に振りまわされてしまう

第3章 卒業検定ケーススタディ
■検定時間は正味約[15分+5分]
■ケーススタディの検定コースを概観する
◆ケーススタディのコース図の説明
<< コースを詳しく分析・解説・アドバイス >>
①.スタートポイントを発進
 a地点) 発車ポイントは片側2車線の最左レーンに~
②.片側2車線道路を50km/hを維持して、流れに乗って巡航
 b地点) ①番交差点まで、流れに乗って~
③.①番交差点で右折
 c地点) 自動車学校前のT字路交差点あたりで~
 d地点) 右折矢印信号付きの信号機の右折は矢印信号が~
④.障害物を通過しながら、②番交差点へ。そこで左折
 e地点) ②番交差点までの 700mほどの間に~
 f地点) 鋭角的な左折をしなければならない~
⑤.ゆるい坂を登り、小さな④番交差点で右折
 g地点) 制限速度40km/hを超えないよう~
 h地点) ④番交差点はかなり小さいので~
⑥.住宅街を抜け、⑤番交差点を左折
 i地点) ⑤番交差点までの道は、センターラインのない~
 j地点) ⑤番交差点の停止線に法規通りに停止すると~
⑦.⑥番交差点を左折して大通りへ
 k地点) ⑤番交差点を抜け、一気に加速、40km/h4速へ~
⑧.すぐに⑦番交差点で右折
 l地点) 右折誘導レーンが発生するあたりでハンドルを~
⑨.⑧番交差点で左折
 m地点) ⑧番交差点を左折しながら、すぐ片側2車線のどちらの~
 n地点) もし左レーンにまったく車が止まっていなければ~
⑩.終着点でポール付け
 n地点) ⑧番交差点を左折しながら、左レーンに障害物がなければ~
 o地点) 停車したら、まずサイドブレーキを上げる。ギアを~
⑪.所内コースで右方向変換の試験
 8番) まずは縁石と車との間隔を~

終章 採点基準について
■採点基準
■採点(減点)表から卒業検定に関係する所を抜き出すと…
■減点表

◇ 刊行:運転免許実技集選企画
 既刊行本に、Kindle版『普通免許 修了検定(仮免許技能試験)に備える超具体的ノウハウ・アドバイス集』

普通免許 修了検定(仮免許技能試験)に備える超具体的ノウハウ・アドバイス集: << 実技教習、修検対策のバイブル / 自動車学校・教習所の教習生の弱点を30通り、検定受験者が冒すミスを症状別に18通りに分類し、原因と対策をアドバイス / 実際の検定コース図を使って27地点のケーススタディし、超具体的に解説 >>

【特徴】

①.執筆者らが指導員だった経験から学んだ教習生の目線で、修了検定(技能試験)に臨む心構えを余す所なくアドバイス。

②.教習生の弱点を30通りに、受験者が冒すミスを18の症状に分類して、症状ごとに原因と対策を懇切丁寧、かつ超具体的に解説

③.サンプルの検定(試験)コース図を使って、徹底ケーススタディ。9の場面、コース内27地点における走行、操作のコツを解説

④.MT車での操作は重点的に解説。府県試験場一発試験にも通用する内容

⑤.採点基準の詳細を受験者に解放。採点表(減点表)も掲載

◆ 本書は、安直な方法と承知の上で教習生、教習生・受験者の便宜のため、具体的な数値や目印(目安)あげて操作説明を行っています。

 たとえば、左折の時の道路左端の縁石への寄りでは70㎝前後とか、ポール付けでは30㎝弱といったように。
 そしてその左端の縁石への寄りについては、ボンネットの地平線の左端から1/4くらいのところに縁石が一致して見えるポイントに、またそのポールづけについては、ボンネットの地平線中央から見かけ上、コブシ1個分ほど左寄りに縁石が見えるポイントに~~、といったように安直なポイントをあげて、超具体的な操作手順を示しています。
 これは一例です。もちろん指導員(教官)は建前上、教えることができないものばかりです。

 これほど具体的に説明している著書やウェブサイトは他に見当たりません。

<< 検定を前にした不安を解消し、安心を買うための超参考書。類書は皆無 >>

紙の書籍換算190ページ(イラスト多数込みで、データ総量は1.8MB弱と軽量)

---------------------------

【章タイトルと小見出し項目リスト】

はじめに 本書を参考にするに当たっての注意点

第1章 実技教習第一段階の弱点をおさらいする
■おさらいを始めるに当たって
【1.進路変更を伴なう左折・右折】
 弱点1 進路変更のための操作と左折・右折~~
 弱点2 左折のための接近が安定しない
 弱点3 左折にそなえて道路左端への接近を~~
 弱点4 内周コーナーで左折のための寄りが~~
 弱点5 右折のためのセンターライン寄りが~~
 弱点6 右折がいつも交差点マークをなぞって~~
 弱点7 右折レーンのない交差点での右折待ち~~
 弱点8 交差点の種類が変わると優先順位が~~
 弱点9 メリハリのある運転を意識して走ると~~
【2.いろいろな交差点の通過】
 弱点10 一時停止すべき交差点の通過が~~
 弱点11 優先道路を通過する時の徐行が~~
 弱点12 交差点を通過する時、最徐行を~~
 弱点13 見通しのきかない交差点の通過が~~
【3.障害物通過】
 弱点14 障害物の側方を通過する際、ハンドル~~
 弱点15 コーナーに行き着くまでに進路変更を~~
【4.ポンピングブレーキ】
 弱点16 ちょこちょこ踏むブレーキングに~~
【5.狭路:S字の通行】
 弱点17 狭路コースに必須の断続クラッチが~~
 弱点18 ハンドル操作が加わると足の動きが~~
 弱点19 S字の後半でハンドル操作が乱れて~~
 弱点20 S字への進入が乱れると縁石に寄り~~
【6.狭路:クランクの通行】
 弱点21 クランクの後半で縁石に乗り上がって~~
 弱点22 車に角度が付くとクランク通過が~~
【7.狭路:狭路コースへの進入と脱出】
 弱点23 狭路コースの進入・脱出が安定して~~
【8.狭路:切り返し】
 弱点24 どれだけ後退しハンドルを回したら~~
【9.坂道通過:坂道の通過】
 弱点25 坂道への左折、右折が安定してできない
 弱点26 坂道を下って一時停止してからの~~
【10.坂道通過:坂道発進】
 弱点27 サイドブレーキを解除するとエンジン~~
 弱点28 坂道発進する際ノッキングしたりで~~
【11.停止線に合わせて停止】
 弱点29 緊張のため停止線を越えてしまったり~~
【12.ポール付け】
 弱点30 左端寄りが離れたり、斜めに角度が~~

第2章 修了検定(仮免許技能試験)のポイント
1).修了検定に臨む上での注意点
 修了検定のポイント
 修了検定を前にして留意すべきこと
  ①.修了検定のはじまる時間の~~
  ②.試験官(検定員)には、しっかり名乗りと~~
  ③.検定走行中にミスをしても~~
  ④.検定コースは暗記した方が~~
  ⑤.あなたがあがり性で~~
  ⑥.運転はとにかく余裕めに~~
  ⑦.なるたけ修了検定直前に~~
  ⑧.不幸にも不合格になり~~
2) 発車までの手順を整理
  ①.前の受験者の運転を見ることから~~
  ②.前の受験者が検定走行を終えて~~
  ③.試験官が指示を出さなくても~~
  ④.雨が降っていれば~~
  ⑤.「発車してください」と指示が出たら~~
  ⑥.後方に走ってくる車がなければ~~
  ⑦.もう一度ミラーと目視で~~
  ⑧.発進しておよそ100mは慣らし走行~~
3)検定走行中の注意点を整理
  ①.試験官の口にする指示が聞こえなかったら~~
  ②.指示を聞き間違えて違う方向に曲がって~~
  ③.まれに走りにケチをつける試験官が~~
  ④.操作を誤ってもあわてない~~
  ⑤.2回指示。2つ先の指示まで含んだ指示が~~
  ⑥.進路変更について。合図の前後に3点確認を~~
  ⑦.(MT車)直線路でローギアで10m以上走ると~~
4) 検定走行終了・停車までの手順
  ①.停車のための縁石30cm弱寄り~~
  ②.試験官には細かい操作は軽視、走り重視の~~
  ③.発着所への到着は2速でポールに付け~~
  ④.停車したら、まずはサイドブレーキを~~

第3章 検定走行中ミスしやすい実例集
症状1 加速が情けない
症状2 ポール脇を発進してから、蛇行してしまう
症状3 最後のポールづけが安定しない
症状4 生垣などのある見通しのきかない交差点~~
症状5 片側2車線道路への右折がうまくいかない
症状6 指定速度を出してからの~~
症状7 片側2車線道路でのレーンチェンジが~~
症状8 狭路コースへの左折侵入が~~ -その1
症状9 狭路コースへの左折侵入が~~ -その2
症状10 S字・クランクからの左折脱出で~~
症状11 S字から道路への右折脱出が安定しない
症状12 クランクから道路への左折脱出が安定しない
症状13 狭路コースを右折脱出し、道路に出て~~
症状14 交差点の手前で一時停止し、発進しつつ~~
症状15 交差点で右折してすぐに左折~~
症状16 交差点を左折・右折してすぐの~~
症状17 坂道発進して後の、坂道頂上での~~
症状18 交差点を左折・右折した直後に~~

第4章 修了検定(仮免許技能試験)のケーススタディ
■検定時間は正味約15分
■ケーススタディの検定用所内コースを概観する
◆ケーススタディのコース図の説明
◆図を見ながら、各地点を目で追う
【その1 コースの前半をくわしく解説】
①.スタート地点を発進した後、③番交差点で左折して内外周の内側のコースを走る
②.①番交差点を右折して外周路に出て加速。3速に入れ、指定速度40km/hで走る
③.外周を1周したあと、①番交差点で右折して、再び内外周の内側のコースに入り、坂道へ
④.坂道発進を行い、坂道を下ってから内周路へ左折する。
【その2 コースの後半をくわしく解説】
⑤.内周路に入って内周コーナーなどを走行した後、④番交差点を過ぎてすぐ左折で侵入して7番クランクを通過する
⑥.①番交差点で左折して内周路へいったん出てすぐ②番交差点で左折し、内外周内側のコースを進行する
⑦.信号のある交差点を過ぎてすぐ左折で侵入して13番S字に入り、通過する
⑧.S字を右折してすぐの踏切りを通過して、外周路へ
⑨.右折して外周路に入り、3/4周ほど走行した後ポール付けして停車し、終了

終章 採点基準について
■採点基準
■採点(減点)表から修了検定に関係するところを抜き出すと…
■減点表
■最後に著者より一言

◇ 刊行:運転免許実技集選企画
 既刊行本に、Kindle版『普通免許 卒業検定(本免許技能試験)のための超具体的ノウハウ・アドバイス集』。
 執筆者らの著書は、『早く運転免許を取るコツ』『運転免許の短期合格上達法』『普通免許ズバリ直前問題集』ほか多数。

原付免許試験問題集: 危険予測問題付き (交通関係図書問題集)

原付免許の学科試験は、けっして簡単ではありません。
本書は、全国の原付試験問題に準拠し、幅広く問題をそろえ着実に実力が身につく問題集です。

よくわかる!普通免許学科試験解説&問題集 実力養成版

納得して実力をつけたい人のための、解説中心の問題集!

100問×7回分の頻出&厳選問題が充実の700問+重要問題3問×7回+イラスト問題7問の特訓ステージを収録。すべての問題に、分かりやすくて詳しい解説付き!

●目次
・免許の種類
・免許申請に必要なもの
・普通免許試験の合格基準と本書の構成
・押さえておきたい関連法規の知識・情報
・試験によく出る間違いやすいポイント
・普通免許学科試験問題
・重要問題(難問・引っ掛け問題)
・危険予測問題
・試験直前のチェックポイント

改訂版 FP技能検定1級 精選過去問題集(学科編)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

これまでに実施された試験を徹底的に分析することで、得点に直結する重要項目を洗い出し、出題頻度の高いポイントを分かりやすく解説しています。
各問題ごとに出題分野と便利な重要度ナビゲーターを明示し、随所にポイント解説を加えたので、試験直前対策にも最適。試験合格の鍵を握る応用問題にも多くのページを割いた、合格到達への近道となる頼りがいのある一冊です!