おすすめの「応用」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「応用」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「応用」

平成29年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本

(概要)
応用情報技術者試験の出題範囲を全網羅した午前・午後試験両対応の超定番テキストを最新の出題傾向に合わせて改訂しました。応用情報技術者試験だけでなく旧試験や高度試験を網羅的に詳しく分析した「いちばん詳しく,わかりやすい,何でも調べられる」教科書です。巻末にはサンプル問題を掲載。付属のCD-ROMには午前問題演習ソフト「DEKIDAS-2」と過去20回分の過去問題+解答のPDFデータを収録しています。応用情報技術者試験受験者必携の一冊です!

(こんな方におすすめ)
・応用情報技術者試験を受験される方
・体系的に学習を進めたい方

(目次)
第1章 基礎理論

第2章 アルゴリズムとプログラミング

第3章 ハードウェアとコンピュータ構成要素

第4章 システム構成要素

第5章 ソフトウェア

第6章 データベース

第7章 ネットワーク

第8章 セキュリティ

第9章 システム開発技術

第10章 マネジメント

第11章 ストラテジ

キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者 平成29年度

(概要)
※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
きたみりゅうじ氏による情報処理技術者試験本「キタミ式イラストIT塾」の応用情報技術者試験本です。「ITパスポート」、「基本情報技術者試験」同様キタミ式の特徴である,すべての解説をイラストベースで行っており,とてもわかりやすい解説となっているため,試験範囲が広く難しい内容である応用情報技術者試験にとって,まず大切となる「試験範囲の内容をひととおり理解して,試験の内容を理解し対策すること」ができる書籍となっています。過去問の解説は金子則彦氏,監修は放送大学大学長岡部洋一先生です。

(こんな方におすすめ)
・応用情報技術者試験受験を考えているが何から勉強をすればわからない人
・まず1冊を通じて読むことができる本を探している人

(目次)
Chapter 1 基礎理論(離散数学)

Chapter 2 基礎理論(応用数学)

Chapter 3 情報に関する理論

Chapter 4 ディジタルデータのあらわし方

Chapter 5 コンピュータの回路を知る

Chapter 6 CPU(Central Processing Unit)

Chapter 7 メモリ

Chapter 8 ハードディスクとその他の補助記憶装置

Chapter 9 バスと入出力デバイス

Chapter 10 オペレーティングシステム

Chapter 11 プログラムの作り方

Chapter 12 データベース

Chapter 13 ネットワーク

Chapter 14 セキュリティ

Chapter 15 システム開発

Chapter 16 システム構成と故障対策

Chapter 17 システム周りの各種マネジメント

Chapter 18 業務改善と分析手法

Chapter 19 企業と法務

ニュースペックテキスト 応用情報技術者 平成28・29年 (TAC出版)

【複数色を使用したコンテンツです。モノクロ端末では一部読みづらい場合がございます。】本試験で狙われる論点を、新学習機能により効率よくマスターできる基本テキストです。「学習しやすい」と大好評のオールカラー刷りレイアウトはそのままに、“28・29年版”では最新の出題ポイントを抽出した側注が更に充実。巻頭に学習方法をビジュアルにナビゲートする「スタートアップ講座」を新設しました。 ★インプットしやすい→午前対策頁:頻出項目を、図表を用いてわかりやすく、スピーディにマスターできる量にまとめています。→午後対策頁:記述試験対策用に知識レベルを掘り下げ、解答プロセス中心に解説しています。 ★イメージしやすい→見てすぐ理解につながるカラー図解と、頻出項目を本試験より切り出した側注をふんだんに用いています。 ★アウトプットもできる→各章末に過去問による「確認問題」を、巻末に「平成28年春試験問題」を載せています

基礎から応用までマスター デッサン パーフェクトレッスン コツがわかる本

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

デッサン上達のための練習やポイントを紹介。
静物・動物・人物・風景など、
それぞれの特徴にあわせた
デッサンのコツを詳しく解説。

習得すべき基本テクニックから、
作品としての表現力まで。
デッサン上達の具体的なコツをレクチャー!

技術力 & 観る目がレベルアップ
・ 道具の特徴を理解して
表現に活かそう
 複雑な対象もまずは塊で捉えよう
 正確なデッサンのための描き始めを知ろう

「絵心」という言葉があります。
一般的に絵がうまい人を指して使われているようですが、
私は「絵が自由に描きたいと思う心」
「絵を自由に作りたい心」
だと考えています。
そして絵心に不可欠なデッサンの現在の学び方・教え方に、
大きな問題があるとも思っています。

デッサンはインスピレーションではありません。
そもそも三次元のモチーフを二次元の画用紙の上に
どう表現するかを考えるところからはじめるのです。
思いつきではなく、
モチーフがどのように見えたかを表現する技量と、
それを脳内で処理して正確に描くための
プロセスが重要なのです。

この本ではブーマンやパースペクティブ、
ディティールなどの私が発見した法則を紹介しながら、
クリエイティブの基礎となるデッサンを習得していきます。
紙と鉛筆という最もシンプルな画材で学べることは
山のようにあります。

さぁ、「見る目」 + 「考える頭」 + 「表現する力」
= 「真のデッサン力」を身につけましょう。

監修者 ; 河村 栄一

***** もくじ *****

☆ Part 1
道具の使い方とデッサンの基本を理解するコツ

デッサンの基本となる道具の使い方や構図の取り方、
全てのデッサンに共通するバルールの知識、
身近な動物や人物の形の捉え方のコツなど、
デッサンが上達するための近道を紹介しています。
* いろいろな作品

☆ Part 2
基本図形を正確に描くコツ

直線や楕円、円柱、球体、卵形といった
基本形態の描き方を学びます。
* Column 構造把握について

☆ Part 3
静物の形を捉えるコツ

静物の形を捉えるポイントを紹介しています。
基本的なモチーフを選んでいますが、
難易度の高い題材にも使えますので、
応用させてください。
* いろいろな作品

☆ Part 4
静物の質感を表現するコツ

「静物の形の取り方」をさらに進歩させ、
静物の質感を表現します。
野菜や果物、ガラス、金属などの特徴の捉え方、
タッチの工夫の仕方なども紹介します。
* Column 質感表現について

☆ Part 5
動物や人物を描くコツ

生物は骨格や筋肉などの基本的な知識に、
それぞれの特徴を理解して描き加えることで、
それぞれの動物らしさが表現できます。
この章では各動物や人物の特徴と
描き方のコツを紹介しています。
* Column 手の動きについて

☆ Part 6
風景を描くコツ

風景を描くときには、
室内で描く静物にはない空気遠近法など、
広い空間を描くコツを身につけましょう。
手前と奥の描き方に変化をつけて、
奥行を表現する技法が必要になります。
* いろいろな作品

☆ Part 7
もっと上達するためのコツ

基本的なデッサンの技法に加え、
作品をより魅力的にするために
一段上の技法があります。
この章では表現の幅を広げる
さまざまな技法やコツを紹介しています。
* デッサン用語集

デッサンで使用される基本的なコツから、
難易度の高い題材にも使える描き方まで
全59作品で解説!

独自の研究で発見したデッサンに使われる
技法や法則を紹介しています。
どう描いたらよいかわからないときや
苦手に感じていることがあったら実践してみましょう。

動物や植物、風景などモチーフごとに
コツを紹介していますが、
さまざまモチーフにも応用させることができるので、
ぜひチャレンジしてください。

大学入試問題集 関正生の英文法ポラリス[2 応用レベル]

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

スタディサプリで人気の英語講師・関正生が、入試英語の基礎&得点源となる文法・語法問題を徹底分析。最前線の入試頻出問題に徹底フォーカスした良問+解説で、志望校のレベルをしっかりカバー。

※本作品には、紙書籍に付属している赤色チェックシートは含まれておりません。
※本作品は紙書籍をそのまま再現しておりますが、直接文字を書き込むことはできません。また紙書籍再現のため、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。