おすすめの「怪異」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「怪異」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「怪異」

MIT帰りの名探偵×最速の名探偵×怪異の名探偵 極上ミステリーパック (月刊少年マガジンコミックス)

名作ミステリー『Q.E.D.iff-証明終了』、『掟上今日子の備忘録の』、『虚構推理』の1話が読めるお得なパック!

怪異撲滅ミンチちゃん 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

中学生の春風煌(はるかぜきら)はある日、憧れのクラスメート・八裂眠千(やつざきみんち)が河童をボコ殴っている現場に遭遇する。可憐で儚げな彼女の正体は、感情的で暴力的な最強の半妖美少女だった。妖怪も人間も、悪い奴は全員ブッ潰す 拳で語るニューヒロイン、誕生!

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)

仁科鳥子と出逢ったのは〈裏側〉で“あれ”を目にして死にかけていたときだった――その日を境に、くたびれた女子大生・紙越空魚の人生は一変する。「くねくね」や「八尺様」など実話怪談として語られる危険な存在が出現する、この現実と隣合わせで謎だらけの裏世界。研究とお金稼ぎ、そして大切な人を探すため、鳥子と空魚は非日常へと足を踏み入れる――気鋭のエンタメSF作家が贈る、女子ふたり怪異探検サバイバル!

「怪異」の政治社会学 室町人の思考をさぐる (講談社選書メチエ)

怪異とは、それぞれの時代の特徴を、もっとも生々しく切り取る切り口のひとつなのである。それぞれの時代の社会が直面し、そして説明しきれず、恐れねばならなかった問題は、いったいなんであったのか。その問題と関連づけながら、政権中枢に向かって……どのような思考や実践がおこなわれたのか。……怪異を切り口にすることで、政治・経済・文化にまたがる人びとの思考を、われわれは動態的にみてゆくことができるのである。

猫で語る怪異(1) (HONKOWAコミックス)

語り部はカワイイ猫! なのにジワジワ恐怖感が湧き上がる新感覚実話恐怖体験エッセイ・コミック!! 火災のあったビルを警備する男性は、ある晩の見回りで足首に違和感を覚えるのだが…!? 見た目はカワイイのにこの恐怖感はただごとではないのです!!