おすすめの「情報 通信」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「情報 通信」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「情報 通信」

情報セキュリティ白書2016: 今そこにある脅威:意識を高め実践的な取り組みを

「情報セキュリティ白書」は、公的機関としての独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が毎年発行する情報セキュリティに関する書籍です。企業のシステム開発者・運用者に対して情報セキュリティの現状や、今後の対策のために役立つ情報を提供するとともに、パソコンやスマートフォン等の情報機器を使用する一般の利用者にも情報セキュリティの概観や身近な話題を提供することを目的としています。

2015年は、標的型攻撃による日本年金機構からの大規模な個人情報の漏えい事故が発生、社会に衝撃を与えました。海外でも、サイバー攻撃による米国政府機関の大規模情報流出やウクライナの大規模停電等、社会の基盤を揺るがすセキュリティインシデントが続きました。IoTに関しては、大規模な事故は確認されていないものの、機器の運用不備や通信の脆弱性が露呈する等、深刻な脅威が明らかになってきました。サイバー空間における脅威は今、そこにあり、私達の生活を脅かしています。

一方で、2015年はサイバーセキュリティに関する法制の強化や、「セキュリティ経営」への取り組み強化等が官民を挙げて進められました。新しいサイバーセキュリティの体制は整えられつつある、と言えるかもしれません。

しかし、脅威は今や待ったなしの状態で私達の周囲に存在しています。新しい体制のもと、適切な脅威分析とタイムリーな対策を速やかに実施することが必要です。脅威を把握し、適切な対応を取るための意識付けや能力向上は私達すべてに求められている、と言えるでしょう。関係するあらゆる組織・個人がサイバーセキュリティの情報を共有し、何をすべきかを理解し、実践することが必要です。

このような認識のもと、本白書の第I部では、序章において2015年度の主な出来事を分かりやすく概説し、第1章において国内外で発生した情報セキュリティインシデントの状況、具体的なインシデント事例と攻撃の手口、脆弱性の動向や企業・政府等における情報セキュリティ対策の状況を、第2章において情報セキュリティを支える基盤の動向として、国内外における情報セキュリティ政策や関連法の整備状況、情報セキュリティ人材の現状、国際標準化の動向、情報セキュリティの普及啓発活動等を解説しています。第3章では個別の課題について掘り下げ、SSL/TLS 暗号設定ガイドライン、自動車、制御システム、IoT、スマートデバイスの情報セキュリティ、情報システムにおけるログ管理の現状と対策を取り上げています。

また第II部に、「情報セキュリティ10大脅威2016〜個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を〜」の紹介と解説を収録しています。

水球情報発信マガジン ウォーターポロ通信 創刊号キンドル版(2012年7月発行/夏号)

日本で唯一発行されている水球専門雑誌 ウォーターポロ通信創刊号(2012年7月発行/夏号)のKindle版です。<・FINA水球ワールドリーグ2012アジア・オセアニアラウンド 日本ラウンド全試合レポート・2012年水球女子東日本リーグ戦 ダイジェストレポート/他>を掲載しています。
どうぞ宜しくお願いたします。
*画面の価格表示の下あたりの<利用可能な端末>にお客様がご利用の端末がある事を確認の上ご購入願います。*

納得する情報通信ネットワーク入門 第1巻: 情報通信ネットワーク

一般的なネットワーク、情報、コミュニケーション等との関係について解説し、情報ネットワークについて多視点から概観するように説明した本である。

1.1節では「ネットワーク」の意味、1.2節では「情報」の意味、1.3節では「コミュニケーション」の意味と情報通信分野での意味の違い、1.4節では通信手段がどのように発展してきたかを分かりやすく解説する。1.5節では、どのようなネットワークがあるかを分類しながら説明し、ネットワーク・アーキテクチャの概要について説明する。

月刊リーダーズ・アイ(LEADERS EYE)2014-4月号

『リーダーズ・アイ』は、21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの軌跡と未来」「The Intelligence」「いい店 いい人 いい出会い」「技―運斤成風に出会う」「寺社散策」など、充実の企画で構成されています。
地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談形式でお届けします。
経営者の目線で事業運営・人・社会を見つめていく──それが月刊経営情報誌『リーダーズ・アイ』なのです。

納得する情報通信ネットワーク入門 第2巻: 通信プロトコル

情報ネットワークについて納得して理解するための本。2.1節では通信プロトコルとは何か、プロトコルの階層関係はなぜあるのか、上位層、下位層の関係について喩えを用いながら説明する。なぜ下位層ではプロトコル制御情報が増えるのか等についても説明する。2.2節ではOSI参照モデルの各層の役割,2.3節以降は、無手順、ベーシック手順、HDLC手順について解説するが、特にHDLC手順は現在のプロトコルの基本になるので、より詳しく説明する。