おすすめの「文藝春秋 ニュース」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「文藝春秋 ニュース」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「文藝春秋 ニュース」

ベッキー×川谷絵音「ゲス不倫」 法的な問題は? 弁護士ドットコム発! 2016年話題のニュースから学ぶ身近な法律【文春e-Books】

話題のニュースを弁護士が法的視点からわかりやすく解説する「弁護士ドットコムニュース」。
2016年に公開した記事の中から、人気の20本をまとめて電子書籍化!

●ベッキー×川谷絵音「ゲス不倫」 法的な問題は? 
●SMAP解散騒動 解散後「SMAP」の名前はどうなる?
●熊本地震で家屋倒壊相次ぐ 知っておきたい地震保険の仕組み
●AV出演強要問題 契約解除交渉を振り返る
●「ポケモンGO」ブーム 仕事中に遊んだらどうなる?
●電通過労自殺事件 SNSは証拠になる?
●乃木坂46・橋本奈々未引退 姉弟間でも「扶養義務」はある?

あのスキャンダルから、身近なニュースまで。
2016年を振り返りながら法律を身近なものとして学べる、電子書籍オリジナルコンテンツです。

週刊文春 6月22日号雑誌

■■■小出恵介を抹殺した「17歳女子」の告白
「500万円要求」「半グレ集団」これが全真相だ!■■■
「無理やりではないです。
ヤッた後、小遣い稼ぎのために週刊誌に連絡した。
ただ小出君は『カネで解決すればいいんだろ』と
謝罪の場でも私に肉体関係を求めてきたんです」

■■■福岡母子3人殺害「殺人警官」の狂気■■■
・「人生やり直したい」しみじみと打ち明けていた夫
・妻に「飲み会」参加を禁じられ、夫は漫画喫茶に寝泊り
・事件2週間前、妻が同世代男性と深夜の二人カラオケ
・「夫が職場に馴染めない」妻の愚痴、教育方針めぐりケンカ
・大学中退後バイト生活で母が就職先探し、警部補昇進に失敗
・取調べに無表情で「自分は関係ありません」、本部長は逃走

■■■「メンタルの不安」を解消■■■
●「高齢者うつ」と「認知症」 簡単にわかる見極め方
物忘れがひどくなってきたら、普通は「認知症」を疑うだろう。
しかし、それは「高齢者うつ病」の場合もある。
非常に似た症状が出るが、異なる病気であるため、効く薬も違う。
誤診すると症状はひどくなるばかりか、
本物の「認知症」になるケースもあるという
●「SNSうつ」に気をつけろ! 文・鳥集徹
「いいね!」がつかないと自己嫌悪に……。
いまや誰もが使うSNSを使う上での注意点とは。

■■巨人・堤GM解任「忖度人事」の大迷走 文・鷲田康■■
自己ワースト記録を更新する13連敗を喫した球界の盟主・読売巨人軍。
連敗に激怒した読売大幹部の意向を忖度しての人事で、
詰め腹を切らされたのはGMだった。
混迷を極める巨人軍内部の深層をレポートする。

■■安倍首相が生贄にする文科省女性課長補佐■■
再調査では「文書は本物、内容が間違い」と逃げる予定。
この文書を作成し、流失させたといわれるのが、高等教育局の課長補佐。
彼女は内閣府の圧力に「ひどいじゃないですか」と憤っていたというが……。

■■司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹■■
後に桜田門外の変と呼ばれる暗殺劇に加わるべく、江戸に潜む薩摩藩士・有村治左衛門。
仇敵・井伊直弼の姿を偵察し、同志と密会した有村は、己の義憤を燃やしていた。

●“不倫映画”で熱演、上戸彩が離婚できないお家事情
●テレ朝退社、青山愛アナが“怒り心頭”「私はホステスじゃない」
●国際会議で「美人宣言」稲田朋美防衛相、改造交替前の花道
●井川遥、篠原涼子らが結成したママ友「渋谷会」のご威光
●公明党議員が創価学会婦人部、熟女と熱烈キス写真
●阿川佐和子のこの人に会いたい 堀義貴(ホリプロ社長兼会長)

グラビア
●原色美女図鑑 橋本環奈 撮影・アンディ・チャオ

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 6月15日号雑誌

■■■緊急特集 驕るな!安倍首相 
読者調査では「前川喚問」賛成86% 内閣支持率22%
現職文科幹部が本誌に激白「不満を持っている人は大勢いる」
政権批判で“更迭”釜山総領事の私的会話をご注進したのは誰だ?■■■
安倍政権は一線を越えつつある。「総理のご意向」を示す文章が出てきても
存在を認めず、頑として調査しようとしない。
これではやましいことがあると疑われても仕方があるまい。
我が国が、中国やロシアに擬せられること自体、国辱ではないか。
安倍一強の驕りを撃つ!
●読売「御用新聞」という汚名
読売記者「出会い系記事はさすがにない」/首相と会食30回でダントツ

■■■快眠が人生を変える!■■■
●「睡眠障害」完全克服ガイド
高齢者は5時間眠れば大丈夫/眠くない時はベッドに入らない/
起床後4時間以内に日光を浴びる/夜中に目覚めても時計を見ない/
頻尿を防ぐ10分足上げと寝返りのためのヒップリフト運動/
運動は夕方/熟睡のための食物、飲み物/入浴後1時間は空けるほか
●日本唯一の専門家が指南「理想の枕の選び方・作り方」文・長田昭二
ポイントは高さ、硬さ、微調整/マットとタオルで自作もほか

■■仲間由紀恵“緊急取調べ”に浮気夫は「女の家に行った。すまん」■■
「妊活中の妻を差し置いて自宅から車で約十分の浮気相手の家に通うなんて。
まさに“ゲスの極み”ですよ!」(芸能プロ関係者)
有名ヘアスタイリスト宅への“通い不倫”を「フライデー」に
スクープされた俳優・田中哲司。妻・仲間由紀恵の取調べには
すぐに“完落ち”したという――。

■■食べログ“カリスマレビュアー”うどんが主食が
「高評価飲食店」から銀座高級クラブ、高額時計の過剰接待■■
「いま飲食店側は、グルメ・レビュアーやブロガーはタダ飯を
食わせれば提灯記事を書く人たちだと思っている。
こうした業界の悪しき慣例を象徴する人物が、
『食べログ』のカリスマレビュアー『うどんが主食』氏なのです」
ある著名グルメブロガーは、こう嘆いた。

●「中3女子いじめ自殺」友人を豹変させた“嫉妬の炎”
●覚せい剤で逮捕、橋爪功息子の「新宿酩酊事件」
●11年ぶり10連敗、高橋由伸が背負い続ける“巨人の十字架”
●“ブータンより愛をこめて”眞子さま「新居は40万賃貸」情報
●AKB総選挙、暫定1位「NGT荻野由佳」って誰?
●中国が驚嘆、平野美宇“マーベラス速攻”の生みの親
●阿川佐和子のこの人に会いたい 斎藤工(俳優)
●司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹

グラビア
●原色美女図鑑 石橋杏奈 撮影・伊藤彰紀
●水谷豊「別世界へ、覚悟を決めて」

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 6月29日号雑誌

■■■とくダネ撮! 小倉智昭“古希の恋”人妻美人記者と「週1密会」■■■
誕生日前夜は高級水炊きでお祝い。山下達郎コンサートの後は鰻。
事務所に招き入れると、特設スクリーンで二人きりの映画鑑賞。
だが小倉には妻、20歳以上下の彼女には社内結婚の夫がいて……。

■■■安倍「一強」の自壊 「なんでこんなことで騒ぐのか」と他人事■■■
・文科省“爆弾”新文書に総理は「萩生田、災難だな」
・安倍「菅さんはどうしちゃったのかね」深まる溝
・今井秘書官は「がんばれ!東京新聞」上機嫌の理由
・小池知事は本誌に「忖度」批判、都議選激変ショック

■■ジャニーズ中居残留はキムタクへの“抑止力”■■
6月18日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が
ジャニーズ事務所を退所することが発表された。
一方で独立派と見られていた中居正広は残留するというのだが――。

■■読売新聞「内部文書」スッパ抜き!■■
「安倍の個人広報紙か」――本誌が入手した文章には
前川前次官の出会い系バー報道への読者の怒りが大量に列記されていた。
読者の意見2000件の大半が批判、解約言及が300件。
しかも記事は社内チェック機関を通していなかったのだ。

■■高血圧、糖尿病、肥満、骨粗しょう症に「酢が効く!」■■
毎日15〜30ml/穀物酢でも果実酢でもOK/
グレープフルーツジュースや牛乳で割る/保存版レシピ付ほか

■■「消毒液」を使ってはいけない オキシドールも!イソジンも!■■
擦りむいた傷口にオキシドールをかける。風邪予防のためにイソジンでうがい。
誰しも経験のあるこれらの行為、しかし、近年医療界では消毒に対する
考え方が、180度転換し、いまや間違った治療法になりつつあるという。

■■司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹■■
江戸では水戸藩士を狙った辻斬りが横行していた。
同志から「気をつけるよう」と言われた有村治左衛門だったが
辻斬りの現場に遭遇してしまい……。

●本誌直撃で「結婚発表」NMB須藤凜々花のアイドル哲学
●田中角栄、未公開インタビュー「真紀子はゴリラみたい」
●千葉真一との離婚で野際陽子は慰謝料を一銭も要求せず
●義家ヤンキー副大臣の「転向」と「経歴詐称」疑惑
●「誰も信じられない」と告白、ローラを裏切ったのは誰?
●阿川佐和子のこの人に会いたい 西川貴教(アーティスト)

グラビア
●原色美女図鑑 吉瀬美智子 撮影・黒瀬康之
●「イイネ!」 横山剣 撮影・三浦憲治
●小倉智昭が人妻と週一密会、どうーなってるの?!

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 6月8日号雑誌

■■■「加計スキャンダル」2大爆弾告白■■■
●前川文科省前事務次官「『総理が言えないから私が言う』
和泉総理補佐官、木曽内閣参与……安倍官邸からの“圧力”のすべて」
前川喜平氏の「『総理のご意向』文章は本物」という告白は、政界を大きく揺るがした。
官邸は加計学園の獣医学部新設を巡って行政が歪められたことはないとし、
前川氏を激しく批判している。小誌は一連の疑惑に関する新たな重大証言を得た。
●出会い系バー相手女性(26)が語る。
「彼は『前田』と名乗っていた。愛称は『まえだっち』。
週2回会っていた時期もあり、3年間で30回以上。5000円くれていた。
私は前川さんに救われたのです」

■■■ジャニーズ不良列伝■■■
・逮捕、田中聖元恋人が告白「薬物乱用、自殺未遂、増えるタトゥー」
・六本木に集結、20人の手越ガールズと“イッテQ”
・everyキャスター小山慶一郎が警戒“ベッド写真”攻防戦
・赤西、錦戸、山P軍団に代わるHey! Say! JUMPほか

■■「好きなアナ」「嫌いなアナ」2017
アンケート回答総数4500超 男性部門は初!■■
水ト、カトパン、夏目 三強に迫る意外なアラフィフ/
結婚ラッシュの影響は? 桑子、宇賀の新婚組は?/
新設の男性部門1位は果たして/嫌われダントツはあの男ほか

■■高齢出産の真実 「卵子凍結は20代で」は本当か?
順天堂浦安病院で実施 文・大場真代(医療ライター)■■
晩婚化が進むなか、「子どもが欲しい」と思う人の
ひとつの希望となっている「卵子凍結」。
卵子を凍結保存して、後に体外受精により妊娠を目指すというものだ。
最近では二十代で卵子凍結をしておくことを勧める自治体も出てきた。
その実態に女性医療ライターが迫った。

●阿川佐和子のこの人に会いたい 横田増生(ジャーナリスト)
「ユニクロ潜入取材のきっかけは柳井正社長から
『“招待状”をもらってた』と思い出して(笑)」

●ペットを飼えば健康長寿! 認知症予防や血圧低下にも効果あり
●「もう時間がない」宮里藍が洩らしていた“人生設計”
●舛添要一“懺悔本”出版を直撃すると「警察呼ぶ」と激昂
●手越だけじゃない、金塊強盗犯の“芸能界交遊録”
●眞子さま、厳戒下の友人結婚式で“幸せの黄色いドレス”
●落武者?渡辺謙、大河出演を発表できないNHK
●司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹

グラビア
●原色美女図鑑 伊藤歩 撮影・藤代冥砂
●トータス松本「人生かけて歌って25年」

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。