おすすめの「文藝春秋 出口」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「文藝春秋 出口」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「文藝春秋 出口」

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)

当代屈指の論客が日本の問題点100を論じる。

 主なテーマは以下の通り。
【2016年の15大問題】日本人よ、孤立を選ぶな(エマニュエル・トッド)ほか
【政治・国家戦略】英語公用化こそ日本再生のインフラだ(船橋洋一)ほか
【中国】人類史上最大のバブルがはじけるとき(熊谷亮丸)ほか
【世界情勢】アメリカはヒラリーを選ぶのか(渡辺靖)ほか
【経済】賃金は上がらず消費も減少 インフレ目標は本末転倒だ(野口悠紀雄)ほか
【ビジネス】VW不正事件 次世代エコカーサバイバル戦争の熾烈(香住駿)ほか
【人口・地方】2016年を「人口抑止」元年に(増田寛也)ほか
【教育・家族】「国公立文系廃止」問題 改革論の思い違い(天野郁夫)ほか
【働き方】日本企業に足りない人材とは(加藤崇)ほか
【科学・医療】ノーベル賞2部門受賞 日本科学の実力は(馬場錬成)ほか
【スポーツ】リオ五輪 日本の金メダルは最大16個!(小川勝)ほか
【文化・教養】経営は世界史に学べ(出口治明)ほか

 特別付録として、『論点』を利用してビリギャルを大学に合格させた坪田信貴氏による小論文必勝法と、「雇用問題のカリスマ」海老原嗣生氏による就活における『論点』活用術を掲載。

週刊文春 4月6日号雑誌

■■■渡辺謙不倫inニューヨーク 美女と仰天2ショット■■■
出会いは3年半前、世界的スターは36歳の美女と大阪、気仙沼、
そしてニューヨークで密会を重ねてきた。
会えない日には「おやすみ、チュッ、チュッ」とラブコール。
一方、ロス在住でがん闘病中の妻・南果歩は……。

■■■安倍昭恵夫人“神ってる”破壊力■■■
・責任押しつけ東大卒女性秘書の父を直撃すると……
・秘書の条件は独身、飲み会参加、土日随行も残業代は未払い
・天然鉱石水、波動水、宇宙米……謎のスピリチュアル生活
・中国人音楽家から韓流スターまで“性善説ネットワーク”

■■新「医療の常識」を疑え 全41項目■■
60歳以上は血圧150未満ならOK/夜間頻尿と心不全/
糖尿病薬で寿命が伸びる?/カルシウムのサプリと骨折リスク/
眼球体操にご用心/虫歯、歯周病を防ぐ正しい歯の磨き方ほか

■■ディーン・フジオカが「藤岡竜雄」だった頃
空白の18年間を追跡取材■■
福島生まれの青年はシアトルでの赤貧生活を経て、
バックパッカーとして香港へ。台湾時代は「日中ハーフ俳優」。
妻は670億円資産家の娘で通称“ジャカルタの虎”。
4月からテレ朝“ニュースの顔”に就任する俳優の素顔とは……。

■■稲田朋美「右翼人脈」と「怪しい政治資金」■■
・籠池だけじゃない!日本会議、関西防衛を支える会……
・元日昼食弁当1万2000円、同じ日に夫と2ショットを公開
・ホテルニューオータニ中華→和食、一晩で112万円
・自衛隊制服組を「司法試験も国家一種も通っていないんやろ」

■■佐藤愛子大特集「本が売れて、何がめでたい」■■
「いちいちうるせえ」と憤る姿が共感を呼び
著書がベストセラーとなっている作家・佐藤愛子さん。
いまや最も“怒ってほしい”93歳となった佐藤さんの波瀾に満ちた人生とは? 
初めて明かす「作家人生最高の一作」から、知られざる秘話、
名言で選んだ、アナタにぴったり一冊まで、完全保存版の大特集。

●「好きな俳優」「嫌いな俳優」2017 大アンケート キムタク、のんは何位?
●稀勢の里 両親が語る「嫁は大和撫子が一番」
●ゲス川谷“芸能界のドン”傘下入りで掌を返す面々
●大河に暗雲?“女城主”柴咲「落馬が怖くて戦ができぬ」
●連続企業爆破大地の牙 浴田由紀子42年ぶり“シャバの風”
●阿川佐和子のこの人に会いたい 蒲島郁夫(熊本県知事)

グラビア
●原色美女図鑑 鈴木京香 撮影・新津保建秀
●渡辺謙 世界的俳優と美女のラブラブ2ショット

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 6月29日号雑誌

■■■とくダネ撮! 小倉智昭“古希の恋”人妻美人記者と「週1密会」■■■
誕生日前夜は高級水炊きでお祝い。山下達郎コンサートの後は鰻。
事務所に招き入れると、特設スクリーンで二人きりの映画鑑賞。
だが小倉には妻、20歳以上下の彼女には社内結婚の夫がいて……。

■■■安倍「一強」の自壊 「なんでこんなことで騒ぐのか」と他人事■■■
・文科省“爆弾”新文書に総理は「萩生田、災難だな」
・安倍「菅さんはどうしちゃったのかね」深まる溝
・今井秘書官は「がんばれ!東京新聞」上機嫌の理由
・小池知事は本誌に「忖度」批判、都議選激変ショック

■■ジャニーズ中居残留はキムタクへの“抑止力”■■
6月18日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が
ジャニーズ事務所を退所することが発表された。
一方で独立派と見られていた中居正広は残留するというのだが――。

■■読売新聞「内部文書」スッパ抜き!■■
「安倍の個人広報紙か」――本誌が入手した文章には
前川前次官の出会い系バー報道への読者の怒りが大量に列記されていた。
読者の意見2000件の大半が批判、解約言及が300件。
しかも記事は社内チェック機関を通していなかったのだ。

■■高血圧、糖尿病、肥満、骨粗しょう症に「酢が効く!」■■
毎日15〜30ml/穀物酢でも果実酢でもOK/
グレープフルーツジュースや牛乳で割る/保存版レシピ付ほか

■■「消毒液」を使ってはいけない オキシドールも!イソジンも!■■
擦りむいた傷口にオキシドールをかける。風邪予防のためにイソジンでうがい。
誰しも経験のあるこれらの行為、しかし、近年医療界では消毒に対する
考え方が、180度転換し、いまや間違った治療法になりつつあるという。

■■司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹■■
江戸では水戸藩士を狙った辻斬りが横行していた。
同志から「気をつけるよう」と言われた有村治左衛門だったが
辻斬りの現場に遭遇してしまい……。

●本誌直撃で「結婚発表」NMB須藤凜々花のアイドル哲学
●田中角栄、未公開インタビュー「真紀子はゴリラみたい」
●千葉真一との離婚で野際陽子は慰謝料を一銭も要求せず
●義家ヤンキー副大臣の「転向」と「経歴詐称」疑惑
●「誰も信じられない」と告白、ローラを裏切ったのは誰?
●阿川佐和子のこの人に会いたい 西川貴教(アーティスト)

グラビア
●原色美女図鑑 吉瀬美智子 撮影・黒瀬康之
●「イイネ!」 横山剣 撮影・三浦憲治
●小倉智昭が人妻と週一密会、どうーなってるの?!

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 6月22日号雑誌

■■■小出恵介を抹殺した「17歳女子」の告白
「500万円要求」「半グレ集団」これが全真相だ!■■■
「無理やりではないです。
ヤッた後、小遣い稼ぎのために週刊誌に連絡した。
ただ小出君は『カネで解決すればいいんだろ』と
謝罪の場でも私に肉体関係を求めてきたんです」

■■■福岡母子3人殺害「殺人警官」の狂気■■■
・「人生やり直したい」しみじみと打ち明けていた夫
・妻に「飲み会」参加を禁じられ、夫は漫画喫茶に寝泊り
・事件2週間前、妻が同世代男性と深夜の二人カラオケ
・「夫が職場に馴染めない」妻の愚痴、教育方針めぐりケンカ
・大学中退後バイト生活で母が就職先探し、警部補昇進に失敗
・取調べに無表情で「自分は関係ありません」、本部長は逃走

■■■「メンタルの不安」を解消■■■
●「高齢者うつ」と「認知症」 簡単にわかる見極め方
物忘れがひどくなってきたら、普通は「認知症」を疑うだろう。
しかし、それは「高齢者うつ病」の場合もある。
非常に似た症状が出るが、異なる病気であるため、効く薬も違う。
誤診すると症状はひどくなるばかりか、
本物の「認知症」になるケースもあるという
●「SNSうつ」に気をつけろ! 文・鳥集徹
「いいね!」がつかないと自己嫌悪に……。
いまや誰もが使うSNSを使う上での注意点とは。

■■巨人・堤GM解任「忖度人事」の大迷走 文・鷲田康■■
自己ワースト記録を更新する13連敗を喫した球界の盟主・読売巨人軍。
連敗に激怒した読売大幹部の意向を忖度しての人事で、
詰め腹を切らされたのはGMだった。
混迷を極める巨人軍内部の深層をレポートする。

■■安倍首相が生贄にする文科省女性課長補佐■■
再調査では「文書は本物、内容が間違い」と逃げる予定。
この文書を作成し、流失させたといわれるのが、高等教育局の課長補佐。
彼女は内閣府の圧力に「ひどいじゃないですか」と憤っていたというが……。

■■司馬遼太郎・初漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹■■
後に桜田門外の変と呼ばれる暗殺劇に加わるべく、江戸に潜む薩摩藩士・有村治左衛門。
仇敵・井伊直弼の姿を偵察し、同志と密会した有村は、己の義憤を燃やしていた。

●“不倫映画”で熱演、上戸彩が離婚できないお家事情
●テレ朝退社、青山愛アナが“怒り心頭”「私はホステスじゃない」
●国際会議で「美人宣言」稲田朋美防衛相、改造交替前の花道
●井川遥、篠原涼子らが結成したママ友「渋谷会」のご威光
●公明党議員が創価学会婦人部、熟女と熱烈キス写真
●阿川佐和子のこの人に会いたい 堀義貴(ホリプロ社長兼会長)

グラビア
●原色美女図鑑 橋本環奈 撮影・アンディ・チャオ

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 3月30日号雑誌

■■■森友学園 籠池泰典理事長 独白60分 
「8億円値引き」の背景と安倍夫妻との特別な関係■■■
「安倍昭恵夫人が講演したのは3回。PTAの女性の紹介でした。
100万円の寄付金は『安倍晋三からです』と帯封付でいただいた。
実は講演後、10万円を『感謝』と書いた封筒に入れ、
菓子箱に貼り付けてお渡ししました。車が出た直後のことでした。
昭恵夫人から『先程の寄付金は匿名でお願いします』と携帯に電話があったのです」

■■■石原・浜渦「逃げ恥」を許したおバカ都議■■■
「担当者に一任していた」と元知事がトボければ、
元副知事は「水面下なら答えてやるよ」と嘯く。
豊洲移転の帰趨を見極めるはずの百条委員会は、
真相究明にはほど遠い結果に終わった。
誰がための証人喚問だったのか。
石原・浜渦両氏に「逃げ恥」を許した戦犯を名指しする。

■■高血圧を防いでやせる!「理想のミネラル食」
全米ダイエット法7年連続1位 1週間献立付■■
近年、アメリカで最も優秀なダイエット法と見なされている「DASH食」。
もともとは高血圧予防食として知られ、
血圧降下と体重減少が期待できる“一石二鳥”の食事法ということになる。
具体的に何を食べればいいのか、専門家にメカニズムとともに解説してもらった。

■■東大合格ママ徹底指南「男子と女子は受験勉強が違う
息子3人に続き、長女も東大理3現役合格■■
東大理3に息子3人を合格させた受験の“プロママ”佐藤亮子さん。
一昨年にそのメソッドを満載した著書を上梓すると賛否両論が巻き起こった。
そんな佐藤さんが今年は長女も東大理3に合格させた。
改めて話を聞くと、男子と女子では受験のノウハウが違うのだという。

●松潤のとばっちり? 井上真央“開店休業”のウラ事情
●4人のヤクザを5分でKO? 渡瀬恒彦「芸能界最強伝説」
●元妻浅丘ルリ子vs.加賀まりこ 緊迫の石坂浩二ドラマ
●レストラン休業 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
●TBS石井アナ 結婚相手は「ロッテ会長」令嬢!
●石原宏高「スタバでひとり朝食」も政治資金の金銭感覚
●阿川対談 目黒祐樹(俳優)「兄・松方弘樹、最期の日々」

カラーグラビア
●原色美女図鑑 土屋太鳳 撮影・みなもと忠之

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。