おすすめの「文藝春秋 蜜蜂と遠雷」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「文藝春秋 蜜蜂と遠雷」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「文藝春秋 蜜蜂と遠雷」

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)

恩田陸にしか書けない、緊迫の舞台型ミステリー

舞台は、アパートの一室。
別々の道を歩むことが決まった男女が、最後の夜を徹し語り合う。
初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿――共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。
濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。
不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編!

「一つの部屋に、男女が一人ずつ。具体的な登場人物はこの二人だけ。そして、章ごとに男の視点と女の視点が入れ代わる。
読み進むうちに、どうやら、二人は今まで同居していて、引っ越しを決め、最後の夜を共に過ごそうとしていると分かってくる。
そして、さらに読み進めれば、二人はある殺人事件に関わっているのかもしれないという予感がしてくる。
……まだ、小説を読まないまま、先にこの解説を読み始めた人に伝えられるのはここまでです。」
(解説・鴻上尚史)

終りなき夜に生れつく (文春e-book)

祝、直木賞受賞! 恩田陸の最新作

今明かされる、あの殺人者たちの過去
ダークファンタジー大作『夜の底は柔らかな幻』のスピンオフ短篇集。
特殊能力を持つ「在色者」たちの凄絶な過去が語られる――

僕たちは、同じ種族だ。
永遠に終わらない夜を生きていく種族。

のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、
犯罪者たちの王として君臨する男、神山。
市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは――。

強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、
いかにして残虐な殺人者となったのか。

『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの
過去が今、明らかになる。

ソナチネ (文春文庫)

生と死とエロス――。著者の真骨頂!

刹那の欲望、嫉妬、別離、性の目覚め……。
著者がこれまで一貫して描き続けてきた人間存在のエロス、
生と死の根幹に迫る圧巻の短篇集。

ピアニストの佐江は、教え子の少女のホームコンサートで、
少女の叔父だという男と出逢う。
音楽堂の暗い客席で、少女の弾くソナチネのメロディに合わせるように、
佐江と男は視線を、指先をからませていく……。(「ソナチネ」)

「鍵」「木陰の家」「終の伴侶」「ソナチネ」「千年萬年」「交感」「美代や」の7編を収録。

「恋愛とはきっとこういうものなのだ。人生のあらゆる出来事に繋がっている。」(千早茜、解説より)

まひるの月を追いかけて (文春文庫)

奇妙な旅のはじまり、はじまり
異母兄の恋人から、兄の失踪を告げられた私は彼を探す旅へ——。
奈良を舞台に夢と現実のあわいで真実は姿を隠す。恩田ワールド全開のミステリーロードノベル。

異母兄が奈良で消息を絶った。
たった二度しか会ったことがない兄の彼女に誘われて、私は研吾を捜す旅に出る。
早春の橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香……。
旅が進むにつれ、次々と明らかになる事実。それは真実なのか嘘なのか。
旅と物語の行き着く先は――。

「恩田作品には映像に携わる人間を刺激する何かがある。
撮りたい衝動にかられる。その言葉を発語してみたくなる。
登場人物を設定された場所に解き放してみたくなる。
そして、その場所を、実際に訪れてみたくなる」
(解説・佐野史郎)

夏の名残りの薔薇 (文春文庫)

この殺人事件は真実なのか、それとも幻か!?
沢渡三姉妹が山奥のホテルで毎秋、開催する豪華なパーティ。
不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。はたして犯人は――

沢渡三姉妹が山奥のクラシック・ホテルで毎年秋に開催する、豪華なパーティ。
参加者は、姉妹の甥の嫁で美貌の桜子や、次女の娘で女優の瑞穂など、華やかだが何かと噂のある人物ばかり。
不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。
これは真実なのか、それとも幻か!?
巻末には杉江松恋氏による評論とインタビューも収録。

「『夏の名残りの薔薇』は本格ミステリという「閉じる」小説形式のルールを遵守しながら、同時に「閉じない」モチーフを小説内に定着させるという、極めて曲芸的な目論見によって書かれた作品である。(中略)小説内の犯人が目論んだ計画とは別に、作者が小説内で狙った仕掛けについても注意して読み進めなければならない――。」
(解説・杉江松恋)