おすすめの「文藝春秋 4月号」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「文藝春秋 4月号」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「文藝春秋 4月号」

週刊文春 4月6日号雑誌

■■■渡辺謙不倫inニューヨーク 美女と仰天2ショット■■■
出会いは3年半前、世界的スターは36歳の美女と大阪、気仙沼、
そしてニューヨークで密会を重ねてきた。
会えない日には「おやすみ、チュッ、チュッ」とラブコール。
一方、ロス在住でがん闘病中の妻・南果歩は……。

■■■安倍昭恵夫人“神ってる”破壊力■■■
・責任押しつけ東大卒女性秘書の父を直撃すると……
・秘書の条件は独身、飲み会参加、土日随行も残業代は未払い
・天然鉱石水、波動水、宇宙米……謎のスピリチュアル生活
・中国人音楽家から韓流スターまで“性善説ネットワーク”

■■新「医療の常識」を疑え 全41項目■■
60歳以上は血圧150未満ならOK/夜間頻尿と心不全/
糖尿病薬で寿命が伸びる?/カルシウムのサプリと骨折リスク/
眼球体操にご用心/虫歯、歯周病を防ぐ正しい歯の磨き方ほか

■■ディーン・フジオカが「藤岡竜雄」だった頃
空白の18年間を追跡取材■■
福島生まれの青年はシアトルでの赤貧生活を経て、
バックパッカーとして香港へ。台湾時代は「日中ハーフ俳優」。
妻は670億円資産家の娘で通称“ジャカルタの虎”。
4月からテレ朝“ニュースの顔”に就任する俳優の素顔とは……。

■■稲田朋美「右翼人脈」と「怪しい政治資金」■■
・籠池だけじゃない!日本会議、関西防衛を支える会……
・元日昼食弁当1万2000円、同じ日に夫と2ショットを公開
・ホテルニューオータニ中華→和食、一晩で112万円
・自衛隊制服組を「司法試験も国家一種も通っていないんやろ」

■■佐藤愛子大特集「本が売れて、何がめでたい」■■
「いちいちうるせえ」と憤る姿が共感を呼び
著書がベストセラーとなっている作家・佐藤愛子さん。
いまや最も“怒ってほしい”93歳となった佐藤さんの波瀾に満ちた人生とは? 
初めて明かす「作家人生最高の一作」から、知られざる秘話、
名言で選んだ、アナタにぴったり一冊まで、完全保存版の大特集。

●「好きな俳優」「嫌いな俳優」2017 大アンケート キムタク、のんは何位?
●稀勢の里 両親が語る「嫁は大和撫子が一番」
●ゲス川谷“芸能界のドン”傘下入りで掌を返す面々
●大河に暗雲?“女城主”柴咲「落馬が怖くて戦ができぬ」
●連続企業爆破大地の牙 浴田由紀子42年ぶり“シャバの風”
●阿川佐和子のこの人に会いたい 蒲島郁夫(熊本県知事)

グラビア
●原色美女図鑑 鈴木京香 撮影・新津保建秀
●渡辺謙 世界的俳優と美女のラブラブ2ショット

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 4月20日号雑誌

■■■北朝鮮・金正恩“斬首”秒読み
政府が覚悟「最悪シナリオ」山口敬之■■■
すべては結果責任だ――トランプ大統領は習近平国家主席に迫り、
北朝鮮・金恩正斬首作戦はカウントダウンに入った。
一方で安倍政権の足元では“自公同盟”の亀裂があらわになり、
閣僚たちの問題発言が噴出している。
朝鮮半島に戦火が迫りつつある中、官邸の備えは十分といえるのか……。
●安倍首相も「支援はいらない」自民から噴出、公明切捨て論
●今村復興相、金田法相、鶴保沖縄相……在庫一掃大臣のツケ

■■■渡辺謙、愛人親友激白
「彼女は求婚され、子供を産んでいいと言われた」■■■
ハリウッド俳優の“ニューヨーク不倫”は、結婚を見すえた真剣交際だった。
この衝撃の情報を入手し、取材を続けた本誌取材班は、ついに複数の核心証言を得た。
愛妻・南果歩だけでなく、愛人のA子さんをも傷付けたラストサムライ。
いつまで逃げ続けるつもりなのか――。

■■医学的に徹底検証「死ぬまでセックス」は健康にいいのか?
男性は前立腺肥大の予防・女性は更年期障害の改善ほか■■
いくつになってもパートナーとセックスを楽しみたい人は多いだろう。
しかし、それなりに激しい運動であるため、心臓などへの負担も気になるところ。
果たして高齢者のセックスは健康にとって問題はないのか。
バイアグラなどED治療薬の効果なども含め、医師たちに話を聞いた。

■■NHK「サンデースポーツ」元キャスター“花見W不倫”
42歳元ミス慶応アナと55歳の映画監督は昼下がりの仕事場で……■■
4月3日、学生たちの歓声が上がる東大駒場キャンパスの昼下がり、
ソメイヨシノが咲き乱れる小高い丘の上に、一組のカップルの姿があった。
花見を楽しんでいたのは、「東京タワー」などの映画監督・源孝志(55)。
脇に座る女性は、かつて「サンデースポーツ」などを担当していた
NHKの中堅アナウンサー・與芝由三栄(42)だった。

●“復活前夜祭”ゲス川谷&ほのかりん、高級フレンチデート
●引退発表で火花、浅田真央スポーツキャスター争奪戦
●格安バニラエア「フライト中、副操縦士に異変が」現役CAが告発
●大谷翔平を潰したのは誰だ! 来季メジャーにも暗雲
●伊藤綾子アナ、NEWS小山……日テレ「every」連続炎上
●昼ドラ「やすらぎの郷」倉本聰が刻みつけた“テレビ局への怨念”
●オヨヨ桂文枝、妻への“謝罪旅行”inハワイ撮った
●阿川佐和子のこの人に会いたい 梅沢富美男(俳優)

グラビア
●原色美女図鑑 桐谷美玲 撮影・TAKAKI_KUMADA
●ゲス川谷&ほのかりん、春遠からじ?

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 4月13日号雑誌

■■■香取慎吾20年恋人と“謎の少年”■■■
97年に同棲を始めた2歳上のA子さん。
SMAPであるがゆえに結婚を許されなかった彼女と、
解散後、香取はデートを繰り返している。
一方で我が子のように愛する少年と二人で
夜の後楽園遊園地で無邪気にはしゃぐ。
40歳を機に“悲恋の物語”に終止符は打たれるのか――。

■■小林麻耶独占告白100分
「妹・麻央とは未来のことは話さない。今生きていることが大事」■■
昨年5月、生放送中に倒れて緊急搬送され、長期休養に入っていた小林麻耶。
「過労」の主因は乳がんで闘病中の妹・麻央への心痛だった。
約1年ぶりに表舞台に戻ってきた姉が、妹のがん発覚当時の心境や現在の病状まで、
あふれる涙を抑えながら約100分にわたって熱く語った。

■■■東芝“原発大暴走”を後押しした安倍首相の今井尚哉秘書官
原発事業の大失敗で赤字1兆円も税金で尻拭い?■■■
東芝の原発事業担当者は社内で“暴走機関車”と呼ばれていた。
この男が頼ったのが、資源エネルギー庁次長で現秘書官の今井尚哉氏。
本誌が入手した担当者の日誌には年間30回も「今井」の名がある。
西田元会長は政府の顔色を見過ぎたことは「間違っていた」と語るが……。

■■渡辺謙“厳戒帰国”を独占直撃■■
4月1日6時50分、ロサンゼルス発、日本航空61便は成田空港に到着した。
空港職員に先導され姿を見せたのは、ハリウッド俳優・渡辺謙だった。
端正なマスクに疲労感が滲み出ていたのは、長時間フライトのためだけではなかった。
本誌記者が取材を試みると、スキンヘッドの屈強な男が……。

●認知症に「なりやすい住宅」 幹線道路沿いに住むとリスクが7%アップ
●安倍晋三は「裸の王様」になったのか 籠池問題で逆ギレ、菅も二階も止められない
●「家を覗き込まれた」ベトナム女児が洩らしていた恐怖
●朝ドラ「ひよっこ」有村架純を悩ます方言と減量
●君ならできる!松岡修造、長女宝塚コネなし合格
●負債151億円てるみくらぶ女社長のカネ・カネ・カネ
●阿川佐和子のこの人に会いたい 下重暁子(作家)

グラビア
●原色美女図鑑 佐久間由衣 撮影・鈴木心
●香取慎吾 20年恋人と、そして……

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 5月4・11日号雑誌

■■■安倍晋三首相が頼る「運勢」のお告げ
「トランプは相性ぴったり」「森友は3月まで。運勢の底は4月4日」■■■
安倍首相に頻繁に「運勢メール」を送る人物がいる。中原伸之元東燃社長。
11年前、総裁選出馬の際も「運勢は最高にいい」と背中を押した。
安倍首相は「よく当たるんだ」と信頼しており、その影響は経済政策や人事にも及ぶ。
「生年月日」と「易経」に基づく“占い”に国家の命運は掛かっているのだ。

■■乃木坂46卒業、橋本奈々未を私物化するソニーミュージック取締役■■
2月に出版された写真集は発売後即重版で11万部。
卒業後もベストセラーランキングに入るほどの人気を誇る元乃木坂・橋本奈々未。
だがそんな彼女を“私物化”する男の影が。AKBでも同じようなことがあったが、
アイドル業界のモラルってどこかにあるんでしょうか、秋元先生?

■■保存版23ページ 満喫「大相撲」!■■
戦後日本を勇気づけた“栃若”、最高のライバル、北の湖と輪島、
昭和最後の名横綱・千代の富士、平成に入っての若貴フィーバー。
いままた、稀勢の里らの活躍で大ブームに沸く大相撲の魅力を徹底ガイド。
タモリさんと能町さんの対談やデーモン閣下の名勝負解説など特別企画満載。
●特別対談 タモリ×能町みね子「大相撲の異形たち」
●デーモン閣下 吾輩が痺れた「昭和・平成の名取組・名力士」
●5月場所最前線ルポ 稀勢の里「ガチンコ復活」への道
●伊藤理佐 本日は相撲びより
●阿川対談 鳴戸親方(元大関・琴欧州)「一皮剥けた稀勢の里」

■■「好きなジャニーズ」「嫌いなジャニーズ」アンケート回答数3500通超■■ 
SMAP解散で勢力図は一変。ベテラン司会の中居は別格としても、
朝はNHKの井ノ原、日テレの山口、TBSの国分らがMCとしてシノギを削る時代。
櫻井や小山もニュースを読む。お茶の間の本当の人気者は誰なのか。
小誌にしかできないジャニーズ好感度の新企画!
●「彼とは終わりました」松本潤“4年恋人”本誌に吐露
●櫻井翔と小川アナ、六本木ヒルズ高級イタリアンで「個室デート」

■■新連載 司馬遼太郎初の漫画化!「幕末 桜田門外の変」作画・森秀樹■■
司馬遼太郎作品がついに漫画化される。
第一弾となるのは短編集『幕末』より「桜田門外の変」。
司馬さんが「明治維新を肯定するとすれば、
それはこの桜田門外から始まった」と記した重要な暗殺事件である。

■■超大型ワイド32本 忖度しません。■■
●渡辺謙に愛人を紹介した“大物司会者”が内幕激白
●福岡3億8000万円強盗、被害者はテレビでお馴染み“金満社長”
●都議会のドン内田茂の一声で「27歳証券レディ」後継決定
●自宅も引き払い……成宮寛貴に「舞台で芸能界復帰」情報
●殺害2日前金正男が友人にかけた「ミサイル発射」電話
●本誌直撃3日後に逮捕、坂口杏里が堕ちた“ホスト地獄”

■■「インプラント」「入れ歯」正しい歯科医の選び方■■
「すぐ抜きましょう」はNG/高血圧や糖尿病患者は慎重に/
激安は危険/「大量出血」で死亡事故も/入れ歯は前歯を重視/
「インプラント」の前に歯周病をしっかり除去ほか

●池上彰×出口治明「フェイクニュースに騙されない歴史の学び方」
●“百獣の王”武井壮にDV疑惑 知られざる結婚、借金訴訟
●稲田朋美「資産防衛術」の研究 不動産など総額10億円!
●被害女子大生が涙の告発「DeNA採用担当者は私をホテルに連れ込んだ」

グラビア
●原色美女図鑑 尾野真千子 撮影・みなもと忠之
●スクープ撮 橋本奈々未「サヨナラの後も」
●プレイバック1987と2017 元おニャン子 新田恵利&国生さゆりほか
●dancyuと初コラボ カレーはいつもスキャンダルー

好評連載
みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥ほか

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

週刊文春 4月27日号雑誌

■■■リンちゃん殺害凌辱鬼・渋谷恭正の素性■■■
・「3回離婚した」前妻は中国人、最初の妻との間に20代の娘
・AKB小動物系好き、東南アジアロリDVDを職場で自慢
・身長180センチ超、中学時代は柔道部、高校では映画制作
・ビンタした教師を「お返しです」と殴って血まみれに
・遺体に残された残虐すぎる裂傷と魔のキャンピングカー

■■■安倍夫妻「腹心の友」加計学園に流れた血税440億円!
昭恵夫人の紹介で籠池氏も二度視察した“学園ビジネス”■■■
各社が4月に行った世論調査で、森友学園への国有地格安売却問題で
安倍晋三首相の説明に納得していないとの回答は未だ7割前後に及んでいる。
最高権力者と親しい人物に、国や自治体が便宜を図ることは本当にないのか。
安倍首相の“親友”を小誌は徹底調査した。

■■「歯周病」最新対策マニュアル
動脈硬化、高血圧、糖尿病、EDの原因にも■■
口のネバネバや出血が初期症状/歯ブラシよりデンタルフロス/
マウスウオッシュやうがい薬は逆効果/親子感染にご用心ほか/
歯ブラシの使い方から歯科医の選び方まで専門家が徹底解説!

■■池上彰が韓国識者に問う!「どうなる北朝鮮、どうする韓国」■■
秒読み状態の米朝激突。核兵器とICBMを握る金正恩をトランプはいつ叩く?
決断の瞬間が迫る一方、韓国大統領選では反日候補が顔を並べ、
従軍慰安婦「日韓合意」破棄へと突き進んでいる。
混迷深まる朝鮮半島情勢について、韓国シンクタンク所長に池上彰が全部聞いた!
●北朝鮮・中国を追い詰める「米無敵艦隊」の不穏な航跡 山口敬之

●エイベックス関連会社執行役員「グラドル強姦未遂」で3千万円示談
●「大腸がん」治療法が変わった。患部が「右側」「左側」で抗ガン剤が違う
●「小さな巨人」長谷川博己を支える“シン・ゴジラ妻”
●「クックパッド」は危ない 要注意メニュー一覧
●正月旅行に出産計画も! カトパンの「働き方改革」
●愛子さま学習院催しでカレー、アイスをペロリ
●阿川佐和子のこの人に会いたい 久本雅美(女優)

グラビア
●原色美女図鑑 トリンドル玲奈 撮影・アンディ・チャオ
●水道橋博士「小説のような日常だから」

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。