おすすめの「文藝春秋 70年」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「文藝春秋 70年」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「文藝春秋 70年」

70年の70冊 電子書籍で「戦後」を読む【文春e-Books】

2015年は戦後70年。同時代を生きるすべての人に贈る、「戦後」を凝縮した大充実ブックガイド!
本書では1945年から2014年まで、それぞれの年を象徴するできごとを取り上げた電子書籍を1冊ずつセレクトし、計70冊を紹介します。以下はその一例です。
1945年・終戦……『日本のいちばん長い日 決定版』半藤一利
1950年・「羅生門」公開……『複眼の映像 私と黒澤明』橋本忍
1960年・浅沼稲次郎刺殺事件……『テロルの決算』沢木耕太郎
1973年・第1次オイルショック……『狼がやってきた日』柳田邦男
1986年・男女雇用機会均等法施行……『女たちのサバイバル作戦』上野千鶴子
1992年・天皇訪中……『中国共産党「天皇工作」秘録』城山英巳
2003年・松井秀喜メジャーデビュー……『エキストラ・イニングス』松井秀喜
2014年・STAP細胞事件……『捏造の科学者』須田桃子
厳選に厳選を重ねた70タイトル。これらがあなたに、「戦後」を旅するかつてない知的興奮と刺激に満ちた読書体験をもたらすことをお約束します。

「文藝春秋」で読む戦後70年 第一巻 終戦から高度成長期まで (文春e-book)

「当事者主義」という編集方針を掲げ、その時代の話題の出来事について、関係者たちの証言をもとにした記事を掲載し続けてきた月刊『文藝春秋』。そんな『文藝春秋』の記事で戦後70年を振り返る特別増刊全4巻を刊行。第1巻は、「終戦から高度成長期まで」。戦後最大のスクープといわれる「昭和天皇独白録」をはじめ、「死後十五年目の発見 処刑直前の日記公開 東條英機」や「『貧乏人は麦を食え』のヒトの回想 大蔵大臣はつらい 池田勇人」、「時の幹事長がぶち上げた政権構想 日本列島改造の青写真 田中角栄」などを掲載。

「文藝春秋」で読む戦後70年 第二巻 安定成長期から天皇崩御まで (文春e-book)

「当事者主義」という編集方針を掲げ、その時代の話題の出来事について、関係者たちの証言をもとにした記事を掲載し続けてきた月刊『文藝春秋』。そんな『文藝春秋』の記事で戦後70年を振り返る特別増刊全4巻を刊行。第2巻は、安定成長期から天皇の崩御まで、「ルバング島での邂逅 小野田少尉発見の旅」「厳秘メモ公開! 野坂参三は三重スパイだった」「大韓航空機爆破事件の真実 全告白 悪夢のすべて 金 賢姫」「日航機墜落、奇跡の生存者 地獄からの生還」などを掲載。

「文藝春秋」で読む戦後70年 第四巻 「9・11」後の世界と日本 (文春e-book)

「当事者主義」という編集方針を掲げ、その時代の話題の出来事について、関係者たちの証言をもとにした記事を掲載し続けてきた月刊『文藝春秋』。そんな『文藝春秋』の記事で戦後70年を振り返る特別増刊全4巻を刊行。第4巻は「9・11」以後の世界と日本。「9・11の現場から その時、ホワイトハウスは…」「雅子妃 その悲劇の全真相」「『はやぶさ』は根性で飛んでくれました」「被災地で子供たちが書いた作文20」「最期の手記 高倉健 病床で綴った日本人への遺言」などを掲載。

「文藝春秋」で読む戦後70年 第三巻 バブルからその崩壊へ (文春e-book)

「当事者主義」という編集方針を掲げ、その時代の話題の出来事について、関係者たちの証言をもとにした記事を掲載し続けてきた月刊『文藝春秋』。そんな『文藝春秋』の記事で戦後70年を振り返る特別増刊全4巻を刊行。第3巻は、バブルとその崩壊。「イトマン事件の全容 住銀のドン・磯田一郎氏を恨む」、 「松本サリン事件 あの夜 私の家で起こったこと 河野義行」、「小沢一郎の罪と罰 オヤジ金丸信 死の床の一言 野中広務」などを掲載。