おすすめの「日本 環境」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日本 環境」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日本 環境」

環境政策の本質から学ぶ: なぜ日本の環境政策がうまく進まないのか

環境は、私たち人間だけのものではない。生態系を含む地球上のすべての生命の基盤であり、暮らし、経済活動などすべての人間活動の基盤となるものである。現在の仕組みでは、政策の根底に「環境」が位置づけられるのではなく環境政策も多くの政策同様一つの柱として扱われており、例えば、環境政策と経済政策や開発計画との衝突だけではなく、縦割り行政の弊害、無責任体質、倫理の問題など様々の課題がある。これらの中には環境政策に関わらず、すべての政策に共通する課題もあるが、特に現代の環境政策における課題のうち、経済優先に屈伏した環境政策などその本質について述べることにより、今後の方向性を考える。

循環型社会形成推進基本法: 環境弱者 日本福祉新聞電子文庫シリーズ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
あなたは『循環型社会形成推進基本法』という言葉を聞いたことがありますか?

大量生産、大量消費、大量廃棄という流れを、大きくシフトし、「環境」を大切にし、限りある資源を有効に活用しようという法律です。

「環境」という言葉自体、すでに、人間中心主義を基盤としているかのようですが、たとえ、狂信的なまでの人間中心主義であったとしても、環境によって、多大な影響を受け続けます。

あるいは、まったく逆に、「環境」にまったく負荷をかけず、自然と共生し、エコロジカルに生きているのだといったひとに対しても同じです。

上記の言葉も、十九世紀以前の人間によって発せられたものであるなら、だれも問題にはしないでしょう。
しかし、二十世紀以降、特に、二十一世紀を生きる者にとっては、はなはだ無責任といえます。

なぜなら、その者が、どのようにエコロジカルであろうと、自然とともに、「人間であることさえ滅却して」生きていても、人類全体は、相変わらず自然を「サイクル以上に」変化させて活動しているのなら、その者も影響を受けるという被害者であるといううえに、自然に対して保護しない、という点において、自然に対する加害者でもあるともいえるからです。

これは、異様なテーゼですが、「環境」では肯定されます。

かつて「公害問題に、第三者はいない。加害者か、被害者だけだ」と叫ばれた呪縛が、深化したものが今日の「環境」です。

化学工場から排出された、未処理の、解毒されていないところの汚染水によって、地域住民の健康が危険にさらされた、という時代がありました。

しかしそれは、人体に有害な化学物質を、科学技術によって処理し、無害化させれば、乗り越えることができました。

しかし「公害」から「環境」へと全面展開された現代において、人体に有害な化学物質だからといって、すぐに犯人を追放することができません。
たとえば、自動車の排気ガスを指摘されても、クルマを運転することをやめるひとはほとんどいません。

対象が「人体に有害な化学物質」なら、まだ、話は単純にすみます。
いま問題になっている、CO2、二酸化炭素は、有害ではありません。
地球上から消し去ることもできませんし、消し去ったなら、人類は死滅します。
二酸化炭素が、「急増」したことによる、「地球温暖化」が、有害とされているのです。
これをどのように解決するのか。
科学者によって、意見は分かれていますし、意図的なミスリード、あるいはプロパガンダの可能性を指摘する科学者や専門家もいます。

そればかりではありません。
なにが本質的に、人体に悪影響を与えているのか、わからない、といった茫漠とした、科学者らの意見の別れる要素の存在も忘れてはならないでしょう。
たとえば、遺伝子操作された穀物の摂取。
遺伝子操作された穀物を摂取した家畜の摂取。

また、有害であることがはっきりとしているのに、取り除くことができないもの、といった厄介なものがあります。
その最たるものが、原子力発電であったり、戦争です。
原子力発電は「クリーンなエネルギー」として宣伝されてきました。
戦争は、国是としても機能しています。
すくなくとも日本は、原子力発電をみとめ、戦争を認めた時代がありました。
国連が認めるように、「環境」を悪化させる最大の要因の一つは、戦争です。

「環境弱者」とは、
劣悪で、汚染されたなかで生活をよぎなくされているひとびと。

「環境弱者」とは、
自分がいったい、どんな被害を受けているのか、情報さえ与えられていないひとびと。

「環境弱者」とは、
てひどい公害により、命の危険にさらされているひとびと。

「環境弱者」とは、
地球的規模で増えています。

「大気汚染」
「水質汚濁」
「土壌汚染」
「騒音」
「振動」
「地盤沈下」
「悪臭」
……

水が、空気が、大地が、悲鳴をあげています。

「環境弱者」とは、
人権を奪われたひとびと。

孤立させられ、助けを求めることもできず、なにもできずに、悪化する環境を背負わされ、経済の矛盾、社会の矛盾のなかで、苦しんでいる「環境弱者」。

人間は、みずからにむけ発せられた絶望的なテーゼにたいして、解決する道を見つけ出すことができるのでしょうか?

この本が、循環型社会の形成に少しでも役立てられれば幸いです。

『循環型社会形成推進基本法』全文解説

<関連重要法など>掲載

1.国連の『世界人権宣言』1948年12月10日
2.国連の『人間環境宣言(ストックホルム)』1972年
3.国連の『有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約』1992年
4.国連の『環境と開発に関するリオ宣言』1992年
5.国連の『気候変動に関する国際連合枠組条約 京都議定書』1997年
6.『国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約(PIC条約)』1998年
7.『残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)』2001年
8.国連の『パリ協定』(仮訳文)2015年
9.『環境基本法』
10.『廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)』
11.『資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法(改正リサイクル法))』
12.『建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)』
13.『食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)』
14.『特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)』
15.『容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)』
16.『国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)』
17.『使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)』
18.『使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)』

◯日本福祉新聞がリリースする電子文庫シリーズ

これからのビジネスは「きれいごと」の実践でうまくいく―環境ブランドで日本一になったサラヤの経営

「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)でも大反響!

環境ブランド調査(環境考慮スコアランキング)で2年連続第1位(2016年)
日経ソーシャルイニシアティブ大賞(企業部門賞)受賞!(2016年)

目先の利益よりも企業理念が会社を伸ばす――。
時代を先取りし、多様なニッチトップ商品を持つなど、
「ソーシャルビジネスの雄」として各方面から注目を集める
サラヤのトップがすべてを語る。
(名著『世界で一番小さな象が教えてくれたこと』を大幅リニューアル)

サラヤの「きれいごと」① 利益優先でなく、環境、自然に配慮した商品を出す
サラヤの「きれいごと」② 世界的な環境保全や貧困対策などの社会貢献をする

◆サラヤとは――
1952年の創業以来、手洗い石鹸液「シャボネット」、ヤシノミ洗剤、カロリーゼロの自然派甘味料「ラカントS」、速乾性アルコール手指消毒剤……など独創的な商品を次々と開発・販売してきた。
「自然派」を標榜し、大手メーカーが寡占する様々な業界において、ニッチ市場を開拓し続けている。
ボルネオでの生物多様性保全への取り組み、アフリカでの感染予防など社会貢献活動でも知られ、環境保全、生物多様性やソーシャルビジネスなどに関する受賞は多数に上る。

【主な内容】
はじめに 時代が「きれいごと」を求めている
序 章 21世紀の企業は「きれいごと」で生き残る
第1章 象の鼻
第2章 熊野川の清流
第3章 自然派の原風景
第4章 清流の経営① 生物多様性と企業経営
第5章 清流の経営② ニッチトップで社会に役立つ
第6章 清流の企業が求められる時代
第7章 ウガンダの手洗い

日本でいちばん大切にしたい会社―――業績ではなく継続する会社をめざして【編集版】

理想の勤め先とは
・給料の高い会社
・福利厚生の整った会社
・働きやすい環境の会社
・やりがいのある会社
・残業のない会社
・上場している会社
・継続した安定起業

いまいる環境で求める理想は違います。
すべての人が理想の職場で働くことはできません。
しかし、理想の会社に変えていくことはできます。

本書は、どのポジションでご活躍されている方にでもあう
理想が見つかるのではないかと思います。
・今後の会社の方向性はどうしようか。
・これから、社内でどう会社を理想の会社にしようか。
・これからどのような会社で働こうか。

本書は、「日本でいちばん大切にしたい会社」の編集版として、
●第1部 会社は誰のために?
●第2部 日本でいちばん大切にしたい会社たち―――日本理化学工業株式会社
●コラム 重度の障がいをもつ彼女だからこそ、わが社が採用しなければ―――株式会社ファンケルスマイル
を、抜粋させて頂いています。
「日本でいちばん大切にしたい会社」と、
同じ内容になっていますので、既にお買い求めになった方々はご注意ください。

「日本でいちばん大切にしたい会社」は、
■ Amazon(アマゾン)レビュー数172件、レビュー評価平均★4星半
■ 村上龍氏 (作家)、佐々木常夫氏 (『働く君に贈る25の言葉』著者)絶賛 書籍
■ 企業の目的は社員の幸福を通じて社会に貢献すること
■ 貴方の働いている会社は社員の幸せを考えられていますか
■シリーズ累計67万部突破
の書籍です。

日本でいちばん大切にしたい会社【編集版】の
■目次

・はじめに
●第1部 会社は誰のために?
・「わかっていない」経営者が増えている!
・会社経営とは「五人に対する使命と責任」を果たすための活動
・業績ではなく継続する会社をめざして
・業績や成長は継続するための手段にすぎない
・社員は利益だけを求めているわけではない
・「多くの人を満足させる」こと。それが会社の使命
・経営がうまくいかない理由は内側にある
・中小企業にしかできないことがある
・日本で大切にしたい会社を増やそう
・続けていくことの大切さ

●第2部 日本でいちばん大切にしたい会社たち
◇障がい者の方々がほめられ、役立ち、必要とされる場をつくりたい
 日本理化学工業株式会社(神奈川県川崎市)
・社員の七割が障がい者の会社
・「私たちが面倒をみますから」
・誰でも何かの役に立ちたい
・人を工程に合わせるのではなく、工程を人に合わせる
・多くの企業が逃げている現状
・「おれたちまでおかしいと思われる」
・新製品の開発に向かって
・みんなが支えてくれる会社づくりを!
・消費者にできることがある
・五〇年の歳月の重さ、あたたかさ
・社員の家族が喜ぶ会社
・世代から世代へと受け継がれていく志
・気配りには気配りで応えたい
・自分たちにできることを考えよう

●コラム 重度の障害をもつ彼女だからこそ、わが社が採用しなければ
    株式会社ファンケルスマイル

■著者 坂本光司

改訂新版クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン Security Series (Security Series(NextPublishing))

アイデンティティ管理とは何か、主要な構成要素の定義、内部統制や情報セキュリティといった外部要請との関係、ID管理システムの導入効果、ID管理システム導入の各フェーズのタスクについての指針、アイデンティティ管理システムの導入事例、プロジェクトの失敗パターンと処方箋、FAQとかなり広範囲にわたっており、かつ、それぞれを深掘りしてまとめているほか、クラウド環境においてどのようにID管理を運用すべきかを詳しく解説してます。これからID管理システムを導入検討する人には、プロジェクトの推進の準備として、また、現在ID管理システムを導入中の人にとっては、現在のプロジェクトをよりよくするためのチェック、ヒント集として、活用していただける内容となっています。