おすすめの「日本 福祉」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日本 福祉」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日本 福祉」

高齢者虐待防止法: 高齢者への虐待は絶対にあってはなりません。虐待を受けている高齢者も、虐待をしているひとも、周囲の人々も「それが虐待である」と気づかず、あるいは虐待が日常茶飯事なので見逃しています!虐待が継続され、悪化し、被害者のまま生き続けている高齢者も多いのです! 日本福祉新聞電子文庫シリーズ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
あなたは『高齢者虐待防止法』という言葉を聞いたことがありますか?
高齢者が、家庭や社会の様々な場面で虐待を受けないため、できた法律です。
虐待は、高齢者の尊厳をおとしめ、生命をおびやかし、自立や社会参加をさまたげています。
日本では、あまりにも高齢者虐待の歴史が長く、固定化された偏見に、高齢者は、さらされてきました。
高齢者の人権は、おとしめられてきました。
『高齢者虐待防止法』は、高齢者の人権擁護や、心身の救助、保護と自立への道を後押しする、重要な法律のひとつです。

本来なら虐待を早期に発見し、虐待を食い止めるべき立場にいる「高齢者福祉施設」「学校」「医療機関」「保健所」「高齢者の福祉に業務上関係のある団体」「高齢者福祉施設従事者」「訪問介護士」「訪問看護師」「医師」「歯科医師」「保健師」「弁護士」「高齢者の福祉に職務上関係のある者」「使用者」も同様に、『高齢者虐待防止法』の存在を知らず、虐待を見逃しています。

国民全員が、高齢者の虐待防止に努めなければならないはずなのに……。

国や地方公共団体は、高齢者虐待の防止のために、「啓発活動」や「高齢者虐待を受けた、高齢者の保護」「高齢者の自立の支援のための施策」を講ずることになっています。
 
あなたは『高齢者虐待防止法』を知っていましたか?
ポスターを見たことがありますか?
パンフレットを見かけたことはありますか?

こう書かれています。
「特定のひとや家庭、場所ではなく、高齢者のいるどこの家庭や施設でも起こりうる問題です」
「虐待をしているひとに、虐待をしている認識がない場合もあります」
「虐待をされているひとが、虐待だと認識できないで、自分から被害を訴えられない場合もあります」

高齢者にとって、虐待の本質を明らかにすることのできる法律です。
この本が、家族への暴力の防止に少しでも役立てられれば幸いです。

『高齢者虐待防止法』全文解説

<関連重要法>掲載

1、国連の『世界人権宣言』
2、国連の『高齢者のための国連原則』
3、我が国の『老人福祉法』
4、我が国の『高齢社会対策基本法』

◯日本福祉新聞がリリースする電子文庫シリーズ

池上彰と学ぶ日本の総理 第13号 平成の宰相(宇野宗佑~安倍晋三) (小学館ウィークリーブック)

初代伊藤博文から安倍晋三まで、歴代総理の仕事、歴史背景、ウラ話など読みやすくまとめたウィークリーブック!

〈 目次 〉
・ 平成の宰相 時代背景
・ 平成の大舞台(1)
小泉純一郎は何を成しとげたか
・ 政界人物図
・ 第75代 宇野宗佑
・ 第76・77代 海部俊樹
・ 第78代 宮沢喜一
・ 第79代 細川護熙
・ 第80代 羽田 孜
・ 第81代 村山富市
・ 第82・83代 橋本龍太郎
・ 第84代 小渕恵三   
・ 第85・86代 森 喜朗
・ 第87~89代 小泉純一郎
・ 池上彰の5分でわかる政策
「年金問題」
・ 平成の大舞台(2)
国民は細川護熙に何を望んだのか
・ 第90代 安倍晋三
・ 第91代 福田康夫
・ 第92代 麻生太郎
・ 第93代 鳩山由紀夫
・ 第94代 菅 直人
・ 第95代 野田佳彦
・ ファーストレディ秘話
・ 第96・97代 安倍晋三
平成のファーストレディたち
・ 連載 総理の秘密(13) 池上彰
内閣情報調査室とは
・ 次号予告

【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。
※この作品はカラー版です。

ホームレス自立支援法: ボンドレス被害にあっている人々 日本福祉新聞電子文庫シリーズ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
あなたは『ホームレス自立支援法』という言葉を聞いたことがありますか?
家を失い、路上や空き地などで生活を余儀なくされているひとたちへの、社会復帰や自立への支援へ向けた法律です。

「ホームレス」という言葉が示すように、家がないだけ?
違います。

ホームレスのひとを呼び戻そうというこの社会
「受け皿」などという社会システム
地域社会のホームレスのひとへの意識
就労環境
そうしたもののどれもが、本質的にホームレスのひとを遠ざけているのではないか。

「ホームレスの自立の支援」とは、ホームレスのひとにむけられた言葉です。
「ホームレスとなることを防止する」という言葉は、ホームレスのひとが、ふたたびホームレス状態にならないように、という意味もあれば、社会全体に対して「ホームレスにはなるなよ」といった言葉であると共有します。

ホームレスのひとへの人権にたいする配慮こそ必要です。
「さげすまれ、差別され、排除され」てきました。

「公園から出て行け」
「道路に寝るな」
「河川敷に仮設住宅を作るな」
「橋の下に住むな」
「景観を損ねるから、街から出て行け」
「治安が乱れ、汚らしいから、警察が逮捕しろ」
「他の利用者のご迷惑になりますから、図書館から出てください」
「服装の汚れている方には入店をお断りしております」
……
あらゆる日本の法律が、ホームレスのひとに対して、拒絶的な姿勢で対応しています。
ホームレスのひとに、本質的に救助され得る論拠はないかのようです。

ホームレスのひとは、構造的に「地域社会から追い出されたひと」です。
しかも理由のすべてを、ホームレスのひとに負わせています。

「ホームレス」の対立概念は「地域社会」「家」「国家」です。
「ホームレスのひと」の対立概念は「地域社会のひとびと」「家族」「国民」です。

「理解」の対立概念は「差別」です。
「共生」の対立概念は「排除」です。

こどもにはそのように教育しますし、しつけます。
自分でも、いましめます。

それらの恐怖が、ホームレスのひとを、地域や、社会や、意識から遠ざけ、排斥することで、どうにか日常の平和を実感しようとしているかのようです。

しかし、ほとんどのホームレス支援活動をしているひとたちが感じているように、ホームレスのひとにこそ、多くを学び、多くを与えられ、想像さえしなかった輝きをひきだされます。

「ホームレス」という言葉のなかにひそむ差別。排除を肯定するニュアンス。責任を転嫁する悪意を感じずにはいられません。
まるで、「ホームレス」のひとたちが、怠け者で、人生の失敗者で、汚らしいクズ、であるかのような印象を与えているのではないか?

「ホームレス」
「ホームレス状態」
「ホームレスの状態に置かれているひと」
「ホームレスの方々」
いろいろな呼称を、いろいろな個人やグループや法律が、使用していました。
でも、どれも、責任の所在が明確ではありませんでした。

わたしたち日本福祉新聞は、「ボンドレス(Bondless)」という言葉を、いま、うみだします。

「ボンド(Bond)」とは、「絆」
「ボンド(Bond)」とは、参加したり、他の何かにしっかりと結合すること。

個人の能力や資質に還元されることのない、社会全体のなかでの指標。

単に「家」を失っている、仕事を失っているのではなく、社会から「つながりを断たれている」
家をえても、つながりが断たれたなら、むしろ「ボンドレス(Bondless)」は深まります。
職をえても、職場で孤立したなら、「ボンドレス(Bondless)」です。

教育課程のなかですでに、「ボンドレス(Bondless)」が始まっています。
競争社会や、国家主義、民族主義のなかにある、排他性という「ボンドレス」が、世代を超えて、幾重にも更新され、補強されています。

「ホームレスの状態に置かれているひと」の3割が、なんらかのしょうがい者であること。
貧しい国からやってきたひとびとも、路上や安宿にあふれているということ。
「ボンドレス(Bondless)」化は、ますます、多面的で、重層で、深刻になっています。

家がない、職がない、おかねがない、居場所がない、病院へ行けない、社会福祉の支援を受けられない、地域に差別されている……
それらはみな、「ホームレスの状態に置かれているひと」の個別の特徴ではなく、「ボンドレス(Bondless)」に現れた、それぞれの現象面(Surface)です。
現象面(Surface)だけを整えようとしても、「ボンドレス(Bondless)」が継続され、、隠され、強化されていたなら、問題の解決にはならないどころか、より一層の「ボンドレス(Bondless)」に陥ります。

「ホームレスの状態に置かれているひと」は、個人の能力的問題、気質や社会性、しょうがい、として片付けられてきました。
しかし、わたしたち日本福祉新聞は、「ボンドレス(Bondless)」被害にあっている人々、として受け止める試みをします。

「ホームレスの状態に置かれているひと」を、ボンドレス(Bondless)被害から守ることが、緊急の課題です。

ゆえに「わたし」は、おのれの「ボンドレス(Bondless)」を認め、わたしたち日本福祉新聞は「ボンドレス(Bondless)」という言葉で、「ホームレスの状態に置かれたひと」と「ホームレスの状態にした社会」と「わたし」とを、解説(ボンド)していきます。

この本が「ボンドレス」相互の救助に少しでも役立てられれば幸いです。

『ホームレス自立支援法』全文解説

<関連重要法など>掲載

1.国連の『世界人権宣言』
2.国連の国際人権規約「社会権規約」『済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(A規約)』
3.国連の国際人権規約「自由権規約」『市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)』
5.『日本国憲法』
6.『生活保護法』
7.『生活困窮者自立支援法』
8.『ホームレスの自立の支援等に関する基本方針』
9.『ホームレス巡回相談事業実施要綱』

天使屋: _現代日本神秘主義文学、幻想文学:過剰なる意識、度を越したエロティシズムとフェティシズム、あふれでるユーモアとアフォリズム、霊の救済はあるのか? 日本福祉新聞電子文庫シリーズ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
フライフィッシングに取り憑かれた男
女を愛し、世界の川を放浪し、幻の黄金のマスをもとめる。

哲学、宗教、東洋思想、倫理、人間というテーマを過剰な意識でみつめ、度を越したエロティシズムとフェティシズム、あふれでるユーモアとアフォリズム、諧謔とからかいと軽口にみちた、聖なるものとグロテスクなるものの混在、独特の哀愁と切実さによる語り口の文体で筆致
魂の導きによる奇想天外なストーリー

霊の救済はあるのか?
なされるとすれば、どのようにか?
絶対なるものとはなにか?

現代日本神秘主義文学、幻想文学の極点

伝説のヒーリング小説の文庫化!

障害者虐待防止法: 今も、発見されず、孤立し、危機にひんしている、しょうがい者がいます!「身体的虐待」「性的虐待」「心理的虐待」「放棄・放任(ネグレクト)」「経済的虐待」様々な虐待のことを知ってください! 日本福祉新聞電子文庫シリーズ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
あなたは『障害者虐待防止法』という言葉を聞いたことがありますか?

しょうがい者が、家庭や社会の様々な場面で虐待を受けないため、できた法律です。

虐待は、しょうがい者の尊厳をおとしめ、生命をおびやかし、自立や社会参加をさまたげています。
日本では、あまりにも差別の歴史が長く、固定化された偏見に、しょうがい者は、さらされてきました。
しょうがい者の人権は、おとしめられてきました。
『障害者虐待防止法』は、しょうがい者の人権擁護や、心身の救助、保護と自立への道を後押しする、重要な法律のひとつです。

虐待は絶対にあってはなりません。
しかし、虐待をを受けているしょうがい者の多くも、
虐待をしている多くのひとも、
周囲の人々の多くも、
「それが、虐待である」と気づいていないで、
あるいは、虐待が、日常茶飯事なので、
虐待を見逃しています。

未だ多くの虐待が、発見に至っていません。
こうしているあいだにも、しょうがい者への虐待が継続され、悪化しています。
『障害者虐待防止法』の存在を知らず、被害者のまま生き続けている、しょうがい者も多いのです。

本来なら虐待を早期に発見し、虐待を食い止めるべき立場にいる「障害者福祉施設」「学校」「医療機関」「保健所」「しょうがい者の福祉に業務上関係のある団体」「障害者福祉施設従事者」「学校の教職員」「医師」「歯科医師」「保健師」「弁護士」「しょうがい者の福祉に職務上関係のある者」「使用者」も同様に、『障害者虐待防止法』の存在を知らず、虐待を見逃しています。

国民全員が、しょうがい者の虐待防止に努めなければならないはずなのに……。

国や地方公共団体は、しょうがい者虐待の防止のために、「啓発活動」や「しょうがい者虐待を受けた、しょうがい者の保護」「しょうがい者の自立の支援のための施策」を講ずることになっています。
 
あなたは『障害者虐待防止法』を知っていましたか?
ポスターを見たことがありますか?
パンフレットを見かけたことはありますか?

こう書かれています。
「特定のひとや家庭、場所ではなく、どこの家庭や施設でも起こりうる問題です」
「虐待をしているひとに、虐待をしている認識がない場合もあります」
「虐待をされているひとが、虐待だと認識できないで、自分から被害を訴えられない場合もあります」

しょうがい者にとって、虐待の本質を明らかにすることのできる法律です。
この本が、しょうがい者への虐待の防止に少しでも役立てられれば幸いです。

『障害者虐待防止法』全文解説

<関連重要法>掲載

国連の『世界人権宣言』
国連の『障害者の権利に関する条約』
我が国の『障害者基本法』

『身体障害者福祉法』
『知的障害者福祉法』
『精神保健及び精神障害者福祉に関する法律』
『障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(しょうがい者自立支援法)』
『障害者の雇用の促進等に関する法律』

通報 届出窓口一覧(都道府県分)

◯日本福祉新聞がリリースする電子文庫シリーズ