おすすめの「日本 都市」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日本 都市」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日本 都市」

進化し続ける都市TOKYO(ニューズウィーク日本版e-新書No.29)

東京五輪とアベノミクスで加速する東京都心の再開発――。
近未来と伝統が融合する東京と日本の未来像とは。

<内容>
1、進化する都市TOKYOの未来
2、ハイブリッド型都市をめざす東京の挑戦
3、外資誘致に都のおもてなし
4、ロンドンに学ぶ五輪レガシー

*この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年10月7日号掲載の特集記事で構成しています。

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来 (ちくま新書)

戦後の日本社会で人々は、会社や家族という「共同体」を築き、生活の基盤としてきた。だが、そうした「関係性」のあり方を可能にした経済成長の時代が終わるとともに、個人の社会的孤立は深刻化している。都市、グローバル化、社会保障、地域再生、ケアなどの観点から、新たな「つながり」の形を掘り下げる試みである。

海外スマートシティ最新事情2017: 新しい視点で勢いづく欧米と周回遅れの日本

日本では過去の言葉となったかに思われる「スマートシティ」が今海外では勢いを取り戻している。
それらの最新の状況を実地に訪問し、関係者との対話を通じて成功要因を分析すると共に、わが国の停滞の原因を見出し、その解決策を提言する。
そこから見えて来たものは、さまざまな挫折を乗り越えて新しいステージに進んだスマートシティの姿であり、またプレイヤーたちの役割の変化である。

左文字進探偵事務所 盗まれた都市

人口十万の某地方都市が、ある日、突如として奇妙な狂気に支配された。〈反東京〉というその騒動の実体を探るべく乗り込んだ左文字進・史子の夫婦探偵は、たちまち東京人ボイコットの嵐に捲き込まれてしまい、あげくの果てに次々と起る殺人事件の容疑者にされてしまった。狂気の正体は一体何なのか?
その演出者は果たして誰か? そしてその目的とは?  巨匠・西村京太郎が放つ戦慄の傑作長篇。左文字進探偵事務所シリーズ第四弾。

お江戸の「都市伝説」 (PHP文庫)

都市伝説の原点は、江戸時代にあった!本書では、江戸時代の都市部で噂された巷説を中心に厳選しました。当時日本各地に出没した幽霊・妖怪にはじまり、人知を超えた怪奇現象や実際に起こった怪事件、埋蔵金伝説までリアルなイラストを交えて紹介。例えば……灯りのない蕎麦屋へ行くと不幸が起こる=灯りなし蕎麦老猫は人間の言葉を話す=しゃべる猫将軍の居城にまつわる怪異現象=江戸城七不思議旗本に救われた河童の恩返し=本所の河童振り返った女は目も口もなかった=のっぺらぼう突然素っ裸で浅草に降ってきた京の若者=空から落ちてきた男8歳で身籠り星になった少女=とやの幽霊星獄死したはずの源内はじつは生きていた!=平賀源内生存説など、世にも奇妙な驚愕の100編。ウソかマコトか、まずは江戸の民衆たちが、恐れながらも心惹かれた怪奇譚を、じっくりとご堪能あれ。文庫書き下ろし。