おすすめの「日本 関西」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日本 関西」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日本 関西」

エアへんろ(一〇分で巡る、日本の迷路)「関西三ヶ所」箕面の山(大阪)/大台ヶ原(奈良)/吉野・金峯山寺(奈良)10分で読めるシリーズ

10分で読めるミニ書籍です(文章量11,000文字程度=紙の書籍の22ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍説明文

まえがき

忙しい。でも、心ふるえる風景には出会いたい。そんなあなたを日本の迷路へご案内。
三年前に亡くなった父から、山歩きを教わった。山を歩くときはいつも父と二人だった。
生まれたての弟がいた。母への気遣いから私は連れだされていたのだろう。
週末ごとに出かけたのは、山といっても標高三〇〇メートルあまり。
整備された遊歩道だった。とはいえ子供にとっては大冒険。
迷路みたいなハイキングコースで、必死に父の後ろを追いかけた。
山ばっかり。足が痛い。涙を流したのもなつかしい思い出だ。
晩年の父は激しい腰痛でほとんど歩行困難だった。
車いすを押しながら父の後ろをゆっくり歩いた日も、私はひっそり涙をこぼした。
ちなみに父は生きている。私の体内で、DNAとして。
さて、私自身実際に訪れ、心のふるえた日本の名所をご紹介しよう。
行き先は「関西三ヶ所」。
箕面の山(大阪)/大台ヶ原(奈良)/吉野・金峯山寺(奈良)。
笑いあり、涙あり。
読むだけで旅気分が味わえるだろう。
同行二人。ともに心のへんろに出かけよう。

徹底比較! 関東人と関西人 性格から衣食住の好みまで (PHP文庫)

割り勘で払う関西人vsおごりたがる関東人……同じ日本人なのにこれほど違う理由を歴史的背景やデータ、最新トピックスで徹底分析!

「食事をおごりたがるか、割り勘にしたがるか?」「平気で給料の値上げ交渉をできるか?」「電車の車内が満員であっても優先席をあけておくか?」「ご祝儀の気前がいいのはどっちか?」「街で芸能人を見かけたら臆せずに声をかけられるか?」「食パンの好みは薄切りか、厚切りか?」「スリと引ったくりではどちらの犯罪のほうが多いか?」など、関東人と関西人を比べてみると、意外なほど数多くの“違い”が存在しているのがわかる。どうしてここまで違うのか、性格から衣食住の好みに至るまで、東と西の気になる違いを徹底紹介!▼本書では、歴史を掘り下げていくことで、その違いがどのようにして生まれてきたのかを解説するとともに、最新の東西別データを駆使して、従来あまりいわれてこなかった関東人と関西人のほんとうの姿にも迫っている。ビジネス・シーンで必ず役立つ「話のネタ」をはじめ、いざというときに困らない「オモシロ雑学知識」が満載の一冊!

百寺巡礼 第六巻 関西 (講談社文庫)

俗世を離れた山中の寺、人とともに生きる市井の寺。すべてが融け込む西国の旅へ。ここには聖なる高野山があり、「黄泉の国」と呼ばれる熊野がある。1400年の時を超え、庶民に愛される四天王寺がある――。安珍と清姫の道成寺、花と星の観心寺、西行ゆかりの弘川寺。すべての名刹で紡がれてきた「物語」を感じよう。

関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ (主婦の友実用No.1シリーズ)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「糖尿病には食事療法が大事だとわかっていても、毎日続けるのはたいへん」
こんな声に代表されるように、油っぽいもの、甘いもの、お酒はNG!と指導されてだんだんストレスがたまり、
食事療法をやめてしまった例も多くあります。
そんな中、関電病院では、「食べてはいけないものは基本的にはない。
アルコールもデザートもOK!」という指導方針をとっています。
ただし、当然ながらこれまでと同じように食べていいわけではありません。
コツがあります。糖尿病の食事療法サポートで日本一の呼び声高い、
関電病院の食事のコツをつかみ、このレシピ集で実践しましょう。
ボリューム感があり、見た目も味も大満足の、簡単、おいしい、作りやすいレシピを370点以上掲載。
「組み合わせ色分けインデックス」やカロリー表示、
ワンポイントアドバイスなど、見やすい、わかりやすいページ構成です。
糖尿病食は、実は長生き健康食。ずっと続けていきたいものです。

清野 裕:関西電力病院院長。1941年福岡市生まれ。1967年京都大学医学部卒業。医学博士。
京都大学教授を経て現職。専門は糖尿病学。国際糖尿病連合西太平洋地区チェアマン、日本糖尿病協会理事長、日本糖尿病学会理事、日本病態栄養学会理事長などを兼務。

こだわりデータで対決! 「関東」と「関西」おもしろ100番勝負 (PHP文庫)

「関西人ってガメツイじゃん!」「関東人はええカッコしいや!」と、何かにつけて比較される関東と関西。しかしそうした話題は、えてして個人的な体験や思い込みに発している場合が多い。では、本当のところはどうなのか――本書は、公共機関や企業によるアンケートなどの調査結果をもとに、関東VS関西を数字で比較。100項目にわたって「どっちが上か?」に完全決着をつけようという決定版の一冊である。

たとえば、「関西では、関東より結婚式が派手である」という“常識”が、まことしやかに語られている。しかし、披露宴出席者数の平均値を調査したデータによれば、関東の方が多くの人を披露宴に招待している。関西の方が派手だというのは、あくまで印象にすぎないわけだ。具体的な数字を駆使することによって、眼からウロコの事実が次々とあきらかになる。

「会社を信用しているか」「情報源は口コミ? テレビ?」など、思わず人に話したくなるネタ満載!