おすすめの「日経 bp コンサルティング」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日経 bp コンサルティング」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日経 bp コンサルティング」

<試読版>脱・通信会社を目指す NTTの世界戦略(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report【試読版】

※本書は試読版です。

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(2)
本書の平均読了時間約20分(12,200字)

 海外ICT企業の相次ぐ買収で世界戦略を進めるNTT。国内通信事業が苦戦を強いられる中、グローバルクラウド事業を今後の成長の柱に据える。

 目指すは「脱・通信会社」。

 2007年度に20億ドル規模だった海外売上高は2011年度に100億ドルを突破。2016年度には200億ドル規模に拡大する構想を描く。はたして世界のICT大手と伍していけるのか。

 NTTの勝算と課題を探った。

※本書は日経コミュニケーション2015年1月号の特集記事「NTTの世界戦略」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

プロローグ

現状把握グループで各社各様の戦略も、クロスセルで成長にてごたえ

課題分析 上位レイヤーの強みが不足、ガバナンスの強化も道半ば

脱・通信会社を目指す NTTの世界戦略(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(2)
本書の平均読了時間約20分(12,200字)

 海外ICT企業の相次ぐ買収で世界戦略を進めるNTT。国内通信事業が苦戦を強いられる中、グローバルクラウド事業を今後の成長の柱に据える。

 目指すは「脱・通信会社」。

 2007年度に20億ドル規模だった海外売上高は2011年度に100億ドルを突破。2016年度には200億ドル規模に拡大する構想を描く。はたして世界のICT大手と伍していけるのか。

 NTTの勝算と課題を探った。

※本書は日経コミュニケーション2015年1月号の特集記事「NTTの世界戦略」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

プロローグ

現状把握グループで各社各様の戦略も、クロスセルで成長にてごたえ

課題分析 上位レイヤーの強みが不足、ガバナンスの強化も道半ば

コンテンツマーケティングの教科書 “売れる秘訣”はコンテンツにある!

これからコンテンツマーケティングに取り組みたい企業から、コンテンツマーケティングを実践しているものの、課題を抱えている企業の、マーケティング部門の担当者や営業企画担当者に向けた実用書です。
本書は特に、BtoB(Business to Business)におけるコンテンツマーケティングを取りあげ、コンテンツマーケティングが生まれた背景や意義、具体的な実践方法を解説します。マーケティング担当者への調査報告や、コンテンツを生かして売上増やブランディングに成功している企業の具体的な事例も紹介しています。

デジタル化を勝ち抜く新たなIT組織のつくり方(日経BP Next ICT選書)

デジタルマーケティングをはじめ、金融におけるFinTech(金融×IT)や、製造業で取り組みが活発化するIoT(モノのインターネット)など、いわゆるデジタルビジネスがグローバル規模で急速に勃興しつつあります。日本企業にとっても、自社のビジネスのデジタル化は大きな経営課題です。

しかし、その中軸的役割を期待されるIT部門は、目の前の業務に忙殺され、組織として追い込まれつつあります。
IT部門の変革なくしては、企業はデジタルビジネスの波に乗ることはできません。 だからと言って、実行性に乏しい改革論は単なる空論。

本書では、IT部門変革で多くの企業を支援した気鋭のコンサルタントが、日本企業の実態に合わせた、変革への処方箋を提案します。 IT部門発のイノベーション組織、この新たなIT組織こそが企業の勝ち残りの鍵を握ります。

「データ経営」を実現するIT戦略(日経BP Next ICT選書)

グローバル経営に不可欠なデータ管理基盤の構築法を徹底解説

グローバル経営管理の観点で見たとき、国内外の拠点から日々収集されるビッグデータの価値を最も左右するのは、実は高速なデータ処理技術でもなければ統計分析スキルでもありません。「A商品1個当たりの粗利が少ない国はどこか」などの、横串を刺した集計・分析を行うには、まず「データのかすがい」が不可欠なのです。

これに相当するのが「マスターデータ」です。このためには「『商品1個』とは何を意味するのか」などの業務用語とデータの定義をグローバルでそろえていく取り組みが必要です。

国内トップレベルのコンサルティングファームが、味の素・アシックス・花王といった日本企業の先進事例を基に、マスターデータ管理(MDM)のノウハウを書き下ろしました。

≪目次≫

【第1章】 データ活用の「おや・まぁ・へぇ」
 1-1 世の中に溢れ始めたデータ
 1-2 データを有効に活用しきれない企業 ほか

【第2章】 IT基盤構築に取り組む先駆者
 2-1 マスターデータ管理のプロフェッショナルとは
 2-2 「マスターデータ管理は経営判断をサポートするもの」
    …味の素 監査部 内部統制評価グループ 専任部長 西川 一哉氏 ほか

【第3章】 マスターデータ管理プロジェクトへの取り組み方
 3-1 プロジェクトの全体像
 3-2 フェーズ1 ~企画~ ほか

【第4章】 マスターデータ管理を実践した企業の10年後
 4-1 それから10年後 ほか

FireタブレットでKindle本を読もう

電子書籍を読むならFireタブレットがおすすめ♪

下のボタンから公式ページへGO!
タブレットやアクセサリの詳しい説明が見れます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!
購入される方もこちらからどうぞ。