おすすめの「日経 s」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日経 s」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日経 s」

森部好樹が選ぶ 続・日本のベストベンチャー15社

ベンチャー企業と大企業をつなぐ元銀行マンが教える
数字だけでは測りきれない優良ベンチャー15社と
豊富な顧問経験を活かした起業のノウハウを徹底解説

80社もの顧問先を抱える元興銀マンの森部好樹氏が、
社会や常識を変える可能性を秘めた
日本の優良ベンチャー企業を厳選して紹介する好評シリーズ第2弾!

登場する企業は実に様々。スピード、柔軟性、熱意に優れた
15社のストーリーの中には、リアルなノウハウや知恵が詰まっています。

【掲載企業】
「次の市場」を構想し、生み出す企業――
石井 洋之・シーエー・モバイル
田島 智也・manebi
岩槻 知秀・レバレジーズ
白石 徳生・ベネフィット・ワン
宮沢 文彦・ボルテックス

「現場発想」を突き詰めて、需要を獲る企業――
新子 明希・シンクスマイル
石川 敬三・UNCOVER TRUTH
紫原 友規・S‐FIT
木村 裕紀・フリーセル
黒松 高弘・インデン

CATEGORY3「専門性」を磨き、突き抜ける――
福富 七海・ランドスケイプ
飛鳥 貴雄・ピアラ
山下 惠助・クロス・メディア・ネットワークス
太田 匠吾・コンシェルジュ
吉積 礼敏・クラウドエース

HIGH OUTPUT MANAGEMENT

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !

インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。
『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか――。
マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。
<シリコンバレーの起業家など著名人が絶賛! >
「世界最高の経営書だ」――ベン・ホロウィッツ(『HARD THINGS』著者)
「僕の経営スタイルの形成に、本書は大きな役割を果たした」――マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)
「シリコンバレーのトップ企業は何ができるか、アンディは最高のモデルを築きあげた」――マーク・アンドリーセン(ブラウザ発明者、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者)
「非常に大切なことをすばらしく教えてくれる重要な本」――ピーター・ドラッカー

現金の呪い――紙幣をいつ廃止するか?

世界的なベストセラー『国家は破綻する 金融危機の800年』(原題:THIS TIME IS DIFFERENT) の著者であるケネス・ロゴフ・ハーバード大学教授の最新作。原題は、CURSE OF CASH。
直訳すると、「現金の呪い」となるが、その深い意味については、齊藤誠一橋大学大学院教授の解説が詳しい。

ロゴフ教授は「キャッシュレス」社会ではなく、「レスキャッシュ」、つまり現金の少ない社会への移行を説く。ビットコインなどの暗号通貨への移行を想定しているかといえばそうではない。
現行の高額紙幣の廃止による「レスキャッシュ」社会こそ、あまたある経済社会の問題を解消するカギとなる、という。もちろん、ゼロ金利制約をもたらす現金の壁を取り払い、マイナス金利を大胆に実施できることも大きなプラスとみる。

以下は、ロゴフ教授の日本語版への序文から一部抜粋した。

「現代の先進国でも、現金はいまなお重要な役割を果たしている。
とくに小口の取引をするときやプライバシーを守りたいとき、そして大規模な災害が発生したときには現金が欠かせない。だが現金は、大規模な脱税や犯罪など、本来の目的以外の用途でも暗躍している。
本書では多くのデータと歴史的事実を引きながら、政策当局は現金の光の部分だけでなく闇の部分にももっと目配りすべきであると説く。
ここでお断りしておきたいのは、筆者が提案するのはあくまで「レスキャッシュ社会」(現金の少ない社会)への移行であって、けっして「キャッシュレス社会」(現金のない社会)を主張しているわけではないことだ。

世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人間一人あたりの活動範囲が広がった現在、危険や災害に遭遇する可能性も世界中に広がった。万一の場合にそなえて、正しい知識を身に着けていれば、生き残る可能性は飛躍的に高まる。本書には、世界中に探検家を派遣してきたナショナル ジオグラフィック協会が収集した、地球上のあらゆる場所でのサバイバルに役立つ情報をおさめた。
危機に備えて、まず知っておくべき情報は何か。日ごろの備えと事前に準備すべきことは?その場でどう判断し、どう行動すべきか――。さまざまな事態を生き抜くための備えが、この一冊から始まる。

◆高山、砂漠、極地、家の中、自然災害、水上、熱帯雨林など、極地での危険から日常生活を襲う災害まで、あらゆる状況下でのサバイバル術を網羅。
◆日ごろの備えから緊急時の食料や避難場所の確保、救助、応急処置、位置取りなど、詳細な技術を図入りで紹介。
◆テーマごとに必須事項をまとめているので、リストを確認するだけでもOK。
◆巻末に役立つ情報をまとめて収録。

漫画株式投資入門: 超新視点!株式チャート分析 基礎編

本書は、相場の法則を、斬新な視点から
未だ嘗て誰も説かなかったことをマンガ式にアレンジした入門書です。

本書のキャラクターも、著者の発明による方法でランダムな数字で構成されていて、これもまた今まで誰もしなかったニュータイプです。

さて、みなさん、

「十界」ってきいたことありますか?

「十界」って仏教用語なんですが、

生命の状態を、

地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・
声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界

という10種類に分けて説明したものです。

仏教では生命現象を分析するための基本概念なんです。

なんと、本書では、仏法の極意から相場の法則にせまってみました。

そして、見事あてはまっていることを

読んでいただければ納得していただけると思います。

これには仏教の創始者である仏陀(ぶつだ、ブッダ、बुद्ध Buddha)もきっと
感心することでしょう。

なにせ、
地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界

というブッダの説いた視点(六道輪廻)を、

そのまま株価チャートに当てはめて状況説明をしてしまうのですから。

これが、本書の超新視点!という意味です。

でも、そもそも、仏陀(ブッダ)は、宇宙の根本法則を説いたわけですから

仏陀(ブッダ)の言った概念が、宇宙の現象に当てはまらないわけはないのです。

株式のチャートとはいえ、宇宙の現象の一部に過ぎないのです。

そして、仏陀(ブッダ)は真に正しかったのだと

仏陀(ブッダ)はやはり偉大な先覚者であったと

私たちは再認識することになるのです。

また、そうなっていただければ筆者の望外の喜びであります。

お買い上げありがとう御座います。

何卒ご堪能下さいますようお願い申し上げます。

by 富田老師

FireタブレットでKindle本を読もう

電子書籍を読むならFireタブレットがおすすめ♪

下のボタンから公式ページへGO!
タブレットやアクセサリの詳しい説明が見れます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!
購入される方もこちらからどうぞ。