おすすめの「日経bp社 日経ものづくり」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日経bp社 日経ものづくり」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日経bp社 日経ものづくり」

デザイン思考のつくりかた

今までにない商品やサービスを創り出すとして、デザイン・シンキングに注目する企業は増えているが、プロジェクトが暗礁に乗り上げたり、商品化にうまく結びつかないといった壁にぶつかることも少なくない。そこで本書では、キヤノン、ソニー、KDDIなど実践企業の事例を多数あげながら成功のポイントや思わぬ落とし穴を解説するとともに、トップクリエイターの発想法にも触れ、新しい考え方のヒントを探る。直面する課題を乗り越え、成果を生み出すノウハウがわかる、デザイン思考で挫折する前に読むべき1冊。

第1章 なぜ、デザイン思考が求められるのか
第2章 Q&Aで学ぶ、失敗しない実践術
第3章 トップクリエイター10人の思考術
第4章 社長に聞く、デザインと経営の極意

文具と雑貨づくりの教科書

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

アイデアを発想し、デザインして、売る。
商品開発からマーケティングまで、文具・雑貨ビジネスがわかる1冊

ヒット商品はこうして作る! 日本が世界に誇るヒット文具、雑貨の事例を多数掲載
1000万本売れたハサミ、年間2億円売れるノートはどうやって生まれたのか?

文具や雑貨を開発する際のアイデア発想法やデザイン・制作、マーケティングのノウハウを、実際のヒット商品事例をまじえて詳しく解説します。

【主な内容】
・基本の文具はどう進化する?
  日本が誇る「かゆいところに手が届く」文具の開発の背景に迫る
・デジタルからアナログまで、アイデア文具を生む発想法
  キングジム、デザインフィルをはじめとする注目ブランドが実践するアイデアの生み方とは?
・雑貨プロデューサーが語る、ヒット商品開発の極意
  めがね製造の技術で作った耳かき、板の加工しかできない木工所が生んだ人気雑貨など
  アイデアとデザインで売れる商品を生む術を大公開文具
・雑貨は「売り方」が大事
  マスキングテープ「mt」の革新的プロモーション手法をはじめ、
  豊富な「売り方」のアイデアを紹介

素材とデザインの教科書 第3版

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「素材を生かす極意」が満載。モノづくりのバイブル、さらに内容充実。
商品開発者必携のロングセラー、最新版!

素材を生かし、売れるモノ作りをするためのノウハウが満載!
デザイナー、商品開発者から学生まで必携のベストセラーを大幅拡充!

樹脂や金属、木、紙、セラミックスなどあらゆる素材に付いて、その基礎知識から実際の開発事例を通じて、素材の生かし方を解説します。コストをかけずに美しくデザインするコツ、高級ブランドの素材の活用法など幅広い事例を集めました。アップル、ソニー、キヤノン、パナソニックなど、世界を代表するメーカーから地場産業まで、素材を上手に活用したモノ作りの現場を徹底取材しています。
最新の3Dプリンター関連の話題も拡充。モノ作りに携わるすべての人に手に取ってほしい本です。

【主な内容】
・3Dプリンターや切削加工まで、メーカーズ必須の知識が充実
・低コストでも美しい。日本が誇る素材加工技術を徹底取材
・樹脂や金属、木材、セラミックスなどあらゆる素材の基礎を網羅

あのメーカーのデザイン開発現場がこの1冊で分かる
・アップルの驚異的な加工技術を探る
・ソニー、パナソニック、ライカなど人気メーカーのモノ作り
・定番のアルミニウムから注目のマグネシウムまで金属加工の最新動向

人気デザイナーに学ぶ、素材の美しい使い方
・柴田文江氏が樹脂について、山中俊治氏が金属の「らしさ」を解説

日本の技術が実現する驚きの素材を多数紹介
・実用化を待つばかりの「暗闇で光る絹」とは?
・1人ひとりの耳に合わせて製造するイヤホンに使われる新素材

すべてわかるIoT大全 モノのインターネット活用の最新事例と技術(日経BP Next ICT選書)

世の中のあらゆるモノがインターネットでつながるIoT(Internet of Things)。IT、自動車、家電、エネルギーなどあらゆる業界を巻き込みつつあるメガトレンドを、多彩な技術系媒体を持つ日経BP社ならではの取材力で詳解。事例、技術要素(センサー、通信、ハードウエア、分析基盤)、基盤サービスなどの最新動向がこの一冊でわかります。

日本版インダストリー4.0の教科書

本質は工場のロボット化じゃない!―― 300以上の国内外の製造業改革プロジェクトを手掛けドイツの現場を調査したプロが、日本製造業に合わせたインダストリー4.0の導入術を解き明かします。

ドイツと米国が火をつけた第4次産業革命。本書では、インダストリー4.0の概念論ではなく、ドイツの現地調査を通して、日本製造業に合わせた具体的な導入論を展開。IoTとインダストリー4.0の本質を見極め、「儲かる製造業」になるための具体的な戦略と導入のポイントをわかりやすく解説します。大企業から地方の町工場まで、すべてのモノづくり企業に生き残りの指針を示す1冊です。

【儲かる製造業になるための教科書です】
■インダストリー4.0の本質をわかりやすく解説。
■日本製造業の事情に合わせた導入術を解説。
■「儲かる日本モノづくり」実現の戦略を解説。
■ドイツの戦略と米国の戦略の特徴を解説。
■中小製造業が生き残るための実践方法を解説。
■日本モノづくりの産業別の留意点を解説。

FireタブレットでKindle本を読もう

電子書籍を読むならFireタブレットがおすすめ♪

下のボタンから公式ページへGO!
タブレットやアクセサリの詳しい説明が見れます。
気になる方はぜひチェックしてみてください!
購入される方もこちらからどうぞ。