おすすめの「日経bp社 日経bpマーケティング」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「日経bp社 日経bpマーケティング」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「日経bp社 日経bpマーケティング」

間違いだらけの展示会マーケティング(日経BP Next ICT選書)

展示会に出展する目的を明確にすれば、おのずと獲得できる名刺の数は変わってきます。著者の経験では従来は出展ごとに100枚だった獲得名刺数が、10倍になった例もあります。みなさん、いま一度、展示会マーケティングを見直してみませんか?

見込み顧客を5倍に増やす BtoBマーケティング実践ガイド(日経BP Next ICT選書)

BtoBマーケティング担当者必読。見込み案件を5倍に増やす方程式が、これ1冊で分かる。

近年、すさまじい勢いで進化したBtoB商材のマーケティング業務の最前線を広くカバー。企業Webサイトなどを通じて見込み顧客を直接獲得する「リードジェネレーション」や、見込み顧客をメルマガなどで段階的にアプローチして啓蒙・育成する「リードナーチャリング」の最新動向をはじめ、見込み顧客の獲得や育成をITで支援する「マーケティングオートメーション」ツールの活用法まで幅広く紹介する。

BtoB商材を扱う企業のマーケティングおよび営業担当者が、BtoBマーケティングの分野にどのように取り組むべきか、何から着手すべきかを、具体的な事例を交えつつ、その成功の秘訣をわかりやすく解説する。

LINEビジネス活用の極意100

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

この1冊で、LINEを“仕事”に徹底活用するノウハウが、丸ごと理解できる!
「LINE」は、単なる「友だちとの連絡ツール」ではありません。社内の根回しやスケジュール管理といった「仕事がラクになるツール」としても使えます。マーケティングや営業、人事など、企業が部門単位で活用すれば、商品の売り上げや顧客獲得にもつながります。本書は、ビジネスパーソンが自分の仕事を効率化できる技(Tips)や、資生堂、ローソン、ヤマト運輸などのケーススタディー、LINEの活用実態が理解できる独自調査やランキング、キーパーソン・インタビューなどで構成。この1冊で、LINEを“仕事”に徹底活用するノウハウが、丸ごと理解できます。

BtoBマーケティングの基本 IT化のインパクトを理解する12の視点(日経BP Next ICT選書)

BtoBマーケティングの今をまとめて理解!

□「マーケティングオートメーション」を自分の企業で効果的に使うには?
□ 従来のテレマーケティングと「インサイドセールス」は何が違うの?
□ 動画やマンガを使ったマーケティングはどういうところで効果があるの?

最新のBtoBマーケティングについて、12の視点から整理し、
具体的なアクションに欠かせない考え方やノウハウをまとめました!

それぞれの手法や考え方を熟知したプロフェッショナルが執筆。
BtoBマーケティングをきちんと理解したい方にお勧めの一冊です。

【目次】
第1章 BtoBマーケティング最前線
 1 マーケティングオートメーション
 2 アカウントベースドマーケティング
 3 コンテンツマーケティング
 4 インサイドセールス

第2章 マーケティング手法のポイント
 5 メールマーケティング
 6 セミナーマーケティング
 7 動画マーケティング
 8 マンガマーケティング
 9 オムニチャネルマーケティング

第3章 プロが教えるマーケティング施策
 10 サバイバルマーケティング
 11 リードナーチャリング
 12 デジタルシフト

無印良品 最強のオムニチャネル経営(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(7)
本書の平均読了時間約13分(約7,900字)

 店舗やEC(電子商取引)サイト、ソーシャルメディアなどの顧客接点を統合し、顧客の利便性と購買体験の質を高める「オムニチャネル」。

 成果を上げているのが、「無印良品」を展開する良品計画だ。

 業績好調の同社は総仕上げとして、スマートフォンアプリ「MUJI passport」を投入。店舗とネットをつなぐ武器として活用する。

 その基盤となるのが「グローバルMDシステム」だ。ネット事業とシステム戦略の責任者への取材を通して、無印良品の強さの本質を掘り下げる。

※本書は日経情報ストラテジー2014年8月号の特集記事「無印良品 最強のオムニチャネル経営」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

PART1 MUJIファンのカスタマージャーニー

PART2 MUJI passportで店舗に誘う
~客単価は2倍に、顧客の行動と時間が初めて見えた~

PART3 オムニチャネルの基盤が完成
~世界共通のグローバルMDシステムが下支え~