おすすめの「東京 雑誌」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「東京 雑誌」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「東京 雑誌」

東京カレンダー 2017年 9月号 雑誌

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

イチから始める六本木

シチュエーション別・絶対に上手くいく「デートプラン」、

成功率100%を誇る「お食事会」レストランを中心に大人仕様な「カラオケ個室」や、

高感度な女子が絶対的に信頼を置く「美容スポット」の紹介まで。

さらには食通を唸らせる「美味しい名店」リストも。

東京カレンダーがこの街をやらなくて、どこがやる!

今月号は丸ごと一冊、「六本木」特集。

「六本木」のすべてがここに!

六本木の夜の色気は別格である。

大人にだけ許される、ちょっと危険な香りを纏いながらブレずに輝き続ける。

いつの時代も、よそ者に優しくはない。

だからこそ、ここを知る人は東京人としてのステータスが高いのだ。

さて貴方は、六本木を避けるか? 踏み込むか?

ひとたび、この街の夜に身を委ねれば

艶やかな大人が引寄せられる理由がわかるはずだ。

大いに働く大人は、大いに遊ぶべきだ。

さあ、六本木に繰り出そう!

六本木を避けてたら東京は楽しめない。

不動産法律セミナー 2017年8月号 (2017-07-20) 雑誌

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

●特集
 特集 土地家屋調査士 誌上模試(午後の部)
 問題編/解説編

●好評連載
 土地家屋調査士 択一徹底演習講座⑤
 土地家屋調査士 筆界特定の事例研究(8) 辻上佳輝
 いとやんの徒然草⑦-司法書士コラム- 伊藤和雄
 行政書士 アタックQ④
 行政書士 一般知識速習ドリル③

●他
 ヘッドライン・最新受験情報
 巻頭言 岡田潤一郎
 合格体験記
 不動産関連等資格(検定)試験カレンダー
 ライセンスガイド
 不動産法律セミナー取扱書店一覧
 みらなびカフエ
 事務所等求人コーナー

週刊 東京ウォーカー+ 2017年No.29 (7月19日発行) 雑誌 (Walker)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【特集】今日のカレーなんにする?/大洗&いわき 真夏のシーサイドドライブ
【連載】前園真聖/フォーリンデブはっしー&もえあず(リレー連載)/俺の怪獣図鑑/にゃんだふるギャラリー、ほか
【表紙&インタビュー】E-girls
【オススメ映画&上映作品リスト】怪盗グルーのミニオン大脱走/心が叫びたがってるんだ。ほか
【地上波デジタル&BSデジタル付き週間番組表】7/22(土)~7/28(金)

※テレビ番組表は関東版のみの掲載です。
※番組表内の参照ページ表記は「週刊 東京ウォーカー+(プラス)」内のコンテンツには対応しておりません。

東京カレンダー 2017年 8月号 雑誌

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ビールほど夏の東京に相応しいものはない。

乾いた喉をビールで潤す喜び。さあ、夜の街へ繰り出そう!

恵比寿、丸の内、銀座、表参道、中目黒。

読者に馴染みのある街で絶大な人気を誇るレストランを舞台にした

本気な「ビールの愉しみ方」を伝授しよう!

冷えたビールと夏の東京。

何か楽しいことが必ず起こる!

東京カレンダー 2017年 7月号 雑誌

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大人が食べたい料理って何だろう?

高いものなら美味しいと思う。

話題の料理にばかり目を輝かせる。

いいものを食べるのは特別な日くらい。

それでは格好悪い。

「これは美味しい!」と思える料理を毎日の生活に。

その街には腕に覚えのあるシェフが作り出す実直な料理が溢れている。

大人が行きたいお店って何だろう?

デートの時だけじゃない。

大人ともなれば、友人や同僚と語らうためのいいお店が必要だ。

落ち着いたムードが漂う空間、どことなく知性を感じる客層、

そこには、騒がしい若造もバブリーなオヤジもいない。

そんなお店が充実する街を東京カレンダーは見逃さない。

城南地区の山手線の駅でありながら、

知っているようで知らない、最後の未開拓エリア「目黒」。

実はこの街には、大人が食べたい料理、

そして大人が通いたくなるお店が、数多く存在しているのだ。

騒がしいだけの街に別れを告げて、いざ「目黒」へ!