おすすめの「東洋 企画」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「東洋 企画」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「東洋 企画」

週刊東洋経済eビジネス新書 合本版 101~200

「週刊東洋経済eビジネス新書」シリーズは、『週刊東洋経済』などに掲載された記事の中から、長く、繰り返し読者にお読みいただきたい価値ある記事をピックアップしてお届けする、読み切りサイズの電子書籍です。忙しいビジネスパーソンのために、電車に乗っている時間で読み切れるようにワン・テーマを再構成(一部加筆修正あり)してあります。
2013年5月の発刊から毎週更新を重ね、2017年3月、累計200号に到達しました。
本書は2015年3月以降に刊行された、101号から200号までをまとめた合本版として刊行いたします。

【主な内容】
●●主な収録内容●●
No.101 漂流する巨船 ソニー
No.102 苦しむ外食産業
No.103 スカイマーク破綻
No.104 最強の英語力
No.105 失敗しない海外投資
No.106 鉄道被災!
No.107 ホンダ非常事態
No.108 ピケティ完全理解
No.109 世界で戦うニッポンの鉄道
No.110 大塚家具 父と娘の泥仕合
No.111 ニッポンの工場見学【マニア聖地編】
No.112 バイオベンチャー列伝
No.113 ニッポンの工場見学【食品編】
No.114 IFRSのからくり
No.115 「ほぼ、上場します」糸井重里の資本論
No.116 ネットフリックスがやってくる!
No.117 医学部ウラとオモテ
No.118 女子の貧困
No.119 ニッポンの工場見学【身近なモノ編】
No.120 不動産バブルが来る!?
No.121 世界最強頭脳集団 Google
No.122 ビジネスに効く!「世界史」

ほか、 No.200 新聞・テレビは生き残れるか までを収録

つくばスタイル No.24[雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ホームドクター(かかりつけ医)はいますか?
健康都市つくばを支えているのは、地域密着のドクターがいればこそ。
赤ちゃんからお年寄りまで、わたしたちのまちで、
末長く健康をサポートしてくれるのに欠かせない存在が、
さまざまな科を専門とする病院群です。
その病院のドクターの皆さんにお話をうかがいながら、いま気になる
さまざまな病気の症状・対症療法・予防までのノウハウをリポートします。
たとえば、乳がん。たとえば、子宮にまつわる病や、
アレルギー事情、乳幼児をおそう病やケガの数々。
たとえば、突然ふりかかる脳卒中、インフルエンザと
ノロウイルスなど、読み応え十分。
特別企画として、わかりやすい東洋医学の特集を組みました。

週刊東洋経済eビジネス新書 合本版 151~200

「週刊東洋経済eビジネス新書」シリーズは、『週刊東洋経済』などに掲載された記事の中から、長く、繰り返し読者にお読みいただきたい価値ある記事をピックアップしてお届けする、読み切りサイズの電子書籍です。忙しいビジネスパーソンのために、電車に乗っている時間で読み切れるようにワン・テーマを再構成(一部加筆修正あり)してあります。
2013年5月の発刊から毎週更新を重ね、2017年3月、累計200号に到達しました。
本書は2016年3月以降に刊行された、151号から200号までをまとめた合本版として刊行いたします。

【主な内容】
●●主な収録内容●●
No.151 ニッポンの航空機産業
No.152 公明党、創価学会よどこへ行く
No.153 介護離職
No.154 節税大百科
No.155 欠陥マンション
No.156 AIの破壊力
No.157 新TOEIC完全対策
No.158 沸騰!ホテル業界
No.159 マイナス金利
No.160 技術革新は仕事を奪うか
No.161 amazon最先端
No.162 検証 震災5年、日本の電力
No.163 親のリスク
No.164 2016 テクノロジー・トレンド
No.165 なるほど!中東講義
No.166 焦燥のメガバンク
No.167 やめられない金融緩和
No.168 米国会社四季報編集部直伝! 米国株投資の基礎の基礎
No.169 VRマネー
No.170 ミクシィの焦燥
No.171 再生医療にかける夢 ~バイオベンチャー列伝3~

ほか、No.200 新聞・テレビは生き残れるか までを収録

外資系コンサルタントの企画力―「考えるスイッチ」であなたの思い込みを覆す

世界的エクセレントカンパニーで
グローバル標準のマーケティング戦略を開発した
伝説の日本人が教える企画メソッド

本書は企画のコツを紹介している。
今までとちょっと視点を変えるだけで、新たな価値が生まれることを教えてくれる1冊。
企画を考える、企画書をまとめる、あるいは、企画を説明し納得を得るという様々な局面で、苦労しているときに、興味のあるところから読んで欲しい。

「すぐ了承されるアイディアは、古くて使いものにならない」
「『別にやらなくてもいいじゃないか』が新発想を引き出す」
「正しい戦略は、正しく弱点をもつ」
「その企画内容は『お昼の話題』になり得るか」
「企画フォーマットは、まずは無視せよ、抵抗せよ」
「『アドバイスください』は世界共通のマジックワード」
「よいメッセージには必ず『反対者』がいる」

など企画をしようとしている人間を勇気づける記述が満載。
こうした記述を読み進めると、企画を実現するということの本質が見えてくる。
企画の整理学としても読める1冊。

【主な内容】
第1章 【焦燥編】企画とはそもそも何なのか
第2章 【妄想編】「常識のフェンス」から脳を解放しよう
第3章 【発想編】頭の中にぼんやりと仕切りをつくってみよう
第4章 【構想編】発想をビジネスに変えていこう
第5章 【実現シナリオ編】 組織の底辺にある感情を武器としよう
第6章 【企画書とりまとめ編】 議論の触媒を準備し決断を求める
第7章 【説明準備編】「説明」を設計しみよう
第8章 【説明編】すべては正しく企画を理解してもらうために

PDCAプロフェッショナル―トヨタの現場×マッキンゼーの企画=最強の実践力

トヨタの現場と
マッキンゼーの企画から
得た最強の実践力

トヨタとマッキンゼー。
実践力と戦略立案力、一見、2つのまったく異なる志向性をもつ組織のように見える。
トヨタは、主要な実務の精度向上を目的とした、現場での展開がしやすい問題発見の考え方や実践手法のレベルを常に向上させ、それらを全社で使いこなす。マッキンゼーは、依頼主が放置していた、あるいは、見逃していた経営レベルの課題を明確にし、解決策をつくり上げるためのツールや方法論、そしてファームの能力の開発・向上にいそしむ。

この2つの企業に共通するのは、PDCAの精度の高さ、速さ。
PDCAはPlan(企画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(方法論の改善・進化)というあらゆるビジネスに必須のサイクルを精度高く、早く回す。新人研修で教えられる基本中の基本を、2つの優良企業が重んじている。

トヨタのグループ企業の豊田織機製作所、マッキンゼーを経験した著者・稲田将人氏がPDCAの本質的な意味合いと実践的な方法論をまとめたものが本書。最終の第6章には実際に組織としてPDCAを廻す事例を紹介している。実践に即したイメージを知りたい方はぜひ読んで欲しい。

【主な内容】
第1章 PDCAは企業の「実践力」を高める
第2章 優良企業の実践力――成長・発展し続けるために
第3章 なぜあなたの会社のPDCAは廻らないのか
第4章 PDCAを廻すために必要なこと――個人、マネジャー、そして経営層にとっての技術
第5章 P・D・C・A、それぞれの作法
第6章 PDCAの事例