おすすめの「現代 ビジネス」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「現代 ビジネス」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「現代 ビジネス」

ビジネスパーソンのための近現代史の読み方

気鋭の経営コンサルタントが、単なる教養に終わらない、ビジネスパーソンにとって真に役立つ「世界史」を提示!

特徴その1:経済状況も含む「現在」の世界を理解するために、「逆回し」で過去へさかのぼって記述している。
特徴その2:現在を理解するために最も必要だが、学校の授業では手薄になりがちな18世紀以降の「近現代史」に絞る。
特徴その3:近代以降の歴史で特に重要な要素「情報」と「技術」に関する説明が豊富。

「現在」に対する関心から出発しなくては、歴史を知る意味はない。
現在が過去を照らすからこそ、いまここにある現在から始めて、現在を理解するために重要な事項を「過去」にさかのぼって追跡するというアプローチが重要なのだ。

国内最高のビジネスパーソン育成機関 慶應義塾大学〜現代ビジネス界で活躍するビジネスエリート輩出校〜

国内でトップの知名度を誇る早慶の慶こと慶應義塾大学。

社会で活躍するエリートビジネスパーソンを数々輩出している慶應義塾大学であるが、起業家の輩出数という点でもかなり多い学校として名前が挙がることが多い。

大学のレベルの低下が騒がれる今なぜ慶應義塾大学の起業家育成は成功しているのか

今回日本におけるトップレベルの大学を比較し慶応がなぜ優れているのかを分析していきたい

なるほど!「孫子の兵法」がイチからわかる本 【イチからわかる本 】

イチからわかる本シリーズ

「孫子の兵法」は、単に戦争における戦略メカニズムを説いた指南書ではありません。明日を切り開き、人生の勝ち方を教える最高の教科書です。あなたもこの教えを実践すれば、仕事でも、人間関係でも、恋愛でも、最高の結果を出すことができます。

また、現代は「相手を打ち負かす」というだけでなく、「負けない自分」「生き残る自分」になるための知恵が求められています。「孫子の兵法」は、そんな要望にも応えてくれるでしょう。

近現代史―週刊東洋経済eビジネス新書no.211

2016年は世界史の転換点だったと位置づけられるかもしれない。英国のEU離脱決定、米国大統領選でのトランプ勝利、そして欧州各国で存在感を増すポピュリズム政党。東西冷戦の終結とソ連崩壊後に進んできたグローバル化に対して、大きな反動が起きている。ナショナリズムやポピュリズム、保護主義のうねりは何をもたらすのか。近代の国民国家が成立して200年余り。世界史の中に現代への教訓を探る。

本書は『週刊東洋経済』2016年12月24日号掲載の特集30ページ分を電子化したものです。

【主な内容】
「いま」がわかる 近現代史
近代国家という仕掛け
覇権国家の行方 ─ 欧米からアジアへ
「ナショナリズム」と「経済」で歴史を理解する
近現代史のツボ
〔米国〕反権威としてのトランプ 米社会に根付く大衆性
〔中国〕トップ独裁を生む構造 共産党と皇帝の共通性
〔中国〕毛沢東が引き起こした文化大革命の狂気
〔韓国〕小国ゆえにこだわる「正しい」民主主義
近代国家が固執する「領土という病」
〔ドイツ〕教養市民層への反感がヒトラー台頭を許した
〔日本〕泥沼の戦争を招いた政党と近衛文麿の罪
〔日本〕現代にも受け継がれる右翼思想の根源とは
共産主義はなぜ広がらなかったのか

ビジネスをつくる仕事 (講談社現代新書)

ライフネット生命社長の岩瀬大輔氏推薦! 「これからのビジネスマンに必要なすべてのエッセンスがある。この働き方でなければ生き残れない。個人も、企業も、日本も」「ビジネスをつくる」仕事とは、起業や新規ビジネスの立ち上げ、だけではなく、新しい顧客の開拓、新しいシステムの開発・運用、新しい組織のつくりかた、プロジェクト立ち上げ、新規提携先との事業などのすべてを含む。いまのビジネスマンに必要な基本から実践を網羅。(講談社現代新書)