おすすめの「経済 政策」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「経済 政策」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「経済 政策」

99%の日本人がわかっていない国債の真実 ―――国債から見えてくる日本経済「本当の実力」

国債暴落、財政破綻…
「情報操作」に踊らされるな!国債から見えてくる日本経済「本当の実力」。

・国債は国の借金。
 だから、少なければ少ないほうがいい。

・国債は、発行されればされるほど、
 国民の負担が増える。

・国はできるだけ「節約」して、予算を減らすべき。

この中に、一つでも「そのとおりだ」と思うものがあっただろうか。
もし、あったならば、
あなたは「一国の経済」というものを、間違って理解していることになる。

私が本を書くときに、つねに意識するのは、
読者が本を通じて物事の本質を理解し、
さらには自分の頭で考えられるようになることだ。

マスコミやエセ知識人の妄言・珍言、財務省の利己的なロジックに惑わされずに、
物事を正確にとらえる目。それが実は最大の武器になるのだ。

国債暴落、財政破綻……
「情報操作」に踊らされるな!

国債から見えてくる
日本経済「本当の実力」を教えよう!

■目次

1章 まず「これ」を知らなくては始まらない
――そもそも「国債」って何だろう?

2章 世にはびこる国債のエセ知識
――その思い込みが危ない

3章 国債から見えてくる日本経済「本当の姿」
――「バカな経済論」に惑わされないために

4章 知っているようで知らない「国債」と「税」の話
――結局、何をどうすれば経済は上向くのか

5章 「国債」がわかれば、「投資」もわかる
――銀行に預けるぐらいなら国債を買え

■著者 高橋洋一

この経済政策が民主主義を救う 安倍政権に勝てる対案

改憲に突き進む安倍政権。
これから景気はどうなるのか。
左派・リベラル派はどうすればいいか。
自由を守る最後のチャンス、あきらめるのはまだ早い!

★『週刊ダイヤモンド』(2017新年合併特大号) 2016年「ベスト経済書」ランキング 第20位★

★宮崎哲弥さん(評論家)――「リベラル再装填の指南書」(『週刊文春』2016年2月11日号)
★森永卓郎さん(経済学者)――「私は本書の掲げる経済政策をリベラル勢力の野党が採用してくれたら、政権交代ができるほどの大きな効果を発揮すると考える。……安倍政権の暴走を阻止したいすべての人に読んでほしい」(『AERA』2016年3月28日号)
★斎藤美奈子さん(文芸評論家)――「祈るような気持ちで野党議員に本書を読んでほしいと願う」(『東京新聞』2016年4月13日付)
★永濱利廣さん(エコノミスト)――「特に、第1章の2013年以降の経済状況と推移の分析には説得力があり、大変興味深い」(『週刊ダイヤモンド』2016年4月16日号)
★森岡孝二さん(経済学者)――「政権交代可能な野党の共闘が広がっている今こそ読まれるべき一冊」(『週刊エコノミスト』2016年5月3日・10日合併号)

平成28年 中小企業診断士 一次試験 経済学・経済政策 過去問題集: 効率的に身につく詳細解説 中小企業診断士 過去問シリーズ

中小企業診断士は、経営コンサルタントとして唯一の国家資格で、その高度な専門知識と実践的なコンサルティングスキルは、社会的に高く評価されています。
独立開業してプロの経営コンサルタントを目指す場合はもちろんのこと、様々な経営課題を抽出、解決し、発展性のある方向へ企業を導いていくその能力は、企業内でのキャリアアップや就職・転職の強力な武器となります。

第一次試験は7科目あり、本書は、そのうち、「経済学・経済政策」の過去問題集です。
平成28年度版をいち早くお届けします。

効率的に知識が身につく詳細な解説付きです。

・問題・解答・解説の順に読める、問題・解答・解説集
・時間を計って解くのに便利な、問題のみを収録した問題集
の2部で構成されています。

目次をクリックすれば、問題・解答・解説集の該当問題に飛べるので、問題集を解いてみて、わかりにくかった問題についても、解説をじっくり読んで、知識を身につけることをお勧めします。

無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

連続講義・デフレと経済政策 アベノミクスの経済分析

2008年に刊行した前著『なぜ世界は不況に陥ったのか』(池田信夫氏との共著)
でリーマンショック後の世界金融危機をいち早く経済学的に分析したのに続き、本書
では安部政権と黒田日銀総裁によって推進されている大胆な金融緩和を柱としたアベ
ノミクスを経済学の知見から批判的に分析する。

内容は5つの講義で構成される。第1講の「なぜ日本はデフレに陥ったのか」と第2
講「マクロ経済学の新しい常識」がいわば基礎知識部分。フィリップス曲線、予想イ
ンフレ率、自然失業率、インフレ・ターゲティングなど、アベノミクスを理解するた
めの知識を政策担当者や経済報道に携わるジャーナリストが理解しやすいように解説
している。

第3講「ゼロ金利制約と金融政策」から本論部分に入り、黒田日銀の異次元の金融緩
和については、アメリカ連邦準備理事会のグリーンスパン元議長時代にいわれた「グ
リーンスパン・プット」、つまり市場が悪くなればグリーンスパンがなんとかしてく
れるという「市場にやさしい」政策で金融機関にリスクテイクを促すものと分析。
「黒田プット」の結果がどうなるかは、グリーンスパン・プットの結果がリーマン危
機につながったように、予断を許さないと手厳しい。

そうだったのか!江戸幕府 江戸幕府の政策 経済・財政・社会 MCD Books

合議体制の成立や中央銀行の設立、機械化・工業化の推進など、一般的に日本の近代化が始まったのは明治維新以降、つまり明治時代とされている。確かに明治維新は欧米列強に抑圧されてきたアジア諸国にとって近代革命の模範となった。また、第二次世界大戦で敗戦国となった日本が高度経済成長を成し遂げ、世界の列強の仲間入りしたことは「アジアの奇跡」とも呼ばれてきた。その起点は明治維新にあるという文脈である。

しかし、明治維新成功の背景に、その前段階である江戸時代に目を向けてみれば、労働生産性や教育水準の高さがあり、市場原理主義の浸透があり、マニュファクチュアやギルド(組合)の成立があり、官(幕府)民(商人や職人)の仕事を明確に分けた公共事業の推進と民営化があるなど、すでに近代の合理的な考え方を受け入れる素地が備わっていたことは見逃せない。つまり、「近代化への助走」は、すでに江戸時代に始まっていたのである。

本書は、江戸時代に生まれた近代化の萌芽を政治・経済の両面から具体的に紹介していくものである。着目点は、近代的な発想、科学的・合理的な思考の基盤を江戸時代から拾い上げることにある。

18世紀初頭、すでに人口が約100万人であったとされる江戸は当時世界最大規模の都市だった。ロンドンやパリが50万人前後であったことを考えると、必然的に政策面でも産業面でも都市生活の基盤が築かれていたと想像できる。おそらく都市生活を送るための最低限のインフラ整備やしっかりとした税制が敷かれていたであろうし、公共事業や民間事業も進められていたと思われる。また、各種の制度が敷かれ、それを推進したり、実施したりする担当者もいたであろう。もちろん、それらの決定機関、組織があったはずである。

また、商人や職人が安全な都市生活を送ることができる警察機関は不可欠であるし、安全な生活を脅かす者や不正な行いをした者に対して刑罰を下す機関も不可欠である。

たとえば都市生活のインフラ整備の一例として、水道整備がある。神田上水、玉川上水、青山上水、三田上水、亀有上水、千川上水の6上水による「江戸水道」は規模だけにスポットを当てれば、世界一であったと想像できる。江戸時代に誕生した神田上水と玉川上水は、17世紀中頃には地下式上水道としては、延長150キロという世界最大の上水道にまで発展した。これは誰かが都市生活者に役立つために行った事業、すなわち公共事業である。それほどの公共事業を推進するには、幕府の政策として事業を決定する機関が機能したであろうし、莫大な資金と組織的な労働力が必要であったことは容易に想像できる。

また、徳川家康が日本の銀需要を支える石見銀山を幕府直轄領としたことも興味深い。銀山開発の費用・資材(燃料など)を賄うため、周辺の郷村に直轄領である石見銀山領(約5万石)が設置されたのである。幕府は銀山のマネジメントを担う銀山奉行を派遣。その銀山奉行は山師(鉱山経営者)らを使って石見銀山開発を急速に進め、家康に莫大な銀を納め、朱印船貿易の元手にもなった。石見銀山の開発は幕府の資金源の確保だけでなく、民間労働者の雇用促進の面からも近代的で合理的な政策であり、重要な事業だったのである。

このように江戸時代にはすでに近代的合理主義が生まれ、マネジメントのしくみが機能し、幕府がつくった制度が稼動してことがわかる。多方面から江戸時代には学ぶべきことがある。それらは決して役に立たない雑学ではなく、経済や政治が向かう普遍的な側面を教えてくれるであろう。温故知新は、意外なことに新しい発想やブレイクスルーにもつながることがある。本書がそういった発想の突破口になれば幸いである。