おすすめの「航海 記」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「航海 記」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「航海 記」

どくとるマンボウ航海記

水産庁の漁業調査船に船医として乗りこみ、5カ月間、世界を回遊した作者の興味あふれる航海記。航海生活、寄港したアジア、アフリカ、ヨーロッパ各地の生活と風景、成功談と失敗談などを、独特の軽妙なユーモアと卓抜な文明批評を織りこんで描く型破りの旅行記である。のびやかなスタイルと奔放な精神とで、笑いさざめく航跡のなかに、青春の純潔を浮彫りにしたさわやかな作品。

どくとるマンボウ航海記 (中公文庫)

たった六〇〇トンの調査船に乗りこんだ若き精神科医の珍無類の航海記。北杜夫の名を一躍高めたマンボウ・シリーズ第一作!

高丘親王航海記 (文春文庫)

天竺へと向かう旅の途中で、南海諸国を遍歴した高丘親王が見たのは、この世のものとは思えない怪奇と幻想に満ちた世界だった。色とりどりの羽と鳥の下半身を持つ女たち、犬の頭を持つ犬頭人の国、良い夢を食べるとうっとり酔うような香りの糞を出す獏、濃霧の海で出会ったひゃらひゃらと笑う船乗りの亡霊……。物語終盤でのどの激痛に苦しみ、自らの死を予感する高丘親王。著者は、この作品の執筆中に、下咽頭がんの闘病生活を送っていた。遺作となった読売文学賞受賞作。

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫)

靴屋のむすこのトミー少年は,大博物学者ロング・アローをさがしに,尊敬するドリトル先生と冒険の航海に出ることになって大はりきり.行先は海上をさまようクモサル島.島ではロング・アローを救い出し,ついに先生が王さまに選ばれ活躍しますが,やがてみんなは大カタツムリに乗ってなつかしい家に帰ります.シリーズ第2話.

軍艦金剛航海記

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。