おすすめの「花 音」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「花 音」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「花 音」

はじまりは政略結婚 2巻 (Berrys COMICS)

オレと結婚してくれるだろ?――テレビ局の御曹司・智紀と政略結婚することになった社長令嬢の由香。最初は断るつもりでいたものの、智紀の優しさや思いやりに触れるにつれて、由香はだんだんと彼に惹かれていく。一方の智紀も政略結婚の真相を告白。お互いへの想いを強くしていく2人だったが、智紀の元カノ・里奈がまさかの宣戦布告!?さらには由香の元カレでトラウマの根源でもある海里もLAから帰国。由香と智紀の前に姿を現して…。(この作品は電子コミック誌comic Berrys Vol.14・16・18・20・22に収録されています。重複購入にご注意ください)

comic Berrys はじまりは政略結婚(分冊版)10話 comic Berrys はじまりは政略結婚【分冊版】 (Berrys COMICS)

出版社の社長令嬢である由香は、純粋で天然なお嬢様。元カレに「付き合っても得することはなにもなかった」と言われたのがトラウマで、恋には臆病に。しかしある日、強引に連れていかれたパーティーで、兄の親友でありテレビ局の御曹司・智紀から「オレと結婚してください」と突然プロポーズされる。しかもこれはどうやら政略結婚のようで。断ろうとする由香をよそに、そのまま智紀と同居することになって…!?(この作品は電子コミック誌comic Berrys Vol.22に収録されています。重複購入にご注意ください)

花音(1) (フラワーコミックス)

テレビ番組のテーマ曲を創ることになった新進作曲家・天童は、曲作りのインスピレーションを得るためモンゴルに渡る。彼は町外れの地で小さなホテルを営む日本人の母娘に出会う。娘の名は林花音(かのん)。生まれながらに音楽の才能に恵まれ、バイオリンを天才的に弾きこなす美少女だ。彼女は父親を知らず、母親がモンゴルに来る前にすでにお腹に宿っていて、この国で生まれ育ったのだった。花音はしだいに天童と親しくなるが、そんな折、母が事故で死亡。死ぬ間際、花音の父親は実は生きており、音楽家だとだけ言い遺す。花音は日本で一流のバイオリニストになれば父親に会えると信じて、天童とともに日本に行く決意を!!

花音(6) (フラワーコミックス)

やっとめぐり会えた父、指揮者のケント・グレゴリーが死去。花音(かのん)は葬儀のため、三神(みかみ)とともに米国へ。式を終え、グレゴリー邸に戻った花音と三神は、そこで互いの気持ちを確かめ合い、ついに結ばれた。ふたりは幸せをかみしめながら、帰途につく。その頃日本では、音楽学校の講師・天童が偶然、グレゴリーの遺書を発見。そこには、花音の父親についての驚くべき真実が書かれてあった。花音の本当の父は、ケント・グレゴリーではなく、なんと三神だったのだ!三神はその事実に気づき、花音の前から姿を消す。花音も天童から真実を告げられる。あまりのショックに花音は生きる力さえなくしてしまうが!?

花音(4) (フラワーコミックス)

花音(かのん)は、父かもしれない梶原幸生が審査委員長を務めるピアノコンクールに参加。ピアノでも実力を発揮し予選をパス。本選でも梶原に推されて、特別賞を授賞する。そして梶原に、三神(みかみ)とともに秘密のパーティー招かれる。もしや本当に父?と期待する花音。だが梶原は実はホモセクシャルで、花音の父では有り得なかった。梶原の狙いは三神で、パーティーへの招待は、彼を自分のものにしようとする罠だった。ふたりは全身をマヒさせる強い酒を飲まされ、捕えられる。三神に迫る梶原の淫らな手…。しかし、花音はモンゴル育ちで酒に強い。酒が回る前に、酔ったフリをして難を逃れた花音は、三神を救いに走る…。