おすすめの「蛇 女」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「蛇 女」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「蛇 女」

俺が聖女たちを奴隷にしながら魔王を目指す話(オルギスノベル)

舞台は、「精気(マナ)」と呼ばれる力に満ち、神族、人間、精霊、魔族が生きる異世界。その世界では、強き者こそが世界を支配するべきだとする魔族と、他の種族とで敵対し争いを続けていた。『弱き者に生きる価値はない』、そんな方針の魔族に弱者として育った一人の男リューシュが、ついに魔界から人界に追放されることになった。これは、彼が竜の少女との出会いをきっかけに、聖女たちを調教して快楽の奴隷にしながら魔王を目指す物語である。

水のソーテール8: 蛇女エデムとナイフ頭のタウィスカロン (うるたやBOOKS)

この作品は漫画家東寺 真生(とうじ まさみ)が、原作者明鹿 人丸(あかし ひとまる)の作品を構成し、漫画化したものです。東寺と明鹿は90年代初頭に潮出版社及び講談社の雑誌からデビューした作家です。

「水のソーテール」シリーズは原作の完成から16年を経て完結しました。
本作は叙事詩風の練り込まれた作品であり、古代世界の神話とシンボルに直感と洞察の光を通して、いくつもの仕掛けが組み入れられています。
物語そのものの時間感覚、モチーフの使われ方、神格と霊の交錯する儀礼と祝福の旅を「そのひと」と共にすることで、最も古く高貴な智慧への入口に立つことが出来るでしょう。
                                       明鹿 人丸

 「原初の母が黄泉返る」
     
……第八話「蛇女エデムとナイフ頭のタウィスカロン」

百鬼夜行 陽 雨女 蛇帯 目競【電子百鬼夜行】

心中に棲む怪しきもの――。人はそれに恐れ惑う。存在しないきょうだいを探し。人でいることを放棄し。開けてはならぬ箱を開け。墓に灯る火を見つけ。物語は『鵺の碑』へと繋がっていく……。京極堂サイドストーリー第2弾。「雨女」「蛇帯」「目競」の3篇を収録。

水の蛇 (ビームコミックス)

ひさしぶりに帰郷した梨絵は10年前の夏休み、大人びた同い年のいとこ・加奈子との間に起こった不思議な出来事を思い出す……。女性の中の“魔性”を描く表題作ほか、全8編を収録した傑作短編集、29年ぶりの新装版!

白狐のお藤 下巻 女侠客シリーズ

団鬼六の魔筆が走る!
凌辱地獄を生き抜くには倒錯した性しかない。

任侠制する博徒の世界、非道な奴らの前に立ちふさがtる美貌の女侠客・白狐のお藤。義理に生きる鉄火美人を待ち受ける被虐の罠!

藤子はチンピラたちに二つの責め具を使われて、再び激しく身をよじり、甘美な啼泣を洩らし始めた。
「ああ、もうどうにでもしてっ」 藤子は身内にズキズキ沈み込むような苦痛と快感に異様なうめき声を発し、この一瞬に狂おしい屈辱感と敗北感を押し流し、忘れ去ろうとするかのよう、のたうち廻った。(本文より)